2016年12月15日木曜日

色あせぬ、いなたさと渾沌のスコア ― 石井妥師『Hellsing オリジナルサウンドトラック 糾襲/吠虚』(2001/2002)



http://www.nbcuni.co.jp/rondorobe/anime/drifters/staffcast/index.html


 現在放送中のアニメ版「ドリフターズ」の劇伴に石井妥師氏も関わられていると少し前に知りました(OVA版「HELLSING」のコンポーザーである松尾早人氏との共同)。サウンドトラックCDは12月30日リリースの特装限定生産版Blu-ray BOXの特典として収録。ボーナストラック(OVA版「HELLSING」第10巻の特典PV収録曲"Feel-it")をふくむ全22曲で、劇中ではインストだった曲がヴォーカル入りアレンジになっているとのこと。相変わらずの石井節が炸裂した楽曲名の数々にも思わずニンマリです。

DRIFTERS SOUNDTRACK CD
(from バカデラ住職 不不立文字 [石井氏公式ブログ])


DRIFTERS Blu-ray BOX(特装限定生産)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-12-30)
売り上げランキング: 144


 石井氏のアニメ劇伴は2009年、2010年の「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」」「DARKER THAN BLACK 黒の契約者外伝」以来となります。その前には、2001年のTVシリーズ版「Hellsing」の劇伴があり……ということで、今回は石井氏のアニメ劇伴の代表作ともいえる同作のサウンドトラックをご紹介したいと思います。





 ……と、その前に、石井氏のキャリアについてざっと振り返ってみたいと思います。1991年にEPICソニー主催のオーディションで合格したことをきっかけとして作曲家/ミュージシャン活動に入った石井氏は、渡辺美里やLAZY KNACK、Crystal Kayなどアーティストへの楽曲提供/プロデュースや、企業CMやイメージソングの制作などを数多く手がけられております。他方で、TM NETWORKの宇都宮隆氏のアルバムやツアーへの参加や、プロジェクトでの共同作業も多く、T.UTU名義でリリースされた宇都宮氏の1994年の2ndソロアルバム『Water Dance』の収録曲のほとんどは宇都宮氏と石井氏の共同作曲によるものです。その後、宇都宮氏と石井氏はロックユニット「BOYO-BOZO」を結成。1995年に二枚のシングルと一枚のミニアルバム、一本のライヴビデオをリリースしています。2001年に宇都宮氏の6thソロアルバム『LOVE-iCE』に作曲陣として石井氏は再び参加(タイトル曲と"空白"の二曲を提供)。2005年には宇都宮氏のセルフプロデュースによるプロジェクト「U_WAVE」に、ベーシストとして、土橋安騎夫、野村義男、日永沙絵子、小林香織、森雪之丞とともに参加。2009年まで在籍していました。


 石井氏の初のアニメ劇伴担当作は、1999年に「南烏山六丁目プロダクション」(一時期 黒夢のサポートメンバーであった中村英俊氏とのユニット)名義で手がけた「おるちゅばんエビちゅ」。三石琴乃さんが歌ったOP曲"なんだかな"、石井氏自ら歌ったED曲"くもくもがけにこんまたけやふ"は、どちらもブリティッシュ・ポップ テイストのコーラスアレンジの効いた軽快な楽曲に仕上がっていました。そして、次に手がけられたのが、TVシリーズ版「Hellsing」です。GONZO/Digimation(当時)の企画・制作のもと、2001年10月に放送された本作。途中からのアニメオリジナル展開は、当時原作コミックが連載中だったので仕方がないのですが、それ以上に設定の大幅な改変がたたってしまい、グダグダな内容になってしまいました。原作を重視し、かつ時間をかけて高いクオリティで映像化したOVA版「HELLSING」が完結してしまった今となっては完全に過去の遺物になってしまったこの「Hellsing」ですが、ファズギターやオルガンサウンドをたっぷりフィーチャーしたヴィンテージな趣とケレンにあふれる石井氏の劇伴は今でも全力で推したい。曲名がどれもこれもイカして/イカれているのも魅力なのです。





 オープニングテーマ"ロゴスなきワールド"以外にも、石井氏のヴォーカル/コーラス曲があちこちに収められており、醒めたヒップホップトラック"シークレット カルマ セレナーデ"や、たっぷりファズらせたサウンドに気ダルげなヴォーカルが心地良くマッチする"戦争するなら弓、槍、剣で戦え!" "罪作りな憎いヤツ"、場末のムードあふれるいなたいオルガン・ロック"SOUL救命隊" "原色ジバクラヴソング"などなど……ちなみに、"P.S.南無阿弥陀仏"  "戦争するなら弓、槍、剣で戦え!"の二曲はOVA第八巻のエンディングテーマとしても流れました。





 インストでは、70年代ニューロックにも通じるラフなドライヴ感でベースやキーボードをブリブリガンガンといわせた"莫迦越えのニルバーナ" "ドラキュラ聖徒とR&R"。ブルーズ"嗚呼、青春のエロ魔界"。カントリーロック"楽音遊戯 拈華微笑"。ノイズ/アンビエント"カオスの海 ~創造主の思惑~"。ダウナーに振れ切った感のあるサイケデリック&ファンクチューン"真理響"。妖しくゆらめく声明(しょうみょう)やコーラスをバックにした"神々への供養 ~勝手にやらせてもらいます~" "P.S.南無阿弥陀仏"、トライバルなサンプリングを交えてトランシーな"原点回帰 Rythm Nation"などなど、もはや宗教観も民族感も渾沌としていくさまも愉快。"大聖堂の菩薩"はクラシックギタリストの田部井辰雄氏をフィーチャーしたギター&ヴォーカル小品。また、"漠源ドラムの嘆き"の作曲と演奏を手がける田部井泰和氏は辰雄氏の次男です。こちらは打って変わって陽気なハードロックチューン。シンプルに染みるピアノソロ"生(盛)者への鎮魂曲" "ねつ造されたBack Ground"も素晴らしい。




