2017年10月11日水曜日

梶浦由記『プリンセス・プリンシパル』オリジナルサウンドトラック「Sound of Foggy London」(2017)

プリンセス・プリンシパル I (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2017-09-27)
売り上げランキング: 62



「嘘つきはスパイの始まり。」
http://www.pripri-anime.jp/


 2017年7月~9月にかけて放送されたアニメ「プリンセス・プリンシパル」(橘正紀=監督/大河内一楼、檜垣亮(第11話、12話)=脚本)は、「壁」で東西に分かれた架空のロンドンを舞台に、スチームパンク・ガジェット「Cボール」「ケイバーライト」をフィーチャーし、007やルパン三世的エッセンスを散りばめた女子高生スパイアクション。また、監督インタビューによると、設定考証の白土晴一氏から映画「裏切りのサーカス」(原作はジョン・ル・カレによるスパイ小説の金字塔『ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ』)を薦められたとのこと。そのあたりは、「コントロール」「もぐら」などの設定や、メインキャラクターであるアンジェが名乗る偽名が「アンジェ・ル・カレ」であるといった小ネタに活かされています。
【世界設定】http://www.pripri-anime.jp/world.php





 各エピソード(「case」)は必ずしも時系列順ではないという構成も「二度おいしい」趣向であり、特に、両陣営の駆け引きの緊張感に満ちた第2話「case1 Dancy Conspiracy」と、〈クロトカゲ星の王女とスリの話〉を通してアンジェとプリンセスの二人の関係の真相に迫る第8話「case20 Ripper Dipper」は一度目と二度目で見え方が違ってきます。「嘘をつく生き物」であるスパイの非情を描く第1話「case13 Wired Liar」、第10話「case22 Comfort Comrade」、高密度の殺陣で魅せる第5話「case7 Bullet & Blade's Ballad」なども推したい。含みのある会話劇を交えた各エピソードのクオリティも総じて高く、五人のキャラクターそれぞれのカラー、そして敵側のしたたかさも素晴らしいので、彼女たちの活躍を1クールで終わらせるにはもったいない。ぜひとも第二期も観たいという気持ちになる良作でした。



TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』オリジナルサウンドトラック
梶浦由記 アンジェ(今村彩夏) プリンセス(関根明良) ドロシー(大地葉) ベアトリス(影山灯) ちせ(古木のぞみ)
ランティス (2017-09-27)
売り上げランキング: 124



 主題歌・キャラクターソング周りは、『レガリア The Three Sacred Stars』『ACCA13区監察課』など、気品あふれるスタイリッシュなサウンドを得意とする高橋諒氏。本編のサウンドトラックは梶浦由記さんが手がけ、気鋭とベテランの手腕が発揮されたものになっています。梶浦さんのアクションものというと、「ノワール/NOIR」(2001年)、「MADLAX」(2004年)、「エル・カザド」(2007年)といった、真下耕一監督による一連の〈美少女ガンアクション三部作〉での劇伴仕事が挙げられますが、「軽すぎず、しかし重すぎず」な躍動感とともに、これまでになくジャズ風のフレーバーが織り込まれたのが本作。細やかに走り回るジャジーなアンサンブルの上に、Remiさんの壮麗なコーラスが舞う「shadows and fog」は間違いなく本作の方向性を雄弁に物語る曲のひとつだと思いますし、「battle of the shadows」は「NOIR」の名スコア"Salva nos"を彷彿とさせるものがありました。


 艶やかなピアノと妖しく躍動するヴィブラフォンが印象的な「espionage trap」や、赤木りえさんのフルートが冴えわたる「operations in action」は、どこか大野雄二/ルパン三世カラーの強めなスコア。他方、「walking in the fog」「the London Wall」や、ノルマンディー公のテーマ「a noble man」など、弦楽の響きで表現された「匂い立つ」ようなスコアの数々。まさに“疑惑”“不穏”な印象を感じさせる「tailing in darkness」「room with no window」や、抑制されつつも、どこか情感のにじむ「under suspicion」「hopeless」「give your hands to me」などのスコアの存在感も光ります。音楽が語りすぎるとミスリードになってしまう可能性や、敢えてミスリードさせるために使われることも見越したうえで、シーンごとの選曲を音響監督の手腕にお任せしている、とライナーノーツで梶浦さんが述べていたところもなるほどと思わされました。アニメ本編における岩浪美和氏の音響も素晴らしい仕事をされており、注目のポイントです。


