2007年2月20日火曜日

「ベルセルク」にリスペクトを捧げる、イタリアのパワーメタルバンドのデビューアルバム ― BEJELIT『Hellgate』(2004)

Hellgate
Hellgate
posted with amazlet at 15.12.20
Bejelit
(2005-03-15)


 イタリアのヘヴィメタルバンド「ベヘリット」の1stフルアルバム。三浦建太郎氏の長編ファンタジーコミック「ベルセルク」に心酔しているバンドであります。このアルバムのコンセプトは原作単行本12~13巻あたりの"蝕"にのっとっているようで、ガッツの憎悪・葛藤、眼前に広がる地獄絵図…とかそんな感じの血生臭いイメージを楽曲で表現しております。もちろん、曲名や詞にも「血の刻印(Bloodsign)」「髑髏の騎士(Skull Knight」「ゴッド・ハンド(God's Hand)」「ドラゴン殺し(Dragonslayer)」「ベヘリット(Bejelith)」といったワードがチラホラと出てきます。ガッツのセリフじゃないですが「こりゃヤバイものだ」。音楽性は正統派を地で行くメロディック・パワー・メタル。突進力にも長けたハイトーン・ヴォーカル(ちょっと危ない)や、要所で泣きも込みのコッテリとしたフレーズをキメていくツインリードはなかなかのもの。原作のヴァイオレンスとドス黒さを表現出来ているかはともかくとして、こういうバンドは応援したくなります。B級メタル好きの諸兄は是非。



 ちなみに、去年(2006年)に2ndフルアルバム『Age of Wars』を発表しているのですが、ヴォーカルのFabio Privitera(ファビオ・プリヴィテラ)は、その2005年に既に脱退してたみたいです。バンドは新ヴォーカルとしてFabio Privitera(ティベリオ・ナタリ)なる、野趣溢れる声質の人材を加入させてアルバムを仕上げたとのこと。



BEJELIT - Encyclopedia Metallum

0 件のコメント:

コメントを投稿