2018年7月18日水曜日

「Clown Core = KNOWER(ルイス・コール)」説を考える

 ロサンゼルス出身のエレクトロ・ミクスチャー・ポップ・デュオ KNOWERは、2009年にUSCソーントン校のジャズ・スタディーズを卒業したマルチ奏者のルイス・コールが、マルチ・ヴォーカリストのジェネヴィーヴ・アルターディとともに結成したユニット。ライヴではサム・ゲンデル(sax)、サム・ウィルクス(bass)、デニス・ハム(kbd)、ライ・ティスルスウェイト(kbd)などを迎え、一層の強力なパフォーマンスを披露。レッド・ホット・チリ・ペッパーズの2017年のヨーロッパツアーで前座を務めたり、ジャネット・ジャクソンに楽曲「Overtime」を提供したり(ただ、採用はされなかったようです)、Snarky Puppyとの「Family Dinner」でのコラボレーション、サンダーキャットのアルバム『Drunk』へのルイスの「Bus in These Streets」「Jameel's Space Ride」の作曲提供&プロデュース、映画「レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー」への楽曲提供(「Dance Of Doom」)など、そのマルチな異才を遺憾なく発揮。KNOWERとしては2016年8月と2018年5月に、ルイス・コール単独では2017年4月に来日公演(umber session tribe企画)を行っております。また、8月10日にはルイスの7年ぶりの新作ソロアルバム『Time』がリリースされます。ジェネヴィーヴをはじめ、ブラッド・メルドー、サンダーキャット、デニス・ハムがゲスト参加。


Time [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC575)
Louis Cole ルイス・コール
BEAT RECORDS / BRAINFEEDER (2018-08-10)
売り上げランキング: 18,354


「Louis Cole and Knower」
(from USC Thornton School of Music)

「KNOWER来日スペシャルインタビュー【LA発超絶エレクトロ×ジャズファンク】」
(Playaturner 2016.08.08)


Toilet
Toilet
posted with amazlet at 18.07.18
8===D (2018-03-03)
売り上げランキング: 63,098


 Clown Coreは、レンタルのポータブルトイレにキーボードとドラムキットとサックスとマイクを持ち込み、衝動的な演奏をやって終わるMVでまたたく間にバズって注目を集めたアメリカの二人組覆面デュオ。2010年にアルバムデビューした後、8年に渡ってほぼ沈黙状態にありましたが、今年3月の突発的再始動からほどなくして2ndアルバムをリリースしています。活動展開の仕方があまりにも不可解ですが、一方で、この謎の覆面ユニットはKNOWERの関係者による仕業――「中の人」はルイス・コールとサム・ゲンデルなのではないか――という「疑惑」が、ネット上で早い段階で立ち上がりました。Clown Core側からもKNOWER側からも特に何もリアクションがないため、真実は宙に浮いた状態ですが、判断材料は多いです。たとえばKNOWERもClown Coreもデビューアルバムの発表が「2010年」であること、手作り編集のMVをアップしていること、動画編集のセンスが似通っていること、MVやアルバムジャケットなどに使用されているフォントの形式がほとんど同一であること、などが挙げられます。また、ルイスが2016年にYouTubeにポストしたサム・ゲンデルとのコラボトラック「Mean It」は、まさにClown Coreのムードに近いシロモノといえます。









「ドラムンベーススムースジャズパンクデスメタルグラインドコアEDM便所デュオ Clown Core」

「Who’s Really Behind the Internet's Favorite New Duo, CLOWN CORE?」
(Midnight Pulp|2018.03.22)




---------------------------------

 以下にKNOWER、ルイス・コール、Clown CoreそれぞれのディスコグラフィとYouTubeアカウントでの投稿履歴を時系列順にまとめました。約10年分の活動を通すと、多少なりとも見えてくるものがあるのではないかと。


▽KNOWER
https://knowermusic.bandcamp.com/
https://www.youtube.com/user/LOUISGENEVIEVE/
▼ルイス・コール
https://louiscole.bandcamp.com/
https://www.youtube.com/user/louiscolemusic/
★Clown Core
https://www.youtube.com/channel/UCDGfxKKI5jew1CrrBrEUMhw



★2008年11月23日。Clown Coreが「Surreal Cereal- Clown Core」「Delmax Seefbecq-Clown Core」「I Ate A Luna Bar and My Dick Fell Off- Clown Core」「Softcore Viewing Party- Clown Core」「You Have Cankles- Clown Core」を投稿。

https://youtu.be/ThqjMOaWdQo
https://youtu.be/mTSFiS8xxTY
https://youtu.be/DvRoDd6xP-I
https://youtu.be/qR-gwV47zus
https://youtu.be/Um7g132Jz2E

★2009年10月4日。Clown Coreが「I ATE A LUNA BAR AND MY DICK FELL OFF」を投稿。
https://youtu.be/NnZ73uLyTCs

★2009年10月24日。Clown Coreが「Coming Soon from Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/34atIQ8xWY0

★2009年11月1日。Clown Coreが「surreal cereal - clown core」を投稿。
https://youtu.be/WikTUu62K5g

★2009年11月20日。Clown Coreが「pizza party - clown core」を投稿。
https://youtu.be/ojMkw6lZ-PY

★2009年12月16日。Clown Coreが「brendan fraser - clowncore」を投稿。
https://youtu.be/q7vewpiZ9bo

★2009年12月20日。Clown Coreが「deck the hall - clowncore」を投稿。
https://youtu.be/TiFqTkI7fU4

★2010年1月6日。Clown Coreが「Delmax Siefbecq - clown core」を投稿。
https://youtu.be/AT17aoAJIDk

★2010年1月27日。Clown Coreが「circus - clown core」を投稿。
https://youtu.be/Wz6n90ui_mA

▼2010年2月9日。ルイス・コールが1stアルバム『Louis Cole』をリリース。


▽2010年2月26日。KNOWERが「3 (Britney Spears cover)」を投稿。
https://youtu.be/5WwSNBJpB0Y

★2010年3月1日。Clown Coreが1stアルバム『Clown Core』をリリース。
Clown Core
Clown Core
posted with amazlet at 18.07.18
Clown Core (2010-03-01)
売り上げランキング: 69,889

