2013年9月15日日曜日

EL&P/キース・エマーソンオマージュなゲームミュージック集【2001~】

エマーソン,レイク&パーマー / キース・エマーソンをオマージュした、もしくは少なからず意識したのではないかと思われるゲーム・ミュージックを、全3回に渡って年代順にご紹介してゆくというニッチな企画。ラストは、2001年以降の作品。

【イントロダクション】
【1985~1991】
【1992~1999】
【2001~】

----------------------------------------------------

【22】小谷野謙一「Thunder Storm」
from "グレート魔法大作戦"
[ライジング/エイティング - ARCADE - 2000]

小谷野氏はDTMマガジン創刊時からの連載メンバーであり、シンセサイザーに造詣の深いコンポーザー/アレンジャーであります。



【23】植松伸夫「走れ!」
from "FINAL FANTASY IX"
[SQUARE - PLAYSTATION - 2000]




【24】Bunmei(小川文明) 「ARMAJIRO」
from "KEYBOARDMANIA"
[KONAMI - ARCADE - 2000]

キーボードマニアはBEMANIシリーズのひとつとして2000年にリリースされたタイトルですが、残念ながらシリーズは2001年の「3rdMIX」で打ち止めとなっております(シリーズの公式サイトも2013年2月に閉鎖)。この曲の作曲は、すかんちやSuzy Cream Cheeseのキーボーディストである小川文明氏。タイトルの"アルマジロ"も含めてパロっております。ちなみにこの曲のフル・ヴァージョンは中間部でPINK FLOYDをオマージュした展開にもなります。他にも文明氏は DEEP PURPLEをパロった「Burnin'」、リック・ウェイクマンをパロった「Henry Henry」という曲をキーボードマニアの1stに提供しております。



【25】佐々木博史「The Least 100Sec」
from ギタフリシリーズ[2001~]

初出は『GF5th』『dm4th』『KEYBOARDMANIA 3rdMIX』。ギターフリークス、ドラムマニア、キーボードマニア、ビートマニア、ポップンミュージック、ダンスダンスレヴォリューションと、一連のBEMANIシリーズに収録された人気曲。"Karn Evil #9(悪の経典)"の第二印象へのオマージュが込められた1曲であり、EL&Pオマージュのゲーム音楽として最も高い知名度を誇るのがこの曲なんじゃないでしょうか。



【26】Paraoka「L9」
from BMS[2001]

フリーの音楽ゲーム「BMS」用の楽曲。発表時期から考えると"The Least 100 Sec"へのオマージュも込められたのではないかと思われます。



【27】NL&P(古賀博樹)「EXCALIBUR」
from "POP'N MUSIC 7"
[KONAMI - ARCADE - 2001]

いくつもの名義を持つコンポーザー 古賀博樹氏。Naya~n(なや~ん)とは彼が最もよく使う名義であります。「EXCALIBUR」は NL&P名義での1曲。



【28】Falcom Sound Team jdk「魔王の両腕-ハンド-」
from "ZWEI!!"
[日本ファルコム - Windows - 2001]

ゲーム本編は民族調の楽曲が多いのですが、この曲はモロにEL&Pです。



【29】ZIZZ(大山曜)「超人舞闘―激突する法則と法則」
from "斬魔大聖デモンベイン"
[Nitro+ - Windows他 - 2003]

大山曜氏はプログレッシヴ・ロック・バンド ASTURIASでも活動されております。



【30】Sota Fujimori(藤森崇多) 「100% minimoo-G」
from "beatmaniaIIDX 12 HAPPY SKY"
[KONAMI - ARCADE - 2005]

名門バークリー音楽院の卒業生にして、根っからのシンセサイザーオタクでもある藤森氏が放ったこの曲は、EL&Pのタルカスをモチーフに、全パートをモーグシンセサウンドで構築した徹頭徹尾シンセプログレナンバー(曰く「サンプラーやソフトシンセ、ソフトクリームなどは一切使用しておりません。」だそうです)。タイトルに偽りなし。めくるめく変拍子の渦に加え、左右チャンネルから襲いかかるワニャワニャとしたフレーズが聴き手の脳味噌をサラダ外科手術。



【31】古代祐三「4operators」
[オリジナル - 2006]

ゲームミュージックコンポーザー達が制作したFM音源によるオリジナル着信メロディーを一挙収録した企画アルバム『FM音源マニアックス』(2006)より、古代祐三氏の提供曲。「どこか懐かしいプログレ風味」とは古代氏のコメント。



【32】Falcom Sound Team jdk「我にひれ伏せ」
from "ZWEI2"
[日本ファルコム - Windows - 2008]




【33】Vince DiCola「Boss Battle」
from "Saturday Morning RPG"
[Mighty Rabbit Studios - iPhone App - 2011]

海外産iPhoneアプリゲームのボス戦時BGM。ヴィンス・ディコーラ氏は『ロッキー4』や『トランスフォーマー・ザ・ムービー』の劇伴で知られる御仁。キース・エマーソンから多大な音楽的影響を受けており、自身もプログレ界隈とも関わりの深いキーボーディスト/コンポーザー/アレンジャーです。


1 件のコメント: