2013年3月10日日曜日

『NHKむしまるQゴールド 大脱皮のテーマ』(2004)

NHKむしまるQゴールド大集合!大脱皮のテーマNHKむしまるQゴールド大集合!大脱皮のテーマ
(2004/04/21)
TVサントラ、オージー・ケン・ジュエル(馬場健二郎) 他

商品詳細を見る


 生き物の生態をユニークに紹介する良質な子供向け教育番組であり、最高の大人向けエンターテインメント番組でもあった、NHK教育テレビの「なんでもQ」シリーズ。本アルバムは、1999年から2003年に放送された楽曲から、洋楽パロディ曲を中心に収録した集大成的ベスト盤であります。同時期に放送されていた「ハッチポッチステーション」でも、ユーモア溢れる素晴らしい洋楽パロディの数々を聴くことができましたが、こちらの方もたっぷりとネタが詰め込まれています。かつてロック少年少女だった方々の琴線に触れる心憎い趣向が凝らされた楽曲の数々に、子供以上に楽しんでいたトーちゃんカーちゃん方が続出したのもさもありなんといったところでしょう。豪華な参加声優/ミュージシャンの面々はもちろん、里乃塚玲央や亜蘭知子といった作詞家陣によるユーモアたっぷりの詞や、堀井勝美、西原俊次(オメガトライブ)、つのごうじ、江口正祥(ヨンタナ)といったアレンジャー陣の手による縦横無尽にジャンルを駆け巡る何でもアリの楽曲群、全てが最高のクオリティでした。特に洋楽パロディの入った楽曲は、絶妙なさじ加減のアレンジあり、マッシュアップあり、大胆な脱線ありとやりたい放題の極み。大人になってから元ネタを知ったときは非常にニヤニヤものであります。以下、動画サイトから引用しつつ、ご紹介。

●生沢祐一&シーガルズ「ホタル・カリフォルニア」(TV版)


 元ネタはEAGLES「Hotel California」。メロディラインもさることながら、6分半という楽曲の尺(TV版は放送時間の都合により尺が4分に編集されております)、ギターソロで幕を閉じる構成など、とことん原曲を意識したパロディ。また、映像では『Hotel Carifornia』のアルバムジャケットに写っているホテルが描写されております。途中で入る合いの手の「ホタルはリバーサイ」「お元気ですか~」は、もちろん井上陽水ネタ。ちなみにこの曲の作詞を担当された亜蘭知子さんと、ヴォーカルの生沢祐一さんのお2人は、かつてビーイングの所属アーティストでもありました。


●鈴木トオル「ボス豚」


 元ネタはBOSTON「Don't Look Back」。冒頭の宇宙船は同曲を収録したBOSTONの2ndアルバム『Don't Look Back』のジャケットのパロディ。そしてラストに表示されるテロップ「No Synthesizers Used」はBOSTONのアルバムにクレジットされている有名な一節。気が遠くなるほどの膨大な時間と多大なる労力をかけて多重録音やミックス作業を行う、バンドのリーダー トム・ショルツの矜持であります。また、映像は"破壊王"故・橋本真也氏を意識したものと思われます。


●蓮見浩二、飯島譲二「カニクイザルのゆううつ」


 元ネタはTHE BEATLES「All You Need Is Love」。オリジナルの前奏にはフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」のメロディの一部が挿入されておりましたが、こちらは前奏にインドネシア国歌「インドネシア・ラヤ」のメロディの一部が挿入されております。また、終盤で別の曲のフレーズが聴こえるのも原曲を意識しての趣向。ビートルズネタでは他に「She Loves You」をパロった「チョー(E)!」がありますが、こちらも原曲に倣ってモノラル音源仕様というこだわりを見せています。


●KATSUMI「マッコウクジラはせんすいキング」


 JOURNEY「Separate Ways」YES「Owner Of A Lonely Heart」EUROPE「The Final Countdown」VAN HALEN「Jump」と、1曲の中に往年の洋楽ヒット曲を4つ叩き込んだ驚異のパロディ曲。「えんそう 江口ヨンタナ&はい!万平連欧州旅行です。」というクレジットがまた笑いを誘います。はい!万平連欧州旅行=YES/VANHALEN/EUROPE/JOURNEY


●GENKI(人見元基)「ぞうがめ」


 パロディなしのオリジナル曲。VOW WOWの人見氏の歌唱力はやはり折り紙付きです(ちなみにこの曲には英語ヴァージョン"Elephant Tortoise"もあります)。また、編曲:難波弘之、ギターソロ:大谷令文(MARINO)というクレジットにも注目。激アツなハード・ロック・ナンバーに仕上がっております。人見氏は「カキはえいゆう」「ピーター・プランクトン」でもそのソウルフルな歌声を披露しており、いやもうホント堪りませんです。


●KWEEN「ヘビメタ・スネーク」


 ベスト盤にはこの曲は収録されていないのですが、せっかくなので。QUEENのコピーバンド「KWEEN」による1曲。QUEEN「We Will Rock You」のパロディ。途中で「The Prophet Song」のフレーズが入る。シブいチョイス。ちなみにKWEENメンバーがむしまるQのセットで演奏している映像もあります。


 このほか、ヴォーカル:杉山清貴、作曲:西原俊次のオメガトライブコンビによる「サーモンU.S.A.」は、THE BEACH BOYS「Surfin' USA」のパロディ。日本食だけど原産地は全て米国産という状況を描きつつ"すばらしいU.S.A.~♪"と歌う詞といい、さりげなく"一切合財U.S.A.~♪"と歌っているバックのコーラスといい、洒落と風刺と皮肉の三点盛りな曲でもあります(しかし、ちょろっと入る左門豊作ネタはちびっ子にゃわからんですたい)。また、千葉繁氏の個性溢れる声をフィーチャーして強烈なインパクトを与える、THE BUGGLES「ラジオスターの悲劇」のパロディ曲「ハムスターの悲劇」



KING CRIMSON「太陽と戦慄パートII」「Epitaph」「21世紀の精神異常者」をツギハギした「ウーパークィーンの宮殿」(坂口あやさんによる元気溢れるヴォーカルとのミスマッチ感が何とも妙味)。はっぴぃえんど「風をあつめて」を元にした、むしまるQでは珍しい邦楽パロディ曲「みずのなかの小さなクマ」(ちなみにクレジットは"はっぴぃENDO"になっています)。金子マリさん、おおたか静流さん、人見元基氏、野村義男氏が一同に会した「いのちのかね」。むしまるQのラストを飾った曲であり、ベーシストである鳴瀬善博氏がヴォーカルを取る「大脱皮のテーマ」(元ネタは「The Great Escape March(大脱走のマーチ)」)。…と、語りだしたらキリがありません。末永く聴き続けていきたいアルバムです。一家に1枚、是非どうぞ。



【後記】
 残念ながら、『NHKむしまるQゴールド 大脱皮のテーマ』は現在廃盤になっております。今でも入手できるのは、以下のもの。

NHKむしまるQ ソングコレクション [DVD]NHKむしまるQ ソングコレクション [DVD]
(2006/11/22)
堀江真知子、影山ヒロノブ 他

商品詳細を見る

NHK むしまるQゴールド 歌のアルバム大全集~すてきなきみNHK むしまるQゴールド 歌のアルバム大全集~すてきなきみ
(2002/06/21)
TVサントラ、ブッチャー・浅野 他

商品詳細を見る

NHKなんでもQ 歌のアルバムNHKなんでもQ 歌のアルバム
(2000/06/21)
テレビ主題歌、三石琴乃 他

商品詳細を見る


0 件のコメント:

コメントを投稿