★2010年3月13日。Clown Coreが「CLOWN CORE CD」を投稿。
https://youtu.be/li6GtzSAzQU

▽2010年4月26日。KNOWERが「Justin Bieber Baby」を投稿。
https://youtu.be/o5NZwcSsK8I

▽2010年5月16日。KNOWERが「Window Shop」を投稿。


▼2010年5月27日。ルイス・コールが「Louis Cole Plays Some Drum N' Bass」を投稿。
https://youtu.be/lj10_Br86iI

▼2010年6月20日。ルイス・コールが「It's So Easy - by Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/WaZdQYJSu8o

▽2010年6月21日。KNOWERが「Cloudwalker」を投稿。
https://youtu.be/dinSVoCO14E

▽2010年7月5日。KNOWERが「Like a Storm - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/Z2MqLfY5JLw

▽2010年10月1日。KNOWERがデビューアルバム『Louis Cole and Genevieve Artadi』をリリース。


▽2010年10月14日。KNOWERが「The Mystery of a Burning Fire - KNOWER feat. Sam Gendel」を投稿。
https://youtu.be/ixIhiFgbVfo

▼2010年11月9日。ルイス・コールが「You Will See」を投稿。
https://youtu.be/X6JJiO8WbXE

▽2010年11月24日。KNOWERが「All I Want [TRON] - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/e63hGRwufvo

▼2010年12月2日。ルイス・コールが「Mario Kart Rap - Volvo Mafia」を投稿。


▼2010年12月5日。ルイス・コールが「KNOWER Live in downtown LA (12/10/10)」を投稿。
https://youtu.be/TUpGLeEVSXI

▽2010年12月16日。KNOWERが「Trust The Light - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/GwE3METL7Y0

▼2011年1月3日。ルイス・コールが「Like a Match - Jack Conte (by Louis Cole)」を投稿。
https://youtu.be/yLMWKb6iYoo

▽2011年2月9日。Louis Cole and Genevieve Artadi & Pomplamoose「It Goes On」リリース。
https://itunes.apple.com/us/album/it-goes-on/419403322

▽2011年2月21日。KNOWERが「It Goes On - KNOWER ft. Pomplamoose」を投稿。


★2011年3月12日。Clown Coreが「Get To Know Me - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/CzmsLYxX37c

▽2011年3月15日。KNOWERが「Say What You Say ft. Sammy Stephens [Fleamarket Montgomery] - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/2LgvX-Kjr40

▼2011年3月22日。ルイス・コールが2ndアルバム『2』をリリース。


▼2011年3月24日。ルイス・コールが「Clouds - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/w3Rr4xIUYr4

▼2011年4月4日。ルイス・コールがデジタルシングル「Mean It」をリリース。



▽2011年5月25日。KNOWERが「E.T. Katy Perry Cover -- by KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/2zYpMJvHwJ4

▼2011年6月6日。ルイス・コールが「Below The Valleys - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/aMQGWPJLOZ0

▽2011年6月23日。KNOWERが「Before - KNOWER [limited cassette release]」を投稿。
https://youtu.be/MAo2T89Q2bE

▼2011年7月2日。ルイス・コールが「Andre 3000 featuring Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/0mo9dLm3Q6k

▽2011年7月9日。KNOWERが「Ke$ha Blow - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/osJZjTZ7MgM

▽2011年8月23日。Louis Cole and Genevieve Artadi「Gotta Be Another Way」リリース。
https://itunes.apple.com/us/album/gotta-be-another-way-single/459465697

▽2011年8月24日。KNOWERが「Gotta Be Another Way - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/e3lSBgpb6AE

▽2011年11月7日。KNOWERが「2012 SOONER THAN WE THOUGHT?!」を投稿。
https://youtu.be/QtBg2ihbzR8

▽2011年11月26日。KNOWERが「Nero/Skrillex - Promises (cover by KNOWER)」を投稿。
https://youtu.be/PC3kcL37Ivs

▽2011年11月28日。KNOWERが2ndアルバム『Think Thoughts』をリリース。


▽2011年12月1日。KNOWERが「Around」を投稿。
https://youtu.be/kaIUcAVos5Y

▽2011年12月28日。KNOWERが「I Remember - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/cjxvZhl1iC8

▽2012年1月22日。KNOWERが「Paying The Price Now (ft. Tim Lefebvre) - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/NpA0jRjsNio

▼2012年2月7日。ルイス・コールが「New Information on Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/tAaEN9ZnaYE

▽2012年2月8日。KNOWERが「Things About You - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/uUM593qcILE

▽2012年3月26日。KNOWERが「That's Where You Are - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/ORLSD1h3E54

▼2012年4月2日。ルイス・コールが「Skrillex featuring Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/eMMZgLjLxIQ

▽2012年5月17日。KNOWERが「Till The World Ends (Britney Spears) - KNOWER ft. Tim Lefebvre」を投稿。
https://youtu.be/2lVqbCN3m-w

▽2012年9月30日。KNOWERが「KNOWER Show with Mister Barrington」を投稿。
https://youtu.be/j8S7dePC50U

▽2012年10月29日。KNOWERが「KNOWER - THINGS ABOUT YOU Live in LA」を投稿。
https://youtu.be/PQu-xIBL4aI

▽2012年11月12日。Louis Cole and Genevieve Artadi「Dreaming On Forever」リリース。
https://itunes.apple.com/us/album/dreaming-on-forever/578400649

▽2012年11月15日。KNOWERが「Dreaming On Forever - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/YXbB6o9FxG4

▽2013年3月21日。KNOWERが「Whats In Your Heart - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/UFe8M5Xh9-A

▽2013年4月8日。KNOWERが「Stay - Rihanna (KNOWER cover)」を投稿。
https://youtu.be/fpNg66ixG4Y

▽2013年4月23日。KNOWERが「4-29-13」を投稿。
https://youtu.be/EsCCMpR3bx4

▽2013年4月26日。KNOWERが「P.Y.T. Michael Jackson - KNOWER Cover」を投稿。
https://youtu.be/c7z1L8ZXoVA

▽2013年4月29日。KNOWERが3rdアルバム『Let Go』をリリース。


▽2013年5月6日。KNOWERが「Time Traveler - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/itRWssMSuvw

