2014年12月31日水曜日

2014年を振り返る~読んだ漫画ベスト二十選

マンガ編二十選。これにて決まりです。コメントはあったりなかったり。

田中雄一作品集 まちあわせ (KCデラックス アフタヌーン)田中雄一作品集 まちあわせ (KCデラックス アフタヌーン)
(2014/06/23)
田中 雄一

商品詳細を見る


今年いちばんのインパクト。グロテスクでどこかユーモラスな造型の異生物と人類の関わりを描く骨太のSF短篇漫画集。《似我虫》の侵略に人類が相対する「害虫駆除局」、異なる進化を遂げた《異人類》との共存を描く「プリマーテス」、種の異なる彼女との長きに渡る恋愛を描いた表題作、選ばれた人間に継承される《巨獣》たちが戦いを繰り広げる「箱庭の巨獣」の全四篇。テイストの違いはあれど、いずれも「滅び」の二文字とは無縁ではなく、ズシリと重い。諦念にも似た思いが入り混じる主要キャラ二人の変容も交えた「害虫駆除局」は終末ものの傑作でしょう。


ミミクリミミクリ
(2014/09/18)
ai7n

商品詳細を見る


食物を口にするたびに、少女たちの集合体が引きちぎられすり潰され凄惨な死に様を晒すポップでゴアでエロでリョナでグルメで百合な漫画。例えるならアイドルグループがグラインドコアをやってるような印象。不条理アイデア一発勝負系かと思ったら、最後でSF的なオチもつく。会田誠的なセンスという指摘で漫画の展開よろしく「腑に落ちた」んだけど、個人的には『沙耶の唄』が浮かんだ。あっちは目にするものがみんな臓物に見えたわけだけど、こっちは食物がみんな美少女に見えるというわけ。臓物と殺戮の匂いが漂うかわいさ。「kawaii」という言葉にアナタが臓物と殺戮の匂いも感じとるのであれば、とてもおいしくいただけることでしょう。ai7n氏のインタビューも面白かったデス。“20代前半からハードコア、ノイズ、スカムのバンドもやっていたんですが、ステージで暴れたり、いかつい人達によるいかつい事件が起こったり、ジョンゾーンとかのジャケットに影響を受けたり、エログロ趣味が加速していったのはバンドでの体験や音楽からの影響もあると思います。”

「10代の少年少女がエログロに目覚めてくれたら」 話題作『ミミクリ』を上梓した新星マンガ家・ai7nインタビュー
http://otapol.jp/2014/10/post-1805.html


ローン・スローン (ShoPro Books)ローン・スローン (ShoPro Books)
(2014/04/23)
フィリップ・ドリュイエ

商品詳細を見る

フランスの鬼才バンドデシネ作家の作品の邦訳が今年まさかの刊行ですよ。フィリップ・ドリュイエという名前になじみはなくとも、リシャール・ピナスやART ZOYDのアルバムジャケットで彼のイラストを見たことがある人もいるんじゃないかな。まさにスペース・アポカリプス。脳味噌の処理が追いつかなくなるほどに、この人の描き込みと色彩感覚はどうかしている。圧倒的なんて言葉で言い尽くせないくらい圧倒的なエネルギーがぶちまけられている。そりゃあ、宇宙地獄絵図(スペース・アポカリプス)と形容しちゃいたくもなりますわ。


ヒットマン2ヒットマン2
(2014/02/28)
ガース・エニス

商品詳細を見る


名のあるヒーローやヴィランすらも翻弄し、そして時には共闘し、己のしたたかさで出し抜き生き抜くトミー・モナハンの生き様を描く人間臭いボンクラハードボイルドの傑作。犬溶接マンの惹句にうっかり釣られても十二分にお釣りが来る(かくいうわたくしも犬溶接マンに釣られたクチ)。ひとクセもふたクセもみクセもある「セクション8」の面々の雄姿は2巻でたっぷり見られるので、1巻で切るのはやめましょう。そして来たる3巻に備えましょう。


美千代~Femme Fatale~ (リュウコミックス)美千代~Femme Fatale~ (リュウコミックス)
(2014/11/13)
森二きゑ

商品詳細を見る


振り回されるなかで育まれる絶妙な関係の友情物語というか、倒錯したフェティッシュな百合物語というか、とにかくすごくよかった。昭和レトロチックでロリィな絵柄で描かれるしぐさや表情の機微がことごとくエロいので、たびたび揺さぶられるものがありました。「私が翻弄されたい美少女とは如何様なものかと思った結果」生まれたというヒロインの美千代は谷崎潤一郎の『痴人の愛』からの流れを汲んでいるというのもツボ。これでデビュー作とは恐れ入ってしまった次第。



アマリリス (ヤングジャンプコミックス)アマリリス (ヤングジャンプコミックス)
(2014/12/19)
福島 鉄平

商品詳細を見る


年の瀬最大級の衝撃。「へんたいのおじさんに売られた少年」というどう転んでも薄い本なのではっ!? というあらすじで、ここまで切ない少年同士の友情話が描けてしまうのかと。これが「尊い」ということかと。表題作以外の短編もことごとく琴線にクリティカル・ヒットしてしまい、まさに珠玉。言葉がないですよ。すっかり参ってしまった。同時発売された『スイミング』もたいへん素晴らしい内容です。…つくづく思ったのだけど、自分は奥ゆかしい感じでフェティシズムが描かれると弱いのかしらん。


GIRL? NEXT DOOR (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)GIRL? NEXT DOOR (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2014/09/30)
A-10