 また、6話挿入歌であるドロシー&ベアト(CV:大地葉&影山灯)のデュオ曲「moonlight melody」と、7話挿入歌であるちせ(CV:古木のぞみ)のソロ曲「もひとつまわして」のフルヴァージョンも素晴らしいの一言。作詞も梶浦さんの手によるものであり、「この作品世界の中で『名曲として知られている流行歌で、流れてきたら誰でも歌えちゃうスタンダードナンバー』」(ライナーノーツより)というシンプルながら難度の高いオーダーで「moonlight melody」を仕上げてしまうあたり、まったく恐れ入ります。貝田由里子さんの多重コーラスも極上です。


 レコーディングメンバーはほとんどが梶浦作品の常連ですが、高水健司氏(bass)、山木秀夫氏(drums)の名前は久々に見ました。高水氏は『新きまぐれオレンジ★ロード~そして、あの夏のはじまり~』(1996/挿入歌「Love is Power」の作曲を梶浦さんが担当)、山木氏は『ブギーポップ 君に伝えたいこと』(2000)以来ではないかと思います。また、ピアニストの松田真人氏のブログ(2017年5月2日付)に、プリンセス・プリンシパルの劇伴レコーディングのことが書かれているのですが、高水氏、山木氏とはかなり久々の共演だったそうな。山木氏と松田氏のご両人が参加されたレコーディングは、2002年のSee-Sawの「千夜一夜」(OVA『.hack//Liminality』第二話主題歌、アルバム『Dream Field』(2003)収録)のことでしょうね。


仕事(スタジオの録音)
(from 松田真人 “ MASATO MATSUDA " OFFICIAL BLOG【2017.05.02】)



予測不能の<嘘つきエンターテインメント>、Blu-ray&DVD第1巻発売!『プリンセス・プリンシパル』大河内一楼インタビュー
(from V-STORAGE)


美少女なのにハードボイルド! 『プリンセス・プリンシパル』音響監督・岩浪美和が語る、“集中力を強いるアニメ”と音作りの裏側
(from エンタメステーション)


橘正紀監督、梶浦由記さん、湯川淳CPに聞くTVアニメ『プリンセス・プリンシパル』誕生秘話
(from 電撃オンライン)


『プリンセス・プリンシパル』の目標は“何度でも見られる作品”。橘正紀監督、梶浦由記さん、湯川淳CPインタビュー後編
(from 電撃オンライン)


橘正紀監督、梶浦由記さん、湯川淳CPに聞くTVアニメ『プリンセス・プリンシパル』誕生秘話
(from 電撃オンライン)


高橋諒(Void_Chords)×梶浦由記「プリンセス・プリンシパル」対談
(from 音楽ナタリー)


---------------------------------------------

TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』オリジナルサウンドトラック
「Sound of Foggy London」

[2017.09.27|Lantis|LACA-9540~1]


作編曲:梶浦由記

《Musicians》
今野均Strings、城戸喜代Strings(strings)
城戸喜代(violin)
渡部安見子(viola)
堀沢真己、笠原あやの(cello)
赤木りえ(flute)
松田真人(piano)
是永巧一(electric guitar)
田代耕一郎(acoustic guitar)
山木秀夫、佐藤強一(drums)
高水健司、高橋“jr.”知治(bass)
黒葛野敦司(sax)
浜田均(vibraphone)
Remi(vocal)
貝田由里子(chorus)


【DISC 1】

01.shadows and fog
02.tailing in darkness
03.scars of the past
04.go and get it!
05.on a day so calm
06.espionage trap
07.under suspicion
08.bitter times
09.tensions are rising
10.a royal girl
11.walking in the fog
12.battle of the shadows
13.orchestrion
14.A Page of My Story(Piano ver.)
15.room with no window
16.everyone has something to hide
17.titteringly
18.school girl life
19.the creeping fate
20.something is out there
21.have to get over
22.the London Wall
23.moonlight melody(Piano ver.)



【DISC 2】

01.a fighter-girl from east
02.tiny flower garden
03.a noble man
04.why should we be apart?
05.tragedy and silence
06.in the fog
07.operations in action
08.hopeless
09.give your hands to me
10.acting behind the scenes
11.moonlight melody in blue
12.a girl from the east
13.uncanny
14.shall we dance?
15.A Page of My Story(four-handed ver.)
16.her true story

17.もひとつまわして
(作詞・作編曲:梶浦由記/歌:ちせ(cv.古木のぞみ))

18.moonlight melody
(作詞・作編曲:梶浦由記/歌:ドロシー(cv.大地葉)、ベアトリス(cv.影山灯))

19.The Other Side of the Wall(TV Size)
(作詞:Konnie Aoki/作編曲:高橋諒/歌:Void_Chords feat.MARU)

20.A Page of My Story(TV Size)
(作詞:Konnie Aoki/作編曲:高橋諒/歌:アンジェ(cv.今村彩夏)、プリンセス(cv.関根明良)、ドロシー(cv.大地葉)、ベアトリス(cv.影山灯)、ちせ(cv.古木のぞみ))

---------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