 ところで、石井氏は2007年から現在に至るまで自身のブログでオリジナル曲を毎月数曲のペースで発表している(すべて無料でダウンロードできます)のですが、その中には「Hellsing」サントラ曲のリメイクがいくつかあったりもします。"正法コスミックバイブレーション" "ソレヲヤッタラオシメェヨ"(2009年5月公開)はそれぞれ"ロゴスなきワールド" "戦争するなら弓、槍、剣で戦え!"の別歌詞版。"THE 妙法蓮華曲"(2010年1月公開)は"必勝 妙法蓮華曲"のイントロ拡張版。"溜息の街角"(2010年11月公開)は、"桔梗薫るイロハ道"のヴォーカル入り版……といったぐあい。


正法コスミックバイブレーション

ソレヲヤッタラオシメェヨ

THE 妙法蓮華曲

溜息の街角

http://yasushi-ishii.com/




-------------------------------------------
Hellsing ― オリジナル・サウンドトラック RAID 糾襲
TVサントラ 石井妥師 MR.BIG
パイオニアLDC (2001-11-22)
売り上げランキング: 192,686


『Hellsing Original Sound Track RAID 糾襲』
[PICA-1242|2001.11.22|パイオニアLDC]

01. ロゴスなきワールド   
02. 莫迦越えのニルバーナ ~恨み厳禁~
03. 楽音遊戯 拈華微笑
04. 必勝 妙法蓮華曲
05. 神々への供養 ~勝手にやらせてもらいます~
06. 官能的誘惑の罠にはまった左足
07. ドラキュラ聖徒とR&R
08. P.S.南無阿弥陀仏
09. カオスの海 ~創造主の思惑~
10. 原罪 ~処女を守りぬけないがために~
11. 大聖堂の菩薩 ~Featuring 田部井辰雄~
12. 仮面神父とチャペルの鐘
13. 悪魔の仕業か神業か
14. 死成の無垢
15. 不誠実な道の上でのサバイバル
16. 漠源ドラムの嘆き
17. 生(盛)者への鎮魂曲
18. 非神経症的捨て曲 ~オマエライツタイナンナンダ?
19. 戦争するなら弓、槍、剣で戦え!
20. Shine(Ending Edit)

All songs & plays: 石井妥師(Except Track 20)

田部井辰雄(Guitar) Track 11
田部井泰和(Song Write with Drum/A.Guitar)Track 16

「Shine」(Mr.BIG)

Eric Martic(Vocal)
Ritchie Kotzen(Guitar)
Billy Sheehan(Bass)
Pat Torpey(Drums)


【追記・補足】田部井泰和氏ご本人よりご指摘いただいたのですが、↑の初回盤ブックレットで(Track 18)となっているのは誤記とのこと。正しくはTrack 16("漠源ドラムの嘆き")です。再プレス盤では表記が訂正されています。

-------------------------------------------
Hellsing ― オリジナル・サウンドトラック RUINS 吠虚
TVサントラ 石井妥師
パイオニアLDC (2002-02-22)
売り上げランキング: 25,798


『Hellsing Original Sound Track RUINS 吠虚』
[PICA-1253|2002.02.22|パイオニアLDC]

01. 世界最終黎明期
02. 葉隠れの和声
03. Sky Of God Master
04. 罪作りな憎いヤツ
05. Soul救助隊
06. I.B.C.J. 包囲網
07. 死傷ヶ丘での銃撃戦
08. 精神警察捜査課の裏事情
09. 原色ジバクラヴソング
10. シークレット カルマ セレナーデ
11. 桔梗薫るイロハ道
12. 真理響
13. ねつ造されたBack Ground
14. 原点回帰 Rythm Nation
15. 真夜中の暗殺者
16. ロゴスなきワールド ~マルコムXに捧ぐ~
17. 吠虚に灰めく真理のVoice
18. さらばポンコツWorld
19. 666より777
20. 大麻の煙が目にしみる
21. 嗚呼、青春のエロ魔界
22. 予期せぬ出来事

All songs & plays: 石井妥師



-------------------------------------------

4 件のコメント:

  1. レビューの検索したら、ここに来てしまい、読ませて頂きました。

    当時、石井妥師先輩に御世話になりながら録音させて頂いた曲です。

    しかし実は初回版は表記に誤りがありまして

    私がドラムとギターを担当し、楽曲(和音進行の素案)を提供した曲は
    Track:18ではなく、Track:16の「漠源ドラムの嘆き」なのです。
    (再販盤でのブックレット表記は訂正されてました。)

    それにしても、もう10年以上前の事なので、未だに、こーして、取り上げてくださっている事に大変感謝致します!
    失礼致しました。

    やすかずん / 田部井泰和

    返信削除
    返信
    1. メッセージありがとうございます。田部井さんご本人からコメントをいただき、驚いております。また、ご指摘まことに感謝いたします。こちらのほうでも訂正させていただきますね。

      削除
  2. いえいえ!こちらこそ返信恐縮です!

    当時、自分も石井先輩も当時「ありゃ」って言ってて、
    その後直ってた事も、随分経ってから知りました。

    お手間お掛けいたしました。

    返信削除
  3. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除