商品詳細を見る


足の裏、匂い立つスメルフェチ、情念ほとばしる緻密な陰毛描写の素晴らしさに法悦、神は細部に宿るということを改めて認識させられた! カリに「このエロマンガの陰毛がすごい!2014」ってのがあったら間違いなく一位に推挙したいなあと思うのでした。理由はいらないので一刻も早く買って読んでさっさとシコれと言いたくなるくらいの傑作ですね。



エリア51 8 (BUNCH COMICS)エリア51 8 (BUNCH COMICS)
(2014/06/09)
久 正人

商品詳細を見る


スーパー幻想怪奇伝奇小説ファンタスティックハードボイルドガンアクションな『エリア51』には今年になってドハマりしたわけですが、総力戦の決着を見た8巻の内容は特にエキサイトいたしました。『ノブナガン』はもちろんのこと、年初に復刊リリースされた『グレイトフルデッド』『ジャバウォッキー』も含めて、今年は久正人氏の作品をやたら買ったり読んだりしており、個人的にフィーバーしておりました(勢いあまってお父上のヒサクニヒコ氏の著作にまで手を出し、そちらにも夢中になったというありさまです)。来年早々には短編作品集も刊行されるとのことなので、これまたとても楽しみな限り。



未知庵の1 三時のお水 (Nemuki+コミックス 未知庵の 1)未知庵の1 三時のお水 (Nemuki+コミックス 未知庵の 1)
(2014/10/07)
未知庵

商品詳細を見る


ホラータッチの画風で斜め上の展開と妙なギャグがヒュンヒュン飛んで来る。マジでこれはいったいどういう顔をして読めばいいのか。これを異形と呼ばずしてなんと呼べばいいのか。唖然、そして病み付きです。



ソラミちゃんの唄 (2) (まんがタイムKRコミックス)ソラミちゃんの唄 (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2014/07/26)
ノッツ

商品詳細を見る


ずっと続くかと思われた幸せな時間からそれぞれが一歩を踏み出した第二巻。宅録少女と愉快な仲間たちが織り成すゆる~い日常系4コマとして展開しつつ、音楽とは、表現とは何かということも含みこませた一巻は不覚にも心を揺さぶられた傑作でしたが、キャラクター全員に訪れる環境の変化と、直面する現実、そしてそれぞれの新たな出発をちゃんとストーリーとして描き切り、爽やかに円満な終わりを迎えた本巻も素晴らしい内容でありました。終わってしまうのは悲しいのだけれども、それと同じくらいに晴れやかさもひとしおです。本当に心に残る一作。



うねちゃこ! ときめき家庭科部 (ヤングジャンプコミックス)うねちゃこ! ときめき家庭科部 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/08/20)
うさくん

商品詳細を見る


基本的に変人しかいない激ゆる中学家庭部四コマ。自分の作った雑巾で男子のゲロが拭き取られることを夢想し、己の雑巾が男子の心に刻み込まれることを願いながら校内シェア100パーセントを越える大量の雑巾を縫製し続ける山盛フキちゃんが実によいキャラクターしてます。



ゆめにっき (バンブーコミックス)ゆめにっき (バンブーコミックス)
(2014/05/22)
富沢ひとし、マチゲリータ 他

商品詳細を見る


奇才と奇才のこのコラボレーション、一体どうなるのかと思いましたが、フタを開けてみれば予想以上に絶妙な噛み合いを見せててたまらないものがありました。原作の不条理感にも、可愛らしさと不気味さの双方を成立させる氏の作風にも合わせたストーリーの展開もまた良かった。富沢ファンも読んで損はないと思う。あと、セコムマサダ先生がああいう役回りになっているのはなかなか味わい深いですね。



ないしょよぉ (SANWA COMICS No.)ないしょよぉ (SANWA COMICS No.)
(2014/04/30)
掘骨 砕三

商品詳細を見る


すげー良かった。色んな意味でごちそうさまでしたという気持ちになる。今年書かれたものから、古いものだと2000年ごろの作品まで、ここ十数年間の作品をぱらぱらと収録。もちろん描きおろしもある。ちなみに触手などが生えてたりするものも含めて、レズものが多めです。マイウェイコミックスから出た『かわいいボク』と一緒にどうぞ。



幻想ギネコクラシー 1幻想ギネコクラシー 1
(2014/03/26)
沙村 広明

商品詳細を見る


アレな方向の沙村センセイが遺憾なく発揮されまくったくだらなショートショート集。しょうもないのに瞬間最大風速的ネタの惜しみのなさに圧倒されまくり。ズルいですよ!



ルート3 2巻 (ガムコミックスプラス)ルート3 2巻 (ガムコミックスプラス)
(2014/10/25)
みなぎ 得一

商品詳細を見る


プロメテア 1 (ShoPro Books)プロメテア 1 (ShoPro Books)
(2014/05/28)
アラン・ムーア

商品詳細を見る


キヌ六(2)<完> (アフタヌーンKC)キヌ六(2)<完> (アフタヌーンKC)
(2014/07/23)
野村 亮馬

商品詳細を見る


EAT-MAN THE MAIN DISH(1) (シリウスKC)EAT-MAN THE MAIN DISH(1) (シリウスKC)
(2014/10/09)
吉富 昭仁

商品詳細を見る


レストー夫人 (ヤングジャンプコミックス)レストー夫人 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/05/19)
三島 芳治

商品詳細を見る


戦国の長縞GB軍 1 (SPコミックス)戦国の長縞GB軍 1 (SPコミックス)
(2014/03/27)
日高 建男、志茂田 景樹 他

商品詳細を見る


0 件のコメント:

コメントを投稿