▽2013年6月12日。KNOWERが「Daft Punk-Get Lucky cover (Electronic vs. Live Instruments) by KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/DMfxKYEN_KQ

▽2013年7月24日。KNOWERが「KNOWER - 2013 August tour」を投稿。
https://youtu.be/4ZOdvKrNWeI

▽2013年8月28日。KNOWERが「KNOWER - Burn (Ellie Goulding cover)」を投稿。
https://youtu.be/Xdkou0CxS8I

▼2013年10月17日。ルイス・コールが「Grains of Sand - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/DhVEyLPnHAQ

▽2014年1月29日。KNOWERが「Lady Gaga - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/SkPh8oDzGtg

▽2014年6月25日。KNOWERが「KNOWER's Journey」を投稿。
https://youtu.be/fNTVPPfY_jg

▽2014年7月3日。KNOWERがデジタルシングル「I Must Be Dreaming」をリリース。


▽2014年7月3日。KNOWERが「I Must Be Dreaming - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/MhALRpid_A8

▽2014年7月17日。KNOWERが「KNOWER - 2014 EAST COAST TOUR」を投稿。
https://youtu.be/88AqU8F4p6Q

★2014年8月12日。Clown Coreが「?」を投稿。
https://youtu.be/adBB7MMrKT0

▽2014年8月26日。KNOWERが「Fuck The Makeup, Skip The Shower - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/i1Hu2Ti14Lc

▼2015年4月9日。ルイス・コールが『Louis Cole』の全収録曲を投稿。
https://www.youtube.com/user/louiscolemusic/videos

▽2015年10月2日。KNOWERが「KNOWER RULEZ」を投稿。
https://youtu.be/Iu-CwabLq_I

▽2015年11月4日。KNOWERが「Hanging On - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/kLZJ-0IP9bY

▽2015年11月13日。KNOWERが「KNOWER - europe tour」を投稿。
https://youtu.be/6W7BXpCpHDA

▽2016年1月13日。KNOWERが「ITS TIME - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/Gd2ZsTE3Nt8

▽2016年2月2日。KNOWERが「THE GOVT. KNOWS - KNOWER」を投稿。


▽2016年2月5日。KNOWERが「KNOWER - NOW」を投稿。
https://youtu.be/TcakibFRA0c

▽2016年2月5日。KNOWERが4thアルバム『Life』をリリース。


▽2016年2月11日。KNOWERが「Die Right Now (audio) -KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/nuIUQCZ2Mn8

▼2016年4月4日。ルイス・コールが「Mean It - Louis Cole (ft. Sam Gendel)」を投稿。
https://youtu.be/ly3EJbzRPjc

▽2016年6月22日。KNOWERが「KNOWER SUMMER SHOWZ 2016」を投稿。
https://youtu.be/fgnM2TlQve8

▽2016年7月7日。KNOWERが「KNOWER LIVE - Overtime」を投稿。
https://youtu.be/1SNTHBtWBVE

▽2016年8月1日。KNOWERが「BUTTS T**S MONEY - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/LKS1XSiyGYQ

▼2016年8月22日。ルイス・コールがデジタルシングル「weird part of the night」をリリース。


▼2016年8月22日。ルイス・コールが「Weird Part of the Night」を投稿。
https://youtu.be/glgPZmSwC4M

▽2016年12月18日。KNOWERが「More Than Just Another Try - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/q076unR4U54

▼2017年4月3日。ルイス・コールが「bank account (short song) - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/dAH4zGd_W1s

▼2017年4月5日。ルイス・コールがデジタルシングル「Bank Account」をリリース。


▼2017年4月13日。ルイス・コールがデジタルシングル「Thinking」をリリース。


▼2017年4月13日。ルイス・コールが「Thinking (short song) - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/Q0YvQrrepP4

▼2017年5月15日。ルイス・コールがデジタルシングル「Blimp」をリリース。


▼2017年5月15日。ルイス・コールが「Blimp (short song) - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/8_xaSom3Lro

▽2017年8月7日。KNOWERが「KNOWER RHCP Europe 2017 Tour」を投稿。
https://youtu.be/-DkF62re8D0

▽2017年8月23日。KNOWERが「KNOWER's JOURNEY 2017」を投稿。
https://youtu.be/raQ6bRzHtNI

▽2017年8月25日。KNOWERが「overtime (audio) - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/ZVJigvTWpWA

▽2017年8月29日。KNOWERがデジタルシングル「Overtime (Live Band Session)」をリリース。


▽2017年8月29日。KNOWERが「Overtime (Live Band sesh) - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/GnEmD17kYsE

★2017年9月16日。Clown Coreが「o」を投稿。
https://youtu.be/J2zhjyHMfRQ

▽2017年9月21日。KNOWERが「knower tour promo end of 2017」を投稿。
https://youtu.be/PgxXP_MCMbQ

★2017年10月9日。Clown Coreが「i」を投稿。
https://youtu.be/WWZfdUKkzUY

▼2017年10月13日。ルイス・コールが「Louis Cole in Mexico」を投稿。
https://youtu.be/VFYjGF6pbhY

★2017年11月28日。Clown Coreが「≈」を投稿。
https://youtu.be/rhvvsa8ebCU

▽2017年12月1日。KNOWERがデジタルシングル「Time Traveler (live band sesh)」をリリース。


▽2017年12月1日。KNOWERが「Time Traveler (Live Band sesh) - KNOWER」を投稿。


★2018年3月13日。Clown Coreが「Hell - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/hT7x1NvGf5k

★2018年3月20日。Clown Coreが「Toilet - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/Ugt5MokfO0E

★2018年3月27日。Clown Coreが「Witch Pussy - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/oqeTxiZOuDI

▼2018年3月27日。ルイス・コールが「Your Moon - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/-0sybTpJ3x4

★2018年4月3日。Clown Coreが「Google Your Own Death - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/_Y-lqWAbqCo

★2018年4月11日。Clown Coreが「Truth and Life - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/27k7w0tRUM4

★2018年4月18日。Clown Coreが「Scheduled Diarrhea - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/wgx2PQY8DPs

