2015年3月20日金曜日

プログレッシヴ・フュージョンの傑作、30年目の初CD化 ― 深町純『エイリアン魔獣境 菊地秀行冒険行』(1985/2015)

エイリアン魔獣境 (1) (ソノラマ文庫 (261))エイリアン魔獣境 (1) (ソノラマ文庫 (261))
(1983/11)
菊地 秀行

商品詳細を見る


菊地秀行原作の伝奇アクション〈トレジャー・ハンター 八頭大(やがしら・だい〉シリーズ。'83年に第一作目『エイリアン秘宝街』がソノラマ文庫から刊行されて三十年以上経った現在もシリーズは継続中であり、つい先月にも最新作『エイリアン兇像譚』が刊行されたばかり。そして、つい先日、知る人とぞ知る企画アルバムが約三十年の時を経て初CD化による再発を果たしました。本作は'85年に日本コロムビアよりLPでリリースされた『エイリアン魔獣境』のイメージアルバム。正確には、シリーズ第二作目『エイリアン魔獣境(1・2)』(1983年11月/12月刊行)と、第六作目『エイリアン魔界航路』(1984年12月刊行)のイメージアルバムです。作曲・編曲を手がけたのは、孤高の天才キーボーディスト/コンポーザーの深町純氏。この時期の深町氏はイメージアルバムものを立て続けに手がけられており、前年には、吉野朔実さんの漫画「月下の一群」のイメージアルバム(和田アキラ氏が一曲にギター演奏で参加)や、日本コロムビアが80年代に展開していたアニメ/特撮音楽のシンセサイザー・アレンジ企画〈DIGITAL TRIP〉の一環としてリリースされた「うる星やつら」のアレンジアルバム(編曲・演奏を担当)、また、KEEPのメンバーと共に録音した、SF映像作品「STARVIEW HCT-5808」のサウンドトラックをリリースしています。

エイリアン魔獣境エイリアン魔獣境
(2015/03/18)
深町純

商品詳細を見る


 そして本作もまた、全面的にKEEPによる演奏でレコーディングされております。KEEPは、深町氏(kbd)を筆頭に、PRISMの和田アキラ氏(g)、トランザムの富倉安生氏(b)、SHOGUNや渡辺香津美バンドに名を連ねていた山木秀夫氏(ds)の四名の無敵のラインナップによるフュージョン/プログレッシヴ・ロック・バンド。'81年に1stアルバム『DG-851』を、'82年に2ndアルバム『Rock'n Rocked Rock』をリリース。前者ではヴォーカル曲も交えてのメロディアスなフュージョンを、後者ではよりハードな演奏と複雑な楽曲構築を強めたプログレッシヴなサウンドをそれぞれ展開しておりました(ともに傑作です)。『エイリアン魔獣境』はKEEP名義ではないものの、実質的にはKEEPの3rdアルバムととらえても何ら遜色のないものであり、1st、2ndのテイストを踏襲しながら、原作小説のイメージも投影させた多彩な色合いのある内容に仕上がっております。

 前半四曲は『エイリアン魔獣境』に基づいており、冒頭の"REQUIEM"は、本編に登場する天才ピアニスト クリストファー・サイラスの奏でる鎮魂曲をイメージしたアコースティック・ピアノのソロで幕開けする一曲。深町氏の情感あふれるタッチから、ギターのロングトーンが奏でる雄大な中間部を経て、ハードなフュージョン・パートへと流れてゆきます。シャレた味わいのファンキーなフュージョン"TREASURE HUNTER"、や、ハートウォーミングな小品"TWILIGHT ZONE"を挟みつつ、まさに密林・魔境といった感を演出するギターのうねりとリズム隊の野趣あふれるビートの上をシンセサイザーが渦巻く"THE DINOSAUR AGE"も聴きもの。後半四曲は『エイリアン魔界航路』をイメージしたもの。映画のスコアに通じるシンフォニックなテイストの"NEPTUNE"や、同作に登場する野生的ヒロイン リマをイメージした"LIMA"のようなシンセサイザー・バラード、そしてプログレに舵を切った楽曲が並びます。"THE LEGEND OF THE ARK" "WANDERING IN THE WORLD OF SPIRITS"は、ともに起伏に富んだスリリングな展開のプログレチューン(ちょっとキース・エマーソン風味)。全体的にコンパクトな構成ながら、楽曲としても、また、イメージアルバムとしても申し分のない素晴らしいアルバムであり、数十年の時が経った今でもやはり名作なのであります。

 本当に嬉しい再発でありました。できることなら、こういう復刻企画をもっとやっていただきたいなと願うところです。深町氏の手がけられた作品に限らず、このころにリリースされたイメージアルバム作品は秀逸な内容でありながら未だにCD化されていないものがとても多く、非常に惜しまれるところです。'85年というと、栗本薫さんの伝奇小説『魔境遊撃隊』のイメージアルバム(全曲を久石譲氏が担当)や、和田慎二氏のファンタジー漫画「ピグマリオ」のイメージアルバム(編曲を井上誠氏、演奏をヒカシューが担当)も出ていました。このまま過去の遺産としてしまうにはもったいないですよ、本当に。


---------------------------------------------
『エイリアン魔獣境』

原作/菊地秀行(ソノラマ文庫)
ジャケット作画/天野喜孝
作曲・演奏/深町純


〔エイリアン魔獣境〕より
01. REQUIEM
02. TREASURE HUNTER
03. THE DINOSAUR AGE
04. TWILIGHT ZONE

〔エイリアン魔界航路〕より
05. NEPTUNE
06. THE LEGEND OF THE ARK
07. LIMA
08. WANDERING IN THE WORLD OF SPIRITS

LP [Columbia/1984/CX-7242]
HQ-CD [Columbia/2015.3.18/COCX-39064]

深町純(keyboard)
和田アキラ(guitar)
富倉安生(bass)
山木秀夫(drums)


---------------------------------------------

FUKAMACHI ism [深町純 Official Site]

0 件のコメント:

コメントを投稿