2015年5月19日火曜日

西脇辰弥、エース清水、馬飼野康二 他『うしおととら ヴォーカル・コレクション』(1993)

うしおととら 完全版 1 (少年サンデーコミックススペシャル)
藤田 和日郎
小学館 (2015-05-18)
売り上げランキング: 105


 1990年から1996年にかけて週刊少年サンデーで連載された藤田和日郎氏の長編シリーズ「うしおととら」。人間と妖怪の宿業と絆を描いた伝奇少年バトルマンガの王道的作品にして、壮絶にしてどこまでも真っ直ぐな熱い“藤田節”がほとばしる、いまなお色褪せぬ大傑作であり、五月から全20巻の完全版ワイドコミックスが順次刊行され、七月からは二度目となるアニメシリーズも予定されております。つい最近、久しぶりに読み返しましたが、案の定読み止まらなくなり、寝る間を惜しんで最終巻まで怒涛の勢いで引っ張られてしまった次第です。

うしおととら~ボーカル・コレクション~
イメージ・アルバム 三浦秀美 佐々木望 井口慎也 SATOKO YASU 天野由梨 冬馬由美
EMIミュージック・ジャパン (1993-06-23)
売り上げランキング: 7,584


 「うしおととら」の一度目のアニメ化は、本編連載中の1992年から1993年にかけて制作された全十話のOVA作品で、第一話から第六話までを第一期、第七話から第十話までを第二期として区切り、原作の第九章「風狂い」までをとりあげています。うしお役には佐々木望氏、とら役には大塚周夫氏がキャスティングされ。劇伴は鷺巣詩郎氏と若草恵氏のおふたりが参加されておりました。今回取り上げるのは、アニメ化に先がけて1992年にリリースされたイメージアルバムのヴォーカル曲に、二枚のサウンドトラックに収録されたアニメ第一期、第二期の各主題歌/イメージソングを一枚にまとめたヴォーカルベストアルバムです。これがまさに珠玉の内容なのであります。



 そもそも、主題歌がいずれもハード・ロック/AORというあたりがまずツボをくすぐられます。前期OPテーマ"勇気のファイター"の作編曲は、ZARDやWANDSやDEENなどの楽曲を手がけた葉山たけし氏。この曲もビーイング印の爽やかなハード・ポップ・チューンに仕上がっていいます。後期OPテーマ"獣の槍"は、田口俊氏(ex.SENSE OF WONDER)が作詞を、西脇辰弥氏が作編曲を手がけた、プログレッシヴ・ハード・ロック チューン。ヴォーカルの井口慎也氏は、日本有数のQUEENトリビュートバンドであるGUEENのギタリストとしても著名な人物(ちなみに西脇氏は同バンドのプロデュースを手がけておりました)。井口氏は'94年に発表されたOVA「装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端」のOPテーマも氏が歌っておりました。EDテーマは前後期とも佐々木望氏のヴォーカルで、井上日徳氏の作編曲による後期テーマ"誰かがおまえを狙ってる"は、カラッとしたアメリカン・ロック路線。そして、前期EDテーマ"Dear My Best Friend"は本作でも屈指の名曲。西脇氏のツボを押さえたウェットなメロディラインとAORアレンジもさることながら、佐々木氏のヴォーカルがまた非常にマッチしているのです。



 そして、イメージアルバムからは五曲が収録されております。ともに80年代テイストな"獣を見たよ" "ブギ・ウギ・モンスター"は、馬飼野康二氏、見良津健雄氏のベテラン作編曲家コンビによるもの。前者は藤田氏が作詞を手がけており、こちらもストレートにアツい描写です。後者は麻子役の天野由梨さんと真由子役の冬馬由美さんのデュエットによるアイドル歌謡調のコミカルな一曲。そして"英雄不要論序説" "パンドラの箱"は、なんと聖飢魔IIのエース清水長官の提供曲。前者はプログレッシヴ・ハード、後者はグルーヴ感のあるハード・フュージョンで、弾きまくりのソロパートも含めエキサイティングな内容。この二曲ではドラムスが“手数王”菅沼孝三氏というのもミソ。"サイレンスの下で"は、YASU氏、三浦秀美さんのデュエットによるスロウバラード。ここでもやはり西脇氏の編曲が出色。極上のAORです。