★2018年4月25日。Clown Coreが「The Area 51 Snack Bar Sucks - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/Io8xRekxGLQ

★2018年5月2日。Clown Coreが「Buy This Album - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/8EB6c3r2q0s

★2018年5月3日。Clown Coreが2ndアルバム『Toilet』をリリース。
Toilet
Toilet
posted with amazlet at 18.07.18
8===D (2018-03-03)
売り上げランキング: 63,098


▼2018年6月28日。ルイス・コールが「When You're Ugly - Louis Cole」を投稿。


▼2018年8月10日。ルイス・コールが3rdアルバム『Time』をリリース。
https://louiscole.bandcamp.com/album/time

2018年7月12日木曜日

2018年上半期フェイバリットアルバム12選

▼JUDAS PRIEST
『Firepower』
ファイアーパワー(通常盤)
ジューダス・プリースト
SMJ (2018-03-07)
売り上げランキング: 1,918

http://camelletgo.blogspot.com/2018/03/firepower-titanicus.html

 メタル火砲、大爆発。クリティカルな快作。そしてクラウディオ・ベルガミンが描きだした火神ティタニカスもまた、入魂の仕事だと思う。『復讐の叫び』の機械鳥ヘリオン、『背信の掟』の機械獣メタリアン、『ペインキラー』の機械人間ペインキラーのメタルクリーチャーの様式を継ぎつつ、新たなるパワーアイコンを創り上げた。



▼DEZOLVE
『PORTRAY』
PORTRAY(ポートレイ)
PORTRAY(ポートレイ)
posted with amazlet at 18.07.12
DEZOLVE(ディゾルブ)
キングレコード (2018-02-07)
売り上げランキング: 24,774

http://camelletgo.blogspot.com/2018/02/dezolve-portray.html

 ジャパニーズ・フュージョンの様式美を叩き込みつつ、メンバーの音楽的素養とフレッシュなイメージで彩っていく、目下急成長中のテクニカル・ジャズ/フュージョン・バンドのメジャーデビュー盤。1曲目からキメのオンパレード。



▼APOGEE
『Higher Deeper』
Higher Deeper
Higher Deeper
posted with amazlet at 18.07.12
LITTLE8 RECORDS (2018-03-21)
売り上げランキング: 9,116

 今回さらに一皮つるんと剥いてきた感のある仕上がり。太いシンセサウンドがジョワーっと染み出すチルウェイヴ・ポップが全開。



▼永谷喬夫
『Heartbeat』
Heartbeat
Heartbeat
posted with amazlet at 18.07.12
永谷喬夫
High Wind (2018-05-30)
売り上げランキング: 1,265

 2010年の解散から8年、今年5月に再結成を果たしたSURFACEの永谷喬夫氏のキャリア初となるソロアルバム。作編曲家やギタリストとしてのこれまでの蓄積が爽やかに花開いた一枚。新たなる門出を寿ぎたい。



▼Ghost
『Prequelle』
PREQUELLE
PREQUELLE
posted with amazlet at 18.07.12
GHOST
SPINE (2018-06-01)
売り上げランキング: 13,506

 バックバンドとの訴訟問題により大きな岐路に立ったパパ・エメリトゥス(トビアス・フォージ)が「カーディナル・コピア」として新生しての第一作。ゴタゴタすらもバンドの世界観に内包してしまうトビアスのセルフブランディング能力の高さ、曇るどころかますます冴えるソングライティング、どこをとっても老獪なプロフェッショナルでありエンターテイナーである。



▼TWRP
『Together Through Time』

http://camelletgo.blogspot.com/2018/06/TWRPtogetherthroughtime.html

 時間と空間を超越するカナダのギャラクティック・エレクトロ・ファンク・バンドであり、NINJA SEX PARTYのソウルメイト。永井博 meets ロジャー・ディーンなジャケットアートも素晴らしい。



▼Cody Carpenter
『Cody Carpenter's Independence』
Cody Carpenter's Interdependence
Cody Carpenter's Interdependence
posted with amazlet at 18.07.12
Cody Carpenter
Blue Canoe (2018-01-26)
売り上げランキング: 412,830

http://camelletgo.blogspot.com/2018/02/codycarpentersInterdependence.html

 ジミー・ハスリップ、ヴァージル・ドナティら強力なプレイヤーを迎えて制作した通算6作目。これまでの活動と、プログレ、フュージョン、ゲームミュージック クロスオーヴァーの集大成的傑作。



▼YAMANTAKA // SONIC TITAN
『Dirt』
Dirt
Dirt
posted with amazlet at 18.07.12
Yamantaka Sonic Titan
Paper Bag (2018-03-23)
売り上げランキング: 376,590

http://camelletgo.blogspot.com/2018/04/yamantakasonictitan-dirt.html

 カナダの “PSYCHEDELIC NOH(能) WAVE OPERA FROM THE BEAST ASIAN DIASPORE” が「ホデノショニ連邦と仏教徒をテーマとする1987年制作の未発表アニメの架空サントラ」をテーマに創りあげた野心的な一撃。



▼田中貴&細野しんいち
『ラーメン大好き田中さんと細野さん』

http://camelletgo.blogspot.com/2018/04/koizumilovesramenOST.html

 サニーデイ・サービスの田中貴氏と、元マグースイムの細野しんいち氏が、曽我部恵一バンドのオータコージ氏やスクービードゥーのマツキタイジロウ兄貴も巻き込んで、とにかくやりたい放題やっている。散りばめられた小ネタやサウンドへのこだわりも素晴らしく、インスパイア系ラーメンならぬインスパイア系サントラの極みがここに。



▼立山秋航
『ゆるキャン△ オリジナルサウンドトラック』
TVアニメ「ゆるキャン△」オリジナル・サウンドトラック
立山秋航
5pb.Records (2018-03-21)
売り上げランキング: 797

http://camelletgo.blogspot.com/2018/04/yurucamp-soundtrack.html

 最良のアウトドア・ミュージック。各キャンプ場のテーマはいずれも尺が5~7分ある力作で、アコースティック・アンサンブルの豊かさも相まって言葉にできない素晴らしさ。



▼高円寺百景
『Dhorimviskha』
DHORIMVISKHA
DHORIMVISKHA
posted with amazlet at 18.07.12
高円寺百景
Magaibutu
売り上げランキング: 82,748

