2016年4月9日土曜日

弦楽+ピアノ+ドラムが紡ぐ、凛としたアコースティック・インストゥルメンタル ― NEO RESISTANCE QUARTETTO『NEO』(2016)

NEO ネオ
NEO ネオ
posted with amazlet at 16.04.08
Neo Resistance Quartetto ネオ・レジスタンス・カルテット
Neo Records (2016-02-15)
売り上げランキング: 56,853

http://tempei.theshop.jp/items/2643022
http://tower.jp/item/4221266/NEO

 クラシック、ジャズ、プログレッシヴ・ロックからの影響を昇華させたしなやかなプレイを聴かせるガテン系ピアニスト 中村天平氏。2008年のデビュー以来、これまでに四枚のソロアルバムをリリース。ニューヨークと東京を拠点としながら世界各国での演奏活動を精力的に展開し、「あべのハルカス」、朝日放送「東京タイマー2020」などへのテーマミュージックの提供も行っている氏を中心として2014年に結成されたインストゥルメンタル・グループ「ネオ・レジスタンス・カルテット」のデビューアルバム。メンバーはドラマーの山本真央樹氏、ヴァイオリニストのYuiさん、チェリストの村中俊之氏。それぞれがクラシック、民族音楽、ロック、ポップス、フュージョンのフィールドで活動する実力者たちです。ピアノと弦楽によるアコースティックの響きを重視しながらも、ロック的ダイナミズムも交えた、強靭で凛としたサウンドがグループの最高の武器。クライズラー&カンパニーやG-クレフなどの登場で90年代に一世を風靡したクラシカル・クロスオーヴァーを、NRQはよりパワフルなアプローチでアップ トゥ デイトしています。タイトルから浮かぶ情景を颯爽と活写する"革命の夜明け"や、弦楽の哀切の響きとメロディが胸を打つ"戦場からの恋文" "Waltz of Bologna"。低音をふんだんに効かせた"Marianne"などのオリジナル曲のほか、"ロッキーメドレー"(〈ロッキー〉シリーズ)、"君をのせて"(「天空の城ラピュタ」)、マイケル・ジャクソン"Black or White""Smooth Criminal"のカヴァーも収めた全10曲。"ロッキーメドレー"では、ビル・コンティ作曲のメインテーマや、SURVIVORの"Eye of the Tyger"のみならず、「ロッキーIV」のヴィンス・ディコーラ作曲のスコア"War"と"Training Montage"も組み込まれているのも嬉しい。気品を帯びた躍動感みなぎるMJのカヴァーの大胆なアレンジにも注目です。




▽Extreme Duo plays "Phoenix" / Tempei&Maoki 天平&真央樹

"火の鳥"(天平氏の3rdソロアルバム収録曲)のピアノ&ドラム・デュオでのパフォーマンス映像、オリジナルよりさらにプログレ度が増している感も。


http://www.neoresistance.net/
https://www.facebook.com/NeoResistanceQ/

0 件のコメント:

コメントを投稿