2015年11月7日土曜日

佐久間正英『あなたにここにいてほしい/新井素子 イメージアルバム』(1985)

あなたにここにいて欲しい (ハルキ文庫)
新井 素子
角川春樹事務所
売り上げランキング: 250,876



 二人の女性の共依存的な関係をミステリアスでサスペンスフルなタッチで描いた、新井素子さんの'84年発表の小説『あなたにここにいて欲しい』。本アルバムは翌年にリリースされたイメージアルバムで、テクノ・ポップ・バンド プラスチックスやプログレッシヴ・ロック・バンド 四人囃子の佐久間正英氏が全曲の作編曲を手がけられております。時期的には、初のソロアルバム『Lisa(果樹園のリサ)』をリリースして間もない頃であり、BOOWY、THE STREET SLIDERSなど、プロデュース仕事が増え始めた頃でもあります。
 




 小説のタイトルの元ネタはPINK FLOYDのアルバム『Wish You Were Here(あなたがここにいて欲しい)』からですが、小説は『あなた“に”ここにいて欲しい』で、一文字違います。これは意図的なものであるということが、'84年の文化出版局単行本版の新井さんのあとがきで述べられております。本作の執筆のキッカケについてPINK FLOYDへの言及もされているのですが、'87年の講談社文庫版、2012年のハルキ文庫版で書き下ろされたあとがきではそのあたりには触れられてはいませんので、参照の際はお気をつけを。レコードのインナーには新井さんと佐久間氏のそれぞれのコメントが掲載されており、新井さんは「横着なあたしは、このお話を書きえるまで、レコード聴き返しもしなかったんです。だから、このお話、正直言って、ピンク・フロイドの曲とは何のかかわりもないんですよね」と、かなりぶっちゃけたことを書かれています。とはいえ、ふと頭によぎった"Wish You Were Here"のメロディーと、タイトルからの連想で浮かんだいくつかの言葉が執筆のキッカケだったそうですから、まったくの無関係と言えない気もします。佐久間氏は制作にあたり、「ESP」ではなく「PSYCO」でイメージをつくりあげていったとのこと。「実写でない音楽を試みてみました」「多少の無理はしましたが、自動筆記の様に演奏し、アレンジしました」とも述べられています。





 佐久間氏のコメントからだいたいの方向性はつかめますが、アルバムの楽曲は全体的に無機質なイメージのインストゥルメンタルが中心となっており、反復される展開に物憂げな旋律が静かに湛えられ、常に低いところを漂うかのような感触が続いていきます。"解放"ではバックでうっすらと「あなたに ここに いてほしい」のモノローグも挿入されており、ゾクリとさせられます。演奏では佐久間氏のほか、パーカッションでそうる透氏、ヴァイオリンで中西俊博氏が参加されており、広瀬翔子さんが歌う表題曲の作詞を山崎ハコさんが書き下ろされております。そしてラストは、日本語詞と女性ヴォーカル(Crickets)による、PINK FLOYD"Wish You Were Here"のカヴァー。パーカッシヴなバッキングと明るめのシンセサイザーを中心とした、寂しさというよりもどこか解放的なイメージを感じさせるアレンジ。本編の展開にも寄り添った名カヴァーではないかと自分は思うのです。





-----------------------------------------------------

『ファンタスティック・ワールド② あなたにここにいて欲しい/新井素子 イメージアルバム』

LP [JBX-25059|1985|ビクター音楽産業]
CT [VCK-6138|1985|ビクター音楽産業]


【side A】
01. 共生
02. 一角獣
03. 黒の風景
04. 喪失
05. あなたにここにいて欲しい
(作詩:山崎ハコ)

【side B】
06. 緩衝
07. カフェオレの闇
08. 修羅の日
09. 解散
10. Wish You Were Here [PINK FLOYD cover]
(Roger Waters - David Gilmour)

《作編曲》
佐久間正英

《演奏》
佐久間正英(ギター、シンセサイザー)
中西俊博(ヴァイオリン)
そうる透(エレキ・パーカッション)

《歌》
広瀬翔子(“あなたにここにいて欲しい”)
Crickets(“Wish You Were Here”)






-----------------------------------------------------


新井素子研究会 - MOTOKEN
作品データベースなど、参考させていただきました。


あなたにここにいて欲しい
新井 素子
文化出版局
売り上げランキング: 1,412,457



Wish You Were Here
Wish You Were Here
posted with amazlet at 15.11.07
Pink Floyd
Parlophone (Wea) (2011-09-26)
売り上げランキング: 14,161




余談ですが、本アルバムはビクターが立ち上げた〈ファンタスティック・ワールド〉シリーズの第二弾作品にあたります。ちなみにレコード帯の広告によると、第一弾は『イカロスの娘/御厨さと美』(音楽:槌田靖織/演奏:ビクター・オーケストラ)、第三弾は『綿の国星/大島弓子』(歌:松尾清憲/演奏:ムーンライダース)、第四弾は『ガラスの迷路/竹宮恵子』(企画・構成・詩:竹宮恵子)といったラインナップ。同シリーズはCD・VHSへメディアがシフトしてからも続いていくこととなります。

ビクター音楽産業「ファンタスティック・ワールド」レーベル
リリースタイトル一覧メモ 
http://camelletgo.blogspot.com/2013/06/fantastic-world.html


【関連】
西木栄二/森村あゆみ『そして、星へ行く船/逆恨みのネメシス イメージアルバム』(1987)

0 件のコメント:

コメントを投稿