2012年11月20日火曜日

NINJA MAGIC『Lethal Ninjaction』(2012)


 スウェーデンのニンジャ・メタル・バンド、ニンジャ・マジックの2012年発表の7曲入りフルアルバム。2007年発表のEP『Back In Business』以来、実に5年ぶりの新作である。フリーダウンロードアルバムであり、バンドのDropboxアカウントから無料でDLできる。今年の2月にリリースしていたのだが、恥ずかしながらつい最近までそのことを知らなかった。なんという不覚。

 http://dl.dropbox.com/u/58440147/Ninja_Magic-Lethal_Ninjaction-mp3.zip

 NINJA MAGICはパワー・メタル・バンドDOMINI MAGICAのメンバーが中心となり2004年ごろに結成。黒装束をまといニンジャに扮した3人のメンバーが、雪原の中を刃物を振り回したりスノーモービルを乗り回したりではしゃぎ回るという、その忍ばなさ全開のPV(「The Way Of Life」)があまりにも愉快な内容だったため、一時期 B級メタル界隈とインターネット界隈でカルト的人気を博していた。2008年~2009年ごろにヴォーカルのカワサケ・ヤマモト氏が脱退したあたりで自分は動向を追うのをやめてしまったのだが、バンドはその後もメンバー探しや楽曲作りなどで地道に動いていたようで、2009年後半には現在のメンバーラインナップに近い状態だったようだ(YouTubeに当時のライヴ映像が上がっている)。

 新生ニンジャマジックの面々は、オリジナルメンバーであるKatana Shuriken/カタナ・シュリケン(g)とWasabi Thunderborn/ワサビ・サンダーボーン(g)の2人に、Chi-Chi Ha/チ・チ・ハ(dr)、Terry Yaki/テリー・ヤキ(b)、Tama Gotchi/タマ・ゴッチ(vo)、Kimono Kistereo/キモノ・キステレオ(kbd)の4人が加わった6人編成。ややカイ・ハンセンっぽいカワサケ氏のハイトーンを軸にしたパンキッシュなロック/メロディック・スピード・メタルだったかつてのサウンドは路線が大幅に変わり、パワフルな女性ヴォーカルとキーボードがフィーチャーされたパワー・メタルに仕上がっている。カワサケ氏の危なっかしいニンジャヴォーカルを伴った疾走感がNINJA MAGICのサウンドの象徴とも呼べるほどに(良くも悪くも)インパクトあるものだっただけに、手堅くまとまり過ぎじゃないかという印象も否めないのだけれども(ニンジャ一辺倒だった歌詞はすっかりナリをひそめてしまった)、それでも新生ニンジャマジックのこのミドルテンポ重視でどっしり聴かせるサウンドはスルーしてしまうにはあまりにも勿体無いクオリティ。自分は大いに支持したい。メロスピ的な要素は殆どなくなったとはいえ、依然としてキャッチーなポイントは残っており、特に「Autobahn」「One By One」の2曲は往年の北欧ポップ・メタルを彷彿とさせる良曲だと思う。キーボードの味付けも実に良い仕事をしている。ラスト2曲は「The Way Of Life」「Evil Ninja Wrath」のリメイク。悪くはないのだけれども、生き急いだオリジナル版のインパクトがあまりにもデカ過ぎたので流石に分が悪かった(ゴッチさんが"ニンジャ"じゃなくて"ニンヤー"と発音しているのも気になってしまうところなのだけど、流石にそこはご愛嬌かしらん)。何はともあれ、めでたく再始動したニンジャマジックの今後の活動に期待したい。


---------------------------

ちなみに、NINJA MAGIC脱退後のカワサケ氏の動向はというと、彼は2009年にスウェーデンのチップ・チューン・メタル・バンド、MACHINAE SPREMACY(Spinefarmレーベル所属のメジャーバンドである!)にドラマーとして加入し、現在も活躍中。ビックリである。まさかここに人脈が繋がるとは思わなかった。


 ドラムを叩いているのが カワサケ・ヤマモトことNiklas Karvonen。

◆NINJA MAGIC:facebook
過去にリリースした音源(『Ninja Nation』[2004]、『Catchy As Ninja, Chatcy As The Night』[2005]、『Back In Business』[2007])も無料公開されている。愛すべき疾走チューン「Speed Of Ninja」、カワサケ氏のヴォーカルが痛快なロック・チューン「Fury Man Vs The Warrior」、もはや漫才な「Ninja Meditation」など、迷曲良曲揃いなので聴くべし。

◆NINJA MAGIC:YouTubeアカウント
◆ワサビ・サンダーボーン氏のYouTubeアカウント

0 件のコメント:

コメントを投稿