 もはやMAGMAフォロワーなどと言わずとも独自の音世界を構築して久しいバンドの約13年ぶりの新作アルバム。たゆまぬ功夫を積みまくったメンバーによる強靭極まるバンドアンサンブルのとびっきりの「ハレ」の気と、極まった複雑性の織り成す境地は唯一無二でしょう。



▼bitplane
『Alice, Through The Looking-Glass, And What She Found There : A Tribute To "Queen II"』


 アナログレコード+2枚組CD+アートワークポスター+ダウンロードコード全部入りという豪華パッケージといい、「鏡の国のアリス」をテーマに、QUEENの『QUEEN II』をトリビュートした合わせ技といい、すべてに気合の入ったミクスチャー・シンセウェイヴの一大コンセプトアルバム。

2018年7月9日月曜日

2018年上半期フェイバリットトラック&MV 15選

▼DA PUMP「U.S.A.」


 オリジナルはジョー・イエローの1992年のイタロディスコ/ハイエナジーチューン。2018年にこの曲をもってきたのは事務所の社長だったそうで、その大胆なオーダーに見事にこたえ、歌いこなし踊りこなしたDA PUMPの面々も素晴らしい。間違いなく上半期の完全勝利シングルでしょう。カップリングで収録されているm.c.A・T書き下ろしの「Take it Easy」も凄くいいです。



▼Varra ft. blumen「planet stuff」


 vaporwaveを装うチリのDIYジャズ・ロック/フュージョン系マルチプレイヤー「Varra」氏の存在は、今期のひとつの収穫でした。コンパクトな習作インスト集と見せかけて、メロディが光る瞬間がそこかしこにあり、独特のセンスがダダ漏れなMVもろとも才人のオーラがビンビンです。これはルイジアナのピアノインストユニット blumenとのコラボレーション曲。
http://camelletgo.blogspot.com/2018/05/varra.html



▼Clown Core「Truth and Life」


 わざわざ簡易レンタルトイレに楽器を持ち込んで演奏する謎のドラムンベーススムースジャズパンクデスメタルグラインドコアEDM便所デュオ。クラウンコアにはウンコの三文字が含まれている。ウンコ。
http://camelletgo.blogspot.com/2018/03/clowncore.html



▼GRAILKNIGHTS feat. Joakim Broden「Pumping Iron Power」


ドイツのスーパーヒーローメタルバンド GRAILKNIGHTSの4年ぶりの新作アルバム『Knightfall』より、SABATONのヨアキム・ブローデンがゲストで参加した曲のMV。わざわざ3パターンで表現されるヨアキムの存在感がズルい。メタルヨアキムは商品化すればよろしいのではないか。



▼KINO「Grey Shapes on Concrete Fields」


 ジョン・ミッチェルとピート・トレワヴァスが一緒にスタジオ入りしたり、2005年作『Picture』のリマスター再発盤が出たりと、昨年から再編フラグが立っていたKINOの13年ぶりの新作アルバム。この13年でミッチェルのFROST*、IT BITESへの加入や、ソロプロジェクトLONELY ROBOTの活動立ち上げなどを経たこともあってか、以前よりだいぶコッテリしましたが、この曲は抜きんでて印象的でした。



▼林瑪黛/MATELIN「嗨 單細胞」


 台湾のエレクトロ・ポップ/トリップホップ・バンドが2017年12月にリリースした2ndフルアルバム『嗨!又相遇了』の収録曲のMV(アップロードは今年3月)。これに限らず、彼らのジャケットアートワークやMVはクオリティが軒並み高く、ため息が出るほど素晴らしいです。
http://camelletgo.blogspot.com/2018/01/ma-te-lin.html



▼国府達矢「薔薇」


 世の中には一発で空気をズバッと変えてしまう曲がありますが、国府氏の15年ぶりの新作ソロアルバム『ロックブッダ』の冒頭を飾る「薔薇」もまた間違いなくその類です。これまでの空白を一気に埋めるかのように、年内にさらに3枚のアルバムをリリース予定だそうですが、その先ぶれとしても申し分のない一曲。



▼Seventh Wonder「Victorious」


 10月リリース予定の新作アルバム『Tiara』の収録曲。こんなにも先行公開曲らしい曲をリリースの半年前に教えてくれるなんて、粋なことしてくれるじゃないですか。"We will be victorious. In the blink of an eye we ascend to the sky. Glorious. Victorious."のパワフル&キャッチーなライン、最高。



▼M・M・Keeravaani「My Faith My Mentor」


 今年1月から約2か月にわたってEP形式でオフィシャルアップロードされてきた「バーフバリ」劇伴トラック。3月4日付でリリースされたスコアEP第10弾をもってついに完結。「王の凱旋」のエピローグを飾ったこの6分半のスコアは噛み締めたくなるくらいいい曲だし、冒頭との連環的共鳴を否応なく喚起させてくれるのも素晴らしいし、バーフバリという作品の「静」の側面を象徴する一曲だと思います。
http://camelletgo.blogspot.com/2018/01/baahubali-music-complete-guide.html



▼RIOT V「Heart of a Lion」


 ジョニー軍団一斉蜂起ジャケともども素晴らしかったRIOT Vの新作アルバム。納得の珠玉チューンでラストまで爆走していくなかで、中盤のこの曲が一際ガツンと効いてくる。



▼THE NIGHT FLIGHT ORCHESTRA「Lovers In The Rain」


 SOILWORK、ARCH ENEMY、MEAN STREAKの面々によるメロディック・ハード・ロック・バンドであり、もはやサイドプロジェクトとは思えぬスピード感でアルバムを制作しているナイトフライトオーケストラの新作アルバム『Sometimes The World Ain't Enough』からのMV、《「グラフィックノベル風リリックビデオ」風の80'sジュヴナイルなMV』》という、ちょっと入れ子みたいな趣向で素晴らしい。



▼Roy Khan「For All」


 燃え尽きからの復帰を果たし、さらにCONCEPTIONの再結成を宣言したロイ・カーンがYouTubeに投稿した7年ぶりの「新曲」。シンプルなトリオ編成での染みるバラードで、ロイのヴォーカルはやはり凄いと改めて思わせてくれます。



