2015年4月14日火曜日

見岳章 『スパイラル 推理の絆  TVアニメーション サウンドトラック』(2003)

スパイラル~推理の絆~TVアニメーション サウンドトラックスパイラル~推理の絆~TVアニメーション サウンドトラック
(2003/03/19)
TVサントラ、Strawberry JAM 他

商品詳細を見る


 「スパイラル ―推理の絆―」は、かつて月刊少年ガンガンで連載された、城平京原作/水野英多作画によるミステリ&アクションスリラー漫画。アニメ版は2002年10月から2003年3月にかけて全25話が放送されました。本CDは同作のサウンドトラックであり、主題歌以外の全楽曲を、ニューウェイヴ・ロック・バンド 一風堂の元キーボーディストにして、美空ひばり("川の流れのように")、城之内早苗("あじさい花")をはじめ、稲垣潤一や小泉今日子、とんねるずなどへの楽曲提供者でもある見岳章氏が手がけられております。本作は、「華星夜曲」(1988)、「人造人間キカイダー THE ANIMATION」(2000)に次いで、氏が手がけられた現時点で最後のアニメ劇伴仕事になります。また、主題歌のStrawberry JAM、Hysteric Blueは今となっては懐かしい名前ですが、両バンドともに翌年に解散しているのですよね。

 主題歌の爽やかさに反して、本編はアーバン/ブラック・コンテンポラリーやアンビエントな要素もいくらか交えた、不穏なムードと無機質なビートを押し出したサスペンスフルなタッチの打ち込みスコアが中心。そのものズバリなタイトルの"ハート ウォーム"や、穏やかなワルツ調の小品である"トゥインクル マイハート"、ヒロインの結崎ひよの役をつとめた浅野真澄さんが歌った"トゥインクル マイハート(ヴォーカル・ヴァージョン)"などのほのぼのとした楽曲や、「小公女セーラ」や「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」の主題歌でも知られるシンガーの下成佐登子さんがソプラノコーラスで参加された神秘的なアンビエント調のシンセスコア"呪われた烙印" "絶望"などもありますが、全体的にはやはり重苦しく、焦燥感を募らせるイメージのほうがはるかに強いです。



 これだけだといささかソツのない印象で終わってしまうところですが、一方で多分にエキセントリックなテイストが加わっているところが本作のミソなのであります。というのも、スタジオ・ミュージシャンであり、プログレッシヴ/フュージョン・バンド 「羅麗若」や、櫻井哲夫氏、神保彰氏が80年代末期に結成した「シャンバラ」などのギタリストとしてのキャリアを持つ古川望氏が一部の楽曲に参加されており、生粋のアラン・ホールズワース フォロワーでもある氏の技量を炸裂させたプレイが聴けるのです。四つ打ち/ブレイクビーツなシーケンスの上を“Holdzworty”なギターソロで縦横に駆け巡る"抹殺" "戦闘"や、約6分半という、スコアにしては破格の尺の長さを誇る"ラストゲーム"でのハード&ブルージーなプレイは痛快極まりない、まさにキラーチューンといえましょう。余談ですが、古川氏は見岳氏の劇伴作品にたびたび参加されており、TVドラマでは「ハッピーマニア」(1998)や「ケイゾク」(1999)、映画では「スシ王子!」(2008)のサントラなどでもクレジットされていることを付しておきます。



---------------------------------------------------

『スパイラル ―推理の絆― TVアニメーション サウンドトラック』

01. 希望峰〔Strawberry JAM〕
(作詞:Strawberry JAM/作曲:あき/編曲:野村義男)

02. 論理の旋律は必ず真実を奏でる
03. 予兆
04. 推察
05. 不穏
06. 抹殺
07. 戦闘
08. 呪われた烙印
09. ブレード・チルドレン
10. トゥインクル マイハート
11. ひよひよ劇場
12. ハート ウォーム
13. 白い蝶
14. 呪縛
15. 螺旋
16. 黒い羽の天使
17. ハンター
18. 作戦
19. 悲愴
20. 絶望
21. ラストゲーム
22. 信じる力は運命さえ変えられる
23. 未来
24. カクテル〔Hysteric Blue〕
(作詞・作曲:たくや/編曲:佐久間正英&Hysteric Blue)

25. トゥインクル マイハート(ヴォーカルバージョン)
(作詞:北条千夏/作曲:見岳章/歌:浅野真澄)


[2003.05.19 | SVWC-1322]

Composed, Arranged & Produced & Mixed & Premastered by 見岳章

古川望(guitars)
下成佐登子(chorus)

---------------------------------------------------

見岳 章 Mitake Akira - フジパシフィックミュージック

0 件のコメント:

コメントを投稿