2007年3月27日火曜日

DOMINICI『O3-A Trilogy, Pt. II』(2007)

03 a Trilogy 203 a Trilogy 2
(2007/03/13)
Dominici

商品詳細を見る


 腋毛ジャケットがまぶしいDREAM THEATERの1989年のデビュー・アルバム『When Dream And Day Unite』でヴォーカリストを勤めていたチャーリー・ドミニシ。ジェイムス・ラブリエの登場によりバンドを去ってから長い年月が経ち、「あの人は今」状態だったドミニシのとっつぁん(といっても近年のDREAM THEATERのライヴに飛び入りゲストで参加してましたけどね)。そんな彼がフロントマンを務めるバンド、その名も「ドミニシ」が2ndアルバムを発表。前作『O3-A Trilogy,Pt.I』はギター&ヴォーカルという構成の実にシンプルなアコースティック・アルバムだったそうですが、本作は打って変わってコッテコテのプログレ・メタルになっております。ハードなサウンドが恋しくなったのか、前作から続いていると思われるコンセプトであえてそうしたのかはわかりませんが、ザックリしつつもテクニカルなリフや、キーボードによる劇的なフレーズをふんだんに取り入れたり、他にも群集や演説のSE、オーケストレーションを入れたりといったいかにもな仕上がり。

 ドミニシのヴォーカルはやや太めになったとはいうものの、あの裏っ返りハイトーンの面影はしっかり残っています。これを「懐かしい」と思うか「進歩ねえな」と思うかは聴き手の初期DREAM THEATERに対する思い入れ次第でしょうか。典型的プログレ・メタルであり、一本調子に陥りがちなところはありますが、フックや楽曲展開の構築はメンバー全員ある程度ツボを心得ているようで、のっけから8分という長めの楽曲を投入してもなんのその、じわじわと聴かせてくれます。バンドのサウンドに対してドミニシのヴォーカルが今ひとつ主張が弱いなと感じるところもあるとはいえ、全体的には好パフォーマンス&好感触。まだヤボったさや付け入るスキがあった『When Dream And Day Unite』の頃のDREAM THEATERのスタイルをビルドアップさせたかのような仕上がりなので、初期DREAM THEATERに入れ込んだ方や、今のDREAM THEATERにはついていけねえぜってな方には非常に楽しめるアルバムなのではないかと思います。



DOMINICI:公式

0 件のコメント:

コメントを投稿