▼NINJA SEX PARTY「Orgy for One」


 デジタルシングル。キャッチーな歌メロ、華麗なハーモニーで乱交パーティーについて歌っている……のかと思いきや、乱交パーティーの妄想でシコっている男の歌だった。

It’s not just masturbation it’s an orgy for one
It’s a fuckin’ celebration it’s an orgy for one
Sixty nine Without the nine
Now pour the wine
I’m mine all mine



▼Louis Cole feat. Genevieve Artadi「When You're Ugly」


 異才奇才変態超人ルイス・コールの7年ぶりの新作ソロアルバム『Time』から、ジェネビーブ・アルタディー参加の先行シングル。実質KNOWERである。両脇を固めるちんぽマスクパーソンがまぶしい。ちんぽ。



▼ミソシタ「ミッドナイト・ファイティングブリーフ」


 突如として出現したバーチャルyoutuberポエムコア。しかし、その中の人は以前から知っていた。彼のかつてのインタビューから数年あまり、耕してきた土壌にスケベとヴァーチャルが噛み合って、ついにアセンションしてしまった。なので、この曲はマジでクリティカルというか、ついに赤玉を出してしまったくらいの到達がある。一方でこれは始まりであり、こっからがdope。

2018年7月5日木曜日

フォトンドリヴン世界救済RPG「メギド72」のBGMについて



 2017年12月より配信されている、DeNA、メディア・ビジョンの共同開発によるiOS/Androidアプリゲーム“フォトンドリヴン世界救済RPG”こと「メギド72」。弦楽四重奏をフィーチャーした楽曲がそろっており、素晴らしいクオリティであります。コンポーザーは、同じくDeNA/メディア・ビジョンの開発によるiOS/Androidアプリゲーム「マジック&カノン~ソロモンヘルムの謎~」(2013~2015)のBGMも手がけられた寄崎諒氏。「マジック&カノン」のサービスは2015年11月30日をもって終了しているものの、寄崎氏による楽曲はファミ通APPの記事で「ミニニン族の伝説」(タイトル)「忘れられし種族の森」(フィールド)「小さな勇気」(バトル)「栄光に包まれて」(クリスマスイベント限定BGM)の4曲がアーカイヴ公開されています。この頃からサントラ化の要望が寄せられていたというのも納得のクオリティ。そしてこちらでもヴァイオリンは生演奏であり、「メギド72」のレコーディングにも参加されている酒井奈央さんが担当されております。




「サントラ化の要望多数 『マジック&カノン』のBGMを大公開!!」
(ファミ通APP|2013年12月13日付)


「メギド72」ゲーム中のアジト画面の左上にある歯車マークから「各種規約」→「クレジット」で、ゲームスタッフ一覧を見ることができるのですが、楽曲のレコーディングに参加された十数名の演奏協力者の名前も明記されています。演奏者はもとより、コンポーザー名が非公表のゲームも多いだけに、こういった気配りはとてもありがたいですね。また、ヴァイオリニストの菊地萌子さんのブログに、レコーディング時の話などが書かれています。弦楽四重奏のレコーディングは2017年6月末に3日に分けて行われたようです。


「ゲーム音楽の録音♪」(2017年6月24日付)
「ゲーム音楽の録音 最終日♪」(2017年7月2日付)
「【メギド72 】メギドの日!演奏動画の公開♪公式が弾いてみた/レコーディング/BGM」(2018年7月2日付)

「メギド72【演奏協力】」

《フルート、ピッコロ、リコーダー》
末松明葉

《サックス》
倉持望

《ボーカル、劇中歌》
金田有紀子
寄崎知絃(兼作詞)

《ピアノ》
宮本小菜実

《ドラム、パーカッション》
市川心之輔

《バイオリン1》
酒井奈央(バイオリンソロ)
高木早紀

《バイオリン2》
菊地萌子(バイオリンソロ、兼ヴィオラ)
平野亜衣

《ヴィオラ》
石川可奈子
大辻ひろの
白川深雪

《チェロ》
冨田千晴


 ヴォーカル(コーラス)で参加されている金田有紀子さんは、A応Pのアルバム『A応P』(2016)収録の「Beyond the Games」、春奈るなのアルバム『LUNARIUM』(2017)収録の「Fly Me to the Moon」、福原遥×戸松遥 のシングル「It's Show Time!!」(2018)のB面曲「Try」などで共同作曲者として名前を確認できます。また、寄崎知紘さんは商業映画への楽曲提供や演奏団体への編曲活動のほか、GHRIAN STUDIO開発によるPCゲーム「Ghrian」(2015)、iOS/Androidアプリゲーム「OrderlyStrife」(2016)などのコンポーザー歴があります。「マジック&カノン」のレコーディングにも参加された酒井奈央さんは、宮本小菜実さんと「Duo Le Toit Bleu」というヴァイオリン&ピアノ デュオユニットを組んで活動されています。









「メギドの日」である7月2日付で、『メギド名曲コレクションVol.1』として公式サイト内のページでゲーム第2章までの楽曲の無料ダウンロードが可能となったほか、楽曲のレコーディングに参加された演奏者による「弾いてみた」動画も続々とアップロード(2018年7月4日時点で8曲)されており、なおかつゲーム中とは異なるアレンジで聴くことができるという心憎い趣向。公式、太っ腹です。





 寄崎氏のゲーム以外の楽曲について。「サウンド・クリエイター・オブ・ザ・イヤー」は、2013年より毎年開催されている公益財団法人日本音楽教育文化振興会主催のコンテストですが、その2016年度のファイナリストに寄崎諒氏が選出されており、応募曲「明鏡止水」は、団体の公式YouTubeアカウントで聴くことができます。同年度の課題は「架空のテレビアニメのための音楽」。「幕末をモチーフにしたアニメのテーマ音楽を想定し作曲しました。劇中でも展開しやすいように様々な曲調に変化していきます」とは、同曲に寄せられた寄崎氏のコメントです。テーマ/モチーフのヴァリエーションということでは、「メギド72」開発者コメントリレーの寄崎氏のコメントでも、メインテーマ「ソロモン王の伝説」の主旋律を分解して様々な曲に展開しているという言がありました。編曲の妙は、やはり氏の得意とするところなのでしょう。また、同年度は寄崎知絃さんもファイナリストに選出されています。