 それ以外の楽曲はサウンドトラックに収録されていたイメージソング。ドラマティックなサビを擁したパワーバラード"幻になるまで"や、往年のTOTOのような王道のメロディック・ロック チューン"Resurrection~天使たちの復活~" "風と雪の化身"といったなかでも、YASU氏のソウルフルなヴォーカルも映えるハードロックチューン"悲しみの逆襲"は、西脇辰弥(kbd)、梶原順(g)、美久月千晴(b)、湊雅史(ds ex.DEAD END)の完全バンドスタイルでレコーディングされており、一際パワーを感じさせる仕上がりです。改めて、そのクオリティの高さに感服させられます。






------------------------------------------------

『うしおととら ヴォーカルアルバム』

1. 獣の槍
(作詞:田口俊/作編曲:西脇辰弥/歌:井口慎也)

2. Dear My Best Friend
(作詞:及川眠子/作編曲:西脇辰弥/歌:佐々木望)

3. 英雄不要論序説
(作詞:高柳恋/作曲:エース清水/編曲:西脇辰弥/歌:YASU)

4. 獣を見たよ
(作詞:藤田和日郎/作曲:馬飼野康二/編曲:見良津健雄/歌:佐々木望)

5. ブギ・ウギ・モンスター
(作詞:前田耕一郎/作曲:馬飼野康二/編曲:見良津健雄/歌:天野由梨・冬馬由美)

6. パンドラの箱
(作詞:高柳恋/作曲:エース清水/編曲:西脇辰弥/歌:三浦秀美)

7. サイレンスの下で…
(作詞:石川あゆ子/作編曲:西脇辰弥/歌:YASU・三浦秀美)

8. 悲しみの逆襲
(作詞:及川眠子/作編曲:西脇辰弥/歌:YASU)

9. 妖怪退治心得マーチ
(作詞:藤田和日郎/作編曲:見良津健雄/歌:佐々木望)

10. 幻になるまで
(作詞:及川眠子/作編曲:井上日徳/歌:三浦秀美)

11. 誰かがおまえを狙ってる
(作詞:田口俊/作編曲:井上日徳/歌:佐々木望)

12. Resurrection~天使たちの復活~
(作詞:田口俊/作編曲:西脇辰弥/歌:井口慎也)

13. 風と雪の化身
(作詞:田口俊/作編曲:多田光裕/歌:SATOKO)

14. 勇気のファイター
(作詞:及川眠子/作編曲:葉山たけし/歌:YASU)


[TYCY-5308|1993.6.23 | 東芝EMI/Futureland]

keyboards & all synth programming:
西脇辰弥 ①~③⑥~⑧⑫
井上日徳 ⑩⑪
多田光裕 ⑬
葉山たけし ⑭

keyboards:
見良津健雄 ④⑤⑨

drums:
山崎彰 ①
菅沼孝三 ③⑥
湊雅史 ⑧

bass:
水江慎一郎 ①
松原秀樹 ③⑥
美久月千晴 ⑧⑫

guitars:
Hiroshi Emuro ②
鈴木英俊 ④
梶原順 ⑧
井上日徳 ⑩⑪
伊東ヒロム ⑬
葉山たけし ⑭

organ:
田中厚 ④⑤

manupulator:
田久保誓一 ④
Naoki Suzuki ⑤
Ryuichi Satou ⑨

backing vocal:
井口慎也 ①⑫
高尾直樹 ②⑭
井上りえ ③⑥⑧
岩崎元是 ④
ふじやひろこ ⑤
三浦秀美 ⑩
山根麻衣 ⑪
山根栄子 ⑪
SATOKO ⑬
大森絹子 ⑬
YASU ⑭




------------------------------------------------
〈Other Release〉

『うしおととら ORIGINAL ALBUM』
(イメージアルバム)

[TYCY-5232 | 1992.6.24]

『うしおととら II』
(サウンドトラック)

[TYCY-5247 | 1992.8.26]

『うしおととら III』
(サウンドトラック)

[TYCY-5306 | 1993.5.26]

『うしおととら CD(コミカル・デフォルメ)劇場』

[TYCY-5333 | 1993.9.29]


サンデー名作ミュージアム「うしおとととら」

0 件のコメント:

コメントを投稿