2015年8月4日火曜日

都留教博&中村由利子『人形草紙 あやつり左近 オリジナルサウンドトラック I&II』(1999/2000)

人形(からくり)草紙あやつり左近 (1) (集英社文庫―コミック版)
小畑 健
集英社
売り上げランキング: 408,525



「人形草紙(からくりぞうし)あやつり左近」は、〈週刊少年ジャンプ〉で1995年から1996年にかけて連載された、写楽麿(宮崎まさる)原作/小畑健作画によるコミック。人形遣いと文楽人形のコンビによるサスペンス・ミステリで、既にヒットしていた他社の『名探偵コナン』や『金田一少年の事件簿』への対抗馬として登場したのですが、わずか半年という短い連載期間で打ち切りとなっています。とはいえ、クオリティは高く、当時のジャンプの数巻完結もののタイトルのなかでも印象深い作品でありました。その後、小畑氏が『ヒカルの碁』でカムバックとブレイクを果たしたこともあって再評価の機運も高まり、なんと連載終了から3年後に異例のアニメ化。WOWOW、ビクター、トムスの共同製作により1999年10月から2000年3月末にかけて全26話で放送されました。今回ご紹介するのはそのサウンドトラックであります。


人形草紙あやつり左近 ― オリジナル・サウンドトラック 1
TVサントラ 五木花実 新居昭乃 HUMMING BIRD
ビクターエンタテインメント (1999-12-16)
売り上げランキング: 186,434


人形草紙あやつり左近 ― オリジナル・サウンドトラック II
TVサントラ HUMMING BIRD KOKIA 新居昭乃
ビクターエンタテインメント (2000-03-23)
売り上げランキング: 373,637



 劇伴を手がけた都留教博氏と中村由利子さんはともにヒーリング/ニューエイジ・ミュージック方面でのソロ活動のほか、アニメ、ゲーム作品などでの仕事ですでにキャリアを培っており、90年代に入ってからはチェリストの前田善彦氏との三人で、ユニット「アコースティック・カフェ」としての活動も展開しておりました。サントラリリースの前年にあたる1998年には都留教博+中村由利子の連名で『Beginnings』『Jemini』『Progress』と題した三部作のオリジナルアルバムを立て続けにリリースするという、非常に活発な時期でもありました。「和風」「日本の四季」「キャラに感情移入してくれる曲」という、まついひとゆき監督のリクエストのいずれにも応えた、ほの暗く、サスペンスフルな珠玉のスコアがアルバム二枚分にわたって展開されております。ピアノ/シンセサイザーとフルートを軸としたニューエイジ路線のインストゥルメンタルを踏襲する一方、和楽器、ブズーキ、胡弓などの民族楽器が多用され、雅楽やアジアン・ミュージックのテイストが強く反映されているのも特徴的です。



 レコーディングメンバーのうち、前田善彦(cello)、河合徹三(b)、バカボン鈴木(b)、山本恭久(perc)、相澤政宏(fl)の各氏は、都留氏が劇伴を手がけたOVA版「アルスラーン戦記」(1991~1995)のサウンドトラックにも参加しています。また、元.四人囃子の佐藤満(佐藤ミツル)氏が"逃走" "混迷"の二曲にギターで参加されているのですが、都留氏と佐藤氏はこれ以前に「放課後の職員室」(こいでみえこ原作)のイメージサウンドトラック(1994)の主題歌でともに仕事をされていた縁での参加でしょう。"逃走"はどこか70年代後期四人囃子の面影を感じさせるものがありますし、"混迷"は中期KING CRIMSONを意識したかのような("太陽と戦慄"的な)ヘヴィなテイストのプログレッシヴ・ロック調に仕上がっております。