サウンド・クリエイター・オブ・ザ・イヤー2016

----------------------------




「メギド名曲コレクションVol.1」(2018年7月2日付)
「公式が「メギド72」の楽曲を弾いてみた」(2018年7月2日付)


「ソロモン王の伝説~魔を統べる少年」
宮本小菜実(piano)

「追放アッパーグラウンド」
菊地萌子(violin)
宮本小菜実(piano)

「常連のグラス」
菊地萌子(violin)
宮本小菜実(piano)

「化身舞闘~紅の一戦」
菊地萌子(violin)
宮本小菜実(piano)

「辺境の剣」
末松明葉(flute)
寄崎知絃(melodica)
市川心之輔(tambourine)
山内悠里佳(saulharp)

「紋章に誓って~踏み出した一歩」
末松明葉(flute)
山内悠里佳(saulharp)
市川心之輔(maracas)

「交差する言霊」
末松明葉(recorder)
寄崎知絃(melodica)
山内悠里佳(saulharp)
市川心之輔(tambourine)

「ソロモン王の伝説~絶望を超えし存在」
末松明葉(recorder)
寄崎知絃(melodica)
市川心之輔(tambourine)

2018年7月2日月曜日

V.A.『みどりのマキバオー まきばで歌合戦』(1997)

まきばで歌合戦
まきばで歌合戦
posted with amazlet at 18.07.02
イメージ・アルバム 犬山犬子 千葉繁 玄田哲章 有馬瑞香
ポニーキャニオン (1997-01-18)
売り上げランキング: 752,322


 1996年3月2日から1997年7月12日にかけて全61話が放送されたアニメ版「みどりのマキバオー」。アニメ後半クールの放送中である1997年1月にリリースされたイメージアルバム。マキバオー(犬山犬子)、チュウ兵衛(千葉繁)、カスケード(玄田哲章)、ミドリコ(有馬瑞香)のキャラクターソングを8曲収録。なお、犬山さんのアニメ声優デビュー作です。

 本作の作編曲陣を見てみると、前年に一度解散を迎えた《すかんち》のローリー寺西&小川文明。泉谷しげるのバックバンドから発展した《ラストショウ》の徳武弘文。QUEENのトリビュートバンド《GUEEN》のメンバーであり、OVA「うしおととら」「装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端」の主題歌/挿入歌のヴォーカリストであった井口慎也。80年代に井上鑑、立川直樹、土屋昌巳、松武秀樹を迎えて3枚のシンセ・ポップアルバムを発表したシンガーソングライターを経て、職業作曲家へ転身した山口美央子。80年代に3枚のアルバムを残し、「ボーンフリー・スピリット」のヒットで知られるロックバンド《ロブバード》の柴野繁幸と、かなりユニークな顔ぶれです。さらに、PSY・Sが正式解散して間もないころのCHAKAが作詞提供&コーラス参加されているのも興味深いところ。彼女は同年11月にアルバム『Delicious Hip』でソロデビューされます。

 マキバオー単体のキャラソンは3曲ありますが、犬山さんが2つの声色を駆使して歌う「君よ風になれ」は、すかんちコンビが思いっきりアイドル歌謡に寄せた一曲。続く「リンゴは王様」は、徳武弘文氏の得意とするカントリーサウンドによる軽快な一曲。ここでは犬山さんは作詞も担当されています。チュウ兵衛のキャラソンである「チュウ兵衛初恋指南」は、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ ヨコハマ ヨコスカ」のパロディ曲。とにかくしゃべりまくり歌いまくる千葉繁氏のパフォーマンスもノリに乗っており、ある種の真骨頂です。ミドリコのキャラソン「Prayer」は山口美央子さん作曲のスローバラード。ちなみにこの時期の山口さんは、篠原恵美さんのアルバム曲を数多く手がけられています。カスケードの2曲のキャラソンのうち、「夢にむかってGo!」は井口慎也作曲/徳武弘文編曲による、アツいオルガンソロとギターソロ入りのサーフ・ロック チューン。紫野繁幸作曲/神津裕之編曲による「Number One~ハロンの殺しや~」は、アーバン・コンテンポラリー調。そしておそらくはQUEENの「We Will Rock You」もいくらか下敷きにあると思われます。


----------------------------

『みどりのマキバオー まきばで歌合戦』
[メディアレモラス|1997.01.18|PCCG-00386] 


01. 君よ風になれ
(作詞:CHAKA/作曲:ローリー/編曲:小川文明/唄:マキバオー【犬山犬子】)

ローリー(guitar)
小川文明(keyboard)
北岡徹也(synthesizer)
CHAKA(chorus)


02. リンゴは王様
(作詞:犬山犬子/作編曲:徳武弘文/唄:マキバオー【犬山犬子】)

徳武弘文(guitar & synthesizer)
尾崎孝(pedal steel)
有田純弘(banjo)
六川正彦(bass)
三浦メザシ晃嗣(drums)
増田俊郎(keyboards)


03. チュウ兵衛初恋指南
(作詞:三浦晃嗣/作編曲:矢田部正/唄:チュウ兵衛【千葉繁】)

矢田部正(synthesizer)
北村晃(guitar)


04. 夢にむかってGo!
(作詞:三浦晃嗣/作曲:井口慎也/編曲:徳武弘文/唄:カスケード【玄田哲章】)

徳武弘文(guitar & synthesizer)
星川薫(guitar)
六川正彦(bass)
三浦メザシ晃嗣(drums)
増田俊郎(keyboards)


05. Prayer
(作詞:CHAKA/作曲:山口美央子/編曲:徳武弘文/唄:ミドリコ【有馬瑞香】)

徳武弘文(guitar & synthesizer)
尾崎孝(pedal steel)
六川正彦(bass)
三浦メザシ晃嗣(drums)
増田俊郎(keyboards)


06. Number One~ハロンの殺しや~
(作詞:矢野開三/作曲:紫野繁幸/編曲:神津裕之/唄:カスケード【玄田哲章】)

神津裕之(synthesizer)
関淳二郎(guitar)
紫野繁幸(chorus)


