2013年9月30日月曜日

雨降波近『ヒカルセカイ』(百合姫ノベル - 2013)

ヒカルセカイ (Yuri‐Hime Novel)ヒカルセカイ (Yuri‐Hime Novel)
(2013/07/18)
雨降 波近

商品詳細を見る


百合小説と言われて自分の中で真っ先に思い浮かぶのは中山可穂『猫背の王子』や、松浦理英子『犬身』、野坂昭如『骨餓身峠死人葛』や香山滋『魔婦の足跡』という具合なので、昨今の百合小説事情にはとんと疎いのですが、この作品はふと目にした内容の紹介文に惹かれて、思わず手にとりました。雨降波近氏のデビュー作となる本作『ヒカルセカイ』のあらすじは、不幸の女神を目指す女神候補ミレットが、「ひとりの人間を不幸にして殺す」という最後の課題を果たすために、人間界に降り立ち、ガールズ・プログレッシヴ・メタル・バンド"ノーバディズメルトダウン"で活動する一人の女子高生 彩乃に接近し、親密な関係を築きあげてゆく…というもの。ガールズプログレメタルバンドですよガールズプログレメタルバンド。なんとアンビバレントで甘美な響きでありましょうか。

前半はミレット、彩乃との出会いや、バンドメイト達との他愛なくも楽しい日常が綴られ、ゆるやかに展開してゆきます。また、随所での演奏パートの描写には、作者のこだわりが少なからず感じられました。中盤、担任の山中先生が登場してからストーリーは大きく動き始め、不幸と幸福のバランスを司る神々の理、世界中の不幸を一身に背負うことを運命付けられた彩乃という存在、山中先生と女神候補との因縁の過去、ノーバディズメルトダウンのメジャーデビュー…といったあれこれを交えながら、彼女や周囲の様々な葛藤が繰り広げられてゆきます。彩乃とミレットとの幸福な日々の果てにあるもの…その先は、ご自身の目でお確かめあれ。

「ストーリー後半に書きたいことを詰め込み過ぎたのでは」「演奏描写をもっとフィーチャーしても良かったのでは」と感じるところもありますが、彩乃のミレットの真っ直ぐな関係が紡ぎ出した結末は、読んでいて少なからずグッとくるものがありました。過度な期待は禁物ですが、是非とも最後まで読んでいただきたいですね。ちなみに、巻末には雨降波近さんの簡単なプロフィールが載っているのですが、よく聴かれる音楽がスティーヴ・ライヒMESHUGGAH、好きな声優は牧野由衣さんと中島沙樹さんだそうです。なるほど、納得できるものがありました。とすると、本編で彩乃が愛用していたギターの愛称"フレドリック"は、MESHUGGAHのギタリスト フレドリック・トーデンダルから来ているのでしょうか。

また、雨降氏は"Templymphatica"というソロ・ユニットで音楽作品も制作されております。前述のようにライヒ、メシュガーがお好きということもあって、その音楽性はミニマル/エクスペリメンタルな要素が色濃く反映され、時たま本人の苛烈なヴォーカルもシャウトする静と動を併せ持ったプログレッシヴ・メタル。なかなか聴き応えがあります。今年、『心象叙景曲集』という6曲入りのEPを発表されております。氏の作品はmonstar.fmsoundcloudニコニコ動画などで聴くことができます。ロム虫/被リナルPという名義でVOCALOID曲も多数投稿されているようですね。

Templymphatica|monstar.fm
http://monstar.fm/templymphatica/

Amafuri Namichika|soundcloud
https://soundcloud.com/amafuri-namichika


ニコニコ動画マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/36954894
http://www.nicovideo.jp/mylist/15392018



百合好きでプログレ好きという業の深い方々には、特に一読・一聴をお薦めするのであります。氏の今後の活動にも期待したいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