 また、主題歌にはHUMMING BIRD新居昭乃さん、挿入歌には五木花実さんとKOKIAさんが起用されています。とくに、サントラの二枚目に収録されている"さよならは言わないで"を歌ったKOKIAさんはまだメジャーデビューして間もないころ。都留氏とは、1999年に放送されたテレビ東京開局35周年特別番組「ネシアの旅人」の主題歌に続いて二度目のタッグでもあったりします。そしてどちらの楽曲も、2015年現在でオリジナル、ベスト、コンピレーションのどのKOKIAさんのアルバムにも収録されていないレア曲なのです。また、まつい監督の強い意向でエンディングテーマに起用された新居昭乃さんの"叶えて"は、ニューエイジ和楽ユニット 箏座の木田敦子さんの箏をフィーチャーしたアンビエントで神秘的な一曲。同曲は2002年にリリースされた新居さんの二枚目のベストアルバム『RGB』に収録されています。五木花実さんはソロでの作品リリースはなく、彼女の楽曲は後にも先にもサントラに収録されたこの"声"のみなのですが、しっとりと清らかなヴォーカルが忘れ難い一曲です。HUMMING BIRDは、言わずと知れた福山芳樹氏を擁するバンド。このころは活動末期で、オープニングテーマである"光なき夜をゆけ"が、彼らのラストシングルとなります(2000年5月に解散)。最後を飾るにふさわしい熱唱と熱演を聴かせるメロディック・ハード・ロックの傑作なのですが、TVサイズ版ではこれからというところで終わってしまうため、ぜひフルヴァージョンで聴いてほしいです。



 本作以降、都留&中村コンビでの作品リリースはしばらくなかったのですが、2006年に宮崎駿監督の短編アニメーション作品「星をかった日」のサウンドトラックを制作されております。

----------------------------------------------------------

『人形草紙 あやつり左近 オリジナルサウンドトラック I』
[VICL-60503|1999.12.16|VICTOR]

01. 光なき夜をゆけ
(作詞:石川雅俊/作曲:福山芳樹/編曲:和田春彦、HUMMING BIRD/歌:HUMMING BIRD)
福山芳樹(vo, cho, g)/麻生祥一郎(ds, cho)/古屋敏之(e-b, cho)/和田春彦(kbd)

02. ふゆう
03. 闇に舞う
04. 謎は解けるか
05. 機先
06. 心理の罠
07. 春を思う
08. まんだら
09. あなたが犯人!
10. 左近のテーマ
11. ハイカラ草紙
12. 波紋
13. 声〔挿入歌〕
(作詞:平野肇/作曲:中村由利子/編曲:都留教博&中村由利子/五木花実)
五木花実(vo)/河合徹三(e-b, bouzouki)/山本恭久(perc)/都留教博(bouzouki)/中村由利子(p, kbd)

14. 追跡
15. からまり
16. 迷宮
17. 瞑想

18. 叶えて
(作詞・作編曲・歌:新居昭乃/編曲:松林正志、坂元俊介)
新居昭乃(vo, kbd)/木田敦子(筝)/内田KEN太郎(e-b)/保刈久明(e-g)


作編曲:都留教博&中村由利子(2~12、14~17)


『人形草紙 あやつり左近 オリジナルサウンドトラック II』
[VICL-60504|2000.03.23|VICTOR]

01. 光なき夜をゆけ (TVサイズ)
02. 王家の謎
03. 闇の舞踏
04. 呪術
05. 暗示
06. あの頃なら
07. 獅子の舞
08. 逃走
09. 忘れえぬ思い
10. ふれあい
11. 真実の鍵
12. 蜃気楼
13. さだめ
14. 混迷
15. 戦慄
16. 魂の声
17. 右近のテーマ
18. 回想
19. 幻の行軍
20. さよならは言わないで〔挿入歌〕
(作詞・歌:KOKIA/作曲:中村由利子/編曲:都留教博&中村由利子)
KOKIA(vo)/河合徹三(e-b, bouzouki)/山本恭久(perc)/中村由利子(accordion)/都留教博(cornet, vln, tin whistle, kbd)

21. 呪いの呼出状
22. そのからくり
23. さよならは言わないで - ピアノ・ヴァージョン -
24. 叶えて (TVサイズ)


作編曲:都留教博&中村由利子(2~19、21、22)

〈レコーディングメンバー〉
都留教博(keyboard etc)
中村由利子(keyboard etc)
山本恭久(percussion)
高杉登(drums)
バカボン鈴木(electric bass, stick)
B・ウインター(electric bass)
古川昌義(electric guitar)
S・アンダーソン(electric guitar)
佐藤満(electric guitar)
遠藤義晴(胡弓)
相澤政宏(flute)
前田善彦(cello)


都留教博 - WING ENTERTAIMENT GROUP
中村由利子 オフィシャルホームページ

0 件のコメント:

コメントを投稿