2007年7月20日金曜日

ASHADA『Circulation』(2006)

CirculationCirculation
(2006/09/12)
Ashada

商品詳細を見る


 妙(vo.p.mandolin)、(p.accordion)の二人の女性を中心としたファンタジックなポップス・ユニット アシャダの1stアルバム。数名のサポート・ミュージシャンを迎えてレコーディングされ、その中にはKBBの壺井彰久氏(vln)とDani氏(b)の名前も見られます。妙嬢、緑嬢の二人は大きな影響を受けたアーティストとしてZABADAK(と新居昭乃)を挙げており、ユニットのサウンドにも色濃く反映されております。若干翳りのある妙嬢のヴォーカルと、トラディショナルな要素を取り入れたシンフォニックな趣の楽曲は、繊細で透明感のある仕上がり。ときにプログレ的な構築も見られますが、あくまでスパイス的といったところで、そこまで深入りはしていません。メロディーの際立ちや展開の複雑性よりも淡い雰囲気に重点を置いた楽曲が多いので、もう一押し何かが欲しいなと感じる場面もなきにしもあらずですが、6曲目の「Neji」はアルバムの楽曲の中でも出色の出来だと思います。仄暗くゆったりとした雰囲気から熱のこもったギターソロの盛り上がりへと繋がる終盤の展開は力強く、印象付けられました。


【後記】
 残念ながらASHADAは2007年の夏に解散してしまいましたが、翌年、妙嬢は新たなバンド taikaを結成し、現在も活動を行っております。



0 件のコメント:

コメントを投稿