2013年11月27日水曜日

メテオール『コスモ越さぬも』(2013)

コスモ越さぬもコスモ越さぬも
(2013/09/27)
メテオール

商品詳細を見る


 CGアニメーションと連動したライヴ・パフォーマンスと、ニューウェイヴ/テクノ・ポップと民謡を橋渡する音楽性で特異なインパクトを放つバンド メテオール。映像作品だけにとどまらず、パントマイム集団やイラストレーターとのコラボレーション作品も発表している彼らの新作アルバム。メンバーのカズウ(山田カズミ)氏と、4-D mode1やメトロファルスの横川理彦氏との共同プロデュース作品。また、民謡団体「ミカド天風総連合会」の家元代行である横笛奏者 ミカド香奈子さんが参加されています。ポップなエレクトロ・シーケンスに、エレクトリック・ギター&三味線の躍動的なビートと軽快な篠笛の旋律、ハァ~チョイナチョイナな合いの手が入るサウンドはバツグンのノリの良さ。アルバムは民謡アレンジとオリジナル曲が入り混じる構成で、民謡アレンジはタイトル・内容の宇宙的な改変ぶりも含めて絶妙な仕上がりであります。

 朝寝・朝酒・朝湯好きで身上をつぶした小原庄助さんを謳った福島県民謡の"会津磐梯山(あいづばんだいさん)"は、地震・津波・氷河期で絶滅した大型恐竜を謳う"ワイズマン第三の眼"になり、茨城県民謡の"網のし唄""AminoShooter"になり、山形県民謡の"真室川音頭(まむろがわおんど)"が"マクロ側オンディーヌ"に、"ソーラン節""ソーラー節"に、"木遣りくずし""ゲシュタルト崩壊(くずし)"といった具合でもじられております。ディレイラマとVOCALOIDのコーラスをバックに朗々と歌い上げられる"さそり座クシー"(和歌山県民謡"串本節"のアレンジ)。「ネルシャツのゾンビに気をつけろ♪」というフレーズの中毒性が高い祭囃子調ナンバー"NEL"。はぁー、どっこい ならぬ HardCoreでニューウェイヴ・パンクな"べんとら節"など、民謡特有の耳馴染みの良さと、テクノ・ポップのキャッチーなノリの気持ちの良い相乗が楽しめる曲ばかり。ミカドさんを全面的に(作曲も含め)フィーチャーした"Dodoiz~メテオール~"なる純民謡調な1曲もあります。

 また、やはりと言うところですが、バンドの音楽的なバックグラウンドには、平沢進氏からの影響も色濃く伺えます(ちなみに、メテオールは過去のアルバムで平沢氏のソロ曲"金星"を、南国民謡テイストでアレンジ・カヴァーしております)。after the rain、元P-MODELの秋山勝彦氏やヒカシューの巻上公一氏と三田超人氏のみならず、日本民謡協会の大会部長がアルバムにコメントを寄せているところも、"宇宙民謡"を標榜するこのバンドならではといったところでしょう。伝統民謡を大胆なアプローチで魅せる、新たな発見と楽しさに満ちた愉快な1枚。もっともだー もっともだ。






●オフィス・ガナゴナ×メテオール

0 件のコメント:

コメントを投稿