2007年1月28日日曜日

Metal Service『YELLOW METAL ORCHESTRA』(1998)

YELLOW METAL ORCHESTRAYELLOW METAL ORCHESTRA
(1998/02/25)
METAL SERVICE

商品詳細を見る

 「HELLEN」「PLANET EARTH」といった様式美系メタルバンドのメンバーが集って結成したバンド「メタル・サーヴィス」による、YMO楽曲のメタル・カヴァー・アレンジ・アルバム。Yセツ男率いる「Yセツ王」や、細江慎治氏率いる「O.M.Y」など、YMOのコピー/パロディバンドはいくつかありますが、これは異色の存在と言えるでしょう。ポージングから小物に至るまで、細かいところまで再現した『Solid State Savivor』のパロディジャケットから漂うイロモノ臭が素晴らしい!これがYMOと同じアルファ・ミュージックからリリースされていたというのがまた何とも面白い話です。さて、バンドのフロントマンを務めるのは、80年代にHELLENで活躍し、後に全盛期のファルコムJ.D.K.BANDのキーボーディストを務め、現在は和風ハードロックバンド六三四や、コンポーザーとして活躍している高梨康治氏。

 まず、北欧系様式美を放出しまくる「ライディーン」に大爆笑。メタルアレンジになるとオリエンタルなフレーズが全然オリエンタルに聴こえなくなるこの不思議。この曲をはじめ、本作におけるOHATA氏のギタープレイは唸りを上げた「泣き」を随所に見せ、かなりの活躍を見せています。「君に、胸キュン。(浮気なヴァカンス)」は女性ハイトーンヴォーカルをフィーチュアした爽やかな80'sHRアレンジ。やや強引に押し切ってます。キャッチーなハード・ポップにアレンジされた「Nice Age」。J.D.K.BANDよろしくキーボード主体のプログレ・ハード・アレンジ「MASS」(けっこうUFOの「Doctor Doctor」っぽい仕上がり)。「MASS」もそうですが、本作には「KEY(手掛かり)」や「FOCUS」など、マニアックな選曲でのカヴァーナンバーも少々目立ちます。「中国女」はキーボードがバックを彩る正統派NWOBHM系ファスト・チューン、勢いづいた中盤の展開が聴きモノ。「Behind The Mask」はコーラスに原曲の面影は伺えるものの、いきなりの大仰なイントロといい、疾走するコーラスワークといい、ジャーマン・メタル以外の何者でもない仕上がり。「東風」はエッジーなハード・ロック・インスト・ナンバー。ラストはフックを持ったアレンジによる「テクノポリス」でシメ。様式美とエッジの効いたサウンドでとことんまでビルドアップしたアレンジのせいか、原曲のカタチを殆ど留めてないカヴァーが多く、意識しなければ普通にジャパメタバンドのアルバムとしか思えません。YMOだけにイモ臭いメタルにでもなってるのかと想像していましたが、アレンジもサウンドも練られていて聴かせる仕上がりになっているのには驚きました。ここまで開き直って徹頭徹尾メタルしてると逆に好感が持てます。純粋なYMOファンには全くオススメできない代物ですが、ジャパメタ好きは聴いておいて損はないと思います。


高梨康治:Wikipedia
YMO カヴァーアルバム一覧

0 件のコメント:

コメントを投稿