2012年7月21日土曜日

あさき『神曲』(2005)

神曲神曲
(2012/03/21)
あさき

商品詳細を見る


 コナミのBEMANIシリーズに楽曲を提供しているマルチコンポーザー、あさき(元GUNIW TOOLSメンバーのASAKIとは別人)の、ギターフリークス/ドラムマニア提供曲のリ・アレンジに、数曲の新曲を加えた全10曲入り1stフルアルバム。あさき自身が元々ヴィジュアル系バンド出身ということもあって、楽曲は和風ヴィジュアル系ロック(本人に言わせると「京都メタル」なんだそうで)のフォーマットをとったものが多いのですが、楽曲によってはやたらに邪気怨恨を放っていたり、プログレ、メタル、チェンバー・ロックなどの要素を投入したトリッキーなアレンジがあったりと、アルバムにはそこかしこでドス黒い色合いが滲みまくっています。へばりつくようなあさき氏のヴォーカルも相まって耳を惹く楽曲ばかりですが、スラッシーなリフと切れ込むヴァイオリンを軸に、生き急いでるんじゃないかと思うほどに切羽詰まった勢いで圧倒する変拍子プログレ・メタル「この子の七つのお祝いに」、寂滅としたアコースティック・バラード「予後の音」、トータル9分半(イントロだけで2分)に及ぶ「神曲」は白眉。特に「神曲」は、陰陽座をさらにドロドロに融解させたかのような不気味な詞世界、チェンバー・ロックもかくやといった粘性の高さと禍々しい展開など聴き所が多く、アルバムの中でも一際異様な存在感を誇るプログレ楽曲に仕上がっております。また、本作のレコーディング・メンバーには、佐々木博史(p)、ZektbachのTOMOSUKE(p)といったBEMANIシリーズの人気コンポーザーの2人や、元SIAM SHADEの淳士(dr)、THE ALFEEやDIMENSIONのサポートメンバーで知られる吉田太郎(dr)、KAO'S!SESSIONの高橋香織(vln)、などの名前も見られ、各人流石のプレイを聴かせてくれるのも見逃せないところです。長らくコナミスタイルでの通信販売のみの流通でありましたが、2012年3月にリマスター版がリリースされ、一般流通で出回ることになりました。良い意味で日本的なプログレッシヴ・メタル・サウンドを聴かせる傑作アルバムだけに、入手が容易になったのは非常にめでたいことです。


「神曲」:Wikipedia
あさき:公式
あさき:Wikipedia

0 件のコメント:

コメントを投稿