07. パッといきましょ
(作詞:小杉雅之/作曲:野田晴稔/編曲:島田昌典/唄:マキバオー【犬山犬子】)

島田昌典(synthesizer)
飯室博(guitar)


08. み・ん・なの唄
(作詞・作曲:野田晴稔/編曲:神津裕之/唄:マキバオー【犬山犬子】、チュウ兵衛【千葉繁】、カスケード【玄田哲章】、ミドリコ【有馬瑞香】)

神津裕之(synthesizer)
関淳二郎(guitar)
野田晴稔、CHAKA(chorus)


Produced by 大川正義
Directed by 久永俊一、小杉雅之






----------------------------

2018年7月1日日曜日

岩代太郎『みどりのマキバオー オリジナルサウンドトラック』(1996)

みどりのマキバオー オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ MEN’S 5 F・MAP
メディアレモラス (1996-05-17)
売り上げランキング: 336,135


 1996年3月2日から1997年7月12日にかけて全61話が放送されたアニメ版「みどりのマキバオー」のサウンドトラック。コンポーザーは岩代太郎氏。キャリア初期の担当作品のひとつであります。1991年春に東京藝術大学大学院修士課程を修了するとともに、シルクロード国際管弦楽作曲コンクールに応募したソプラノ・サックスとオーケストラの為のコンチェルト「To The Farthest Land Of The World/世界のいちばん遠い土地へ」が最優秀賞を受賞。同年4月~5月に放送されたNHKスペシャル「ファッションドリーム」の音楽監督に起用され、劇伴作曲家デビュー。映画では「課長島耕作」(監督:根岸吉太郎/1992)、「あした」(監督:大林宣彦/1995 ※音楽は學草太郎と連名)。テレビドラマでは「君といた夏」(1994)、「東京SEX」「沙粧妙子~最後の事件~」(1995)の劇伴を手がけ、1994年4月にはファンハウスよりアルバム『It's』でソロアーティストとしてもデビュー。また、同作を起点(001)として、以降にCDパッケージ化された作品には「its」という独自のナンバリングが振られており、氏の公式サイトで一覧としてまとめられています。

「みどりのマキバオー」は、岩代氏のアニメ劇伴キャリアでは2作目にあたる作品(1作目は「H2」)。ヴァイオリンやエレクトリック・ギターをフィーチャーしたクロスオーヴァー色も強めの軽快な内容に仕上がっています。クライズラー&カンパニーもかくやという切れ味の鋭いフュージョン・インスト「根性の馬・ミドリマキバオーのテーマ」のメインモチーフはたびたび変奏され、とりわけ印象的なものは「みどり牧場の日々」でのパット・メセニー・グループを思わせるコーラス入りのアレンジ。また、ハードなギターのバッキングの上をサックスが吹き抜ける「最強のライバル・カスケードのテーマ」は見事にキャラの立ったサウンドになっています。ライナーノーツには岩代氏の半ば赤裸々なエッセイ感のあるコメントが掲載されているところもちょっとしたポイントです。

 余談ですが、岩代氏は90年代末ごろから映画音楽方面に活動の軸を大きく移していくこともあり、「みどりのマキバオー」の後、“テレビシリーズの”アニメ劇伴からはしばらく離れることになります。テレビアニメ作品で再び氏の名前が見られるようになるのは、「翠星のガルガンティア」(2013)から。また、「みどりのマキバオー」の放送から十数年後、2010年に岩代氏は中央競馬の本馬場入場曲を手がけられ、それらの楽曲はEP『Road to Glory ~岩代太郎 本馬場入場曲(JRA GI・GII・GIII)』(2012)としてリリースされています。さらに岩代氏は、2018年4月から6月にかけて放送されたアニメ「ウマ娘プリティーダービー」の音楽プロデュースを担当されています(サウンドトラックは2018年8月リリース)。キャリアの初期から現在に至るまでの断続的な馬との縁といいますか、なかなかに感慨深いものがあります。


Road to Glory ~岩代太郎 本馬場入場曲(JRA GI・GII・GIII)~
岩代太郎
avex trax (2012-04-18)
売り上げランキング: 73,773


http://www.its-club.com/

----------------------------
『みどりのマキバオー オリジナルサウンドトラック』
[メディアレモラス|1996.05.17|MRCA-20089] 

01. 走れマキバオー
(作詞:池田謙吉/替え歌:大田一水/作曲:池田謙吉、前田伸夫/編曲:石川鷹彦/歌:F・MAP【福井謙二、三宅正治、青嶋達也】)

02. ファンファーレI
03. 根性の馬・ミドリマキバオーのテーマ
04. みどり牧場の夕陽
05. 修行への旅
06. 最強のライバル・カスケードのテーマ
07. 別離
08. ファンファーレII
09. 牧場の夢
10. 対決のプロローグ
11. ミドリコの想い出
12. 源次郎と昌虎
13. 牧場の夢
14. モンゴルの想い出
15. 母との再会
16. ファンファーレIII

17. とってもウマナミ
(作詞:淡谷三治/作曲:盆帆n'太郎、淡谷n'次郎/編曲・歌:MEN'S5)

All Tracks-Sound Produced, Composed, Orchestrated, Arranged and Conducted by 岩代太郎 for It's 021(except track 1, track17)

Produced by 大川正義(メディアレモラス)
Directed by 久永俊一(エバーフォーミュージック)、山内毅
Recorded & Mixed by
高橋寧(ファームスタジオ)
佐藤晴彦(テイクワンスタジオ)[track 1]
伴野滋彦(ハートビートスタジオ)[track 17]


走れマキバオー(原曲:走れコータロー) /とってもウマナミ  Single
F・MAP(フマップ)、Men's5
ポニーキャニオン
売り上げランキング: 287,357


▼オープニングテーマは当時フジテレビアナウンサーだった福井謙二、三宅正治、青嶋達也の3人によるユニットF・MAP(フマップ)の「走れマキバオー」(ソルティ・シュガー「走れコウタロー」のカヴァー/替え歌)。エンディングテーマは近田春夫&ビブラトーンズの元メンバー擁するMEN'S 5の「とってもウマナミ」。






----------------------------