2018年9月17日月曜日

GABRIELS『Fist of the Seven Stars Act 2 - Hokuto Brothers -』(2018)




 イタリアのメタル・オペラ・プロジェクト GABRIELS「This is a Rock-opera dedicated and freely adapted from "Hokuto no ken" by Tetsuo Hara and Buronson!!!」と宣言し、「北斗の拳」をトータルコンセプトに据えて打ち出した〈Fist of the Seven Star〉シリーズ。その第一弾アルバム『Fist of Steel』がリリースされたのは2016年2月のことでした。イタリアのヘヴィ・メタル・バンドと北斗の拳の親和性は高く、過去にはHIGHLORDが「TOUGH BOY」を、DGMが「愛をとりもどせ!」をそれぞれカヴァーしていますが、アルバム単位で北斗の拳にトリビュートを捧げたのは彼らが初でしょう。「ヴォーカル・キャスト」としてケンシロウパートを担当する「Wild Steel」はCRIMSON GLORYのミッドナイトを想起させる仮面をつけた非常に怪しい風貌(過去にはCRIMSON GLORYのトリビュート企画に参加していたとのこと)ながら、エモーショナルな実力派です。





 GABRIELSの中心人物は、イングヴェイ・マルムスティーンを敬愛するキーボーディスト/コンポーザーのゲイブリエルズ・シロー。2009年に3枚のシングル/EPをリリースした後、DENIEDやMetaphysicsなどのメタルバンドのスタジオワークをこなしつつ、2010年に『The Legend of a Prince』をリリース。一方で自身のレコーディングスタジオ「Soundimension Records」を立ち上げたことでプロジェクトとしての活動もより本格化し、2013年リリースの『Prophecy』ではマーク・ボールズをはじめ十数名のミュージシャンが参加、『Fist Of the Seven Stars Act 1 - Fist of Steel -』でもBARE INFINITY、DARKEST SINS、DRAKKAR、PLATENS、METATRONE、DARK AVENGER、METAPHYSICS、VISION DIVINEのメンバーを含む6人のヴォーカリストと7人のギタリストを迎えるなど、アルバムを重ねるごとにパワーアップしています。





 そして今年8月末、第二弾となる『Hokuto Brothers』がリリースされました。アルバムジャケットは北斗の寺院の仏堂です。前作は「シン編」をベースにした内容で、ヴォーカルキャストはケンシロウ、シン、ユリア、ジャギの4人でしたが。本作は「牙一族編」から「拳王侵攻隊編」までのストーリーがベースとなっており、レイ、マミヤ、トキ、ウイグル獄長、アミバ、ラオウ、アイリ、牙大王(Cobra Boss)のヴォーカルキャストが追加されています。つまり、ヴォーカリストだけで10人。さらに9人のギタリスト、各5人のベーシストとドラマーが名を連ね、本プロジェクト始まって以来最大規模の編成となっています。GABRIELSのネオクラシカルサウンドは、スピードメタルチューンよりもタメの効いたミドルテンポの楽曲に真髄があり、それが如実に味わえるのは「Scream My Name」「I'm A Genius」の2曲。曲名で一目瞭然ですが、ジャギとアミバのイメージソングです。泣きのギターソロとキーボードソロがこれでもかとダメ押しするドラマティックなツインヴォーカル曲になっており、二人の「悪」に対するゲイブリエルズ氏からの手向けの花というか、惜しみのない愛すら感じさせる仕上がり。また、カサンドラでのケンシロウとトキの再会のシーンにあたる「Reunion」はピアノソロをフィーチャーした本作のハイライトといえる劇的なパワーバラード。トキのヴォーカルキャストであるPLATENSのダリオ・グリッロのエモーショナル極まる歌唱が素晴らしいの一言です。




 前作ではTOM☆CAT「TOUGH BOY」のオマージュを込めた楽曲を配していましたが、本作ではラストにボーナストラックとして1986年の劇場版北斗の拳の挿入歌であった、KODOMO BANDの「Heart of Madness」をカヴァーしています。子供ばんどのハードロックバラードの魅力を改めて認識させてくれる見事なカヴァーです。原作に対する徹頭徹尾のリスペクトが、ジャケット、ストーリー、ボーナストラックに至るまでみなぎり、まさに愛で空が落ちてくるレベルで極まった入魂作。


https://www.facebook.com/GabrielsOfficial/
https://www.youtube.com/user/TheGabriels/

2018年9月16日日曜日

VICTORIUS『Dinosaur Warfare - Legend of the Powersaurus』(2018)

Dinosaur Warfare - Legend Of The Power Saurus
VICTORIUS
RADTONE MUSIC (2018-07-11)
売り上げランキング: 82,201


 ジュラシック・パワーメタルというとフィンランドの着ぐるみバンドHEVISAURUSが思い起こされるが、ドイツ・ライプツィヒ出身のVICTORIUSは先史時代の恐竜の深刻な時代に生まれたバンドであり、神聖なるダイナフォースとともに世界を邪悪な外来侵略から救うことができる5人の狂人からなるジュラシック・パワーメタルバンドだ(公式サイトにもしっかりそう書いてある)。2004年の結成後、デモ音源の制作を経て、2010年に自主制作による1stアルバム『Unleash The Titans』を発表。2013年にSonic Attack Recordsと契約し、2ndアルバム『The Awakening』をリリース。翌2013年にはマーキー/アヴァロンより日本デビュー。2014年には3rdアルバム『Dreamchaser』、2017年にはMassacre Recordsに移籍し『Heart of the Phoenix』を発表。アルバムプロデュースはメジャーデビュー時から一貫してFREEDOM CALLのギタリスト ラーズ・レトコウッツが務めており、もとよりHELLOWEENとGAMMA RAYの強い影響下にある彼らのサウンドをさらに正統派メロディック・スピードメタルたらしめている。本作『Dinosaur Warfare』はバンド初のEP。Fabtoneからリリースされた日本盤は『Heart of the Phoenix』から4曲(「Shadow Warriors」「Hero」「Heart of the Phoenix」「Empire of the Dragonking」)をボーナストラックとして収録しているためにフルアルバムのヴォリュームとなっており、変則的構成ながらちょっとしたお得アイテム感がある。
http://www.fabtone.co.jp/release/detail/id/125/





 FREEDOM CALLは2016年作『Master of Light』のオープニングトラックで「Metal is for Everyone(メタルはみんなのものだ)」と高らかに歌い上げていたが、『Dinosaur Warfare』もまさにメタルはみんなのものだといわんばかりの快作。数百年万年前に行われた恐竜と地球外生命体の聖戦という、パワーワードならぬパワー設定をパワーメタルと相乗させて真正面から叩きつけてきており、歯をレーザーキャノンに換装したサーベルタイガー改めレーザータイガーや、スピードと爪を改良し赤外線サイボーグの目を持つ超高速暗殺者/恐竜忍者になったヴェキロラプトル改めレーザーブレードラプターに思いを馳せるほかなくなる。そして口に出すと如実にわかるのだが、「Dinosaur Warfare」のリリックは一字一句無駄がない。古来ジャーマンメタルの血流をハイテクのレーザーを持つダイナソーファンタジーとしててらいなくブツけており、二重の意味で大恐竜時代の逆襲感がある。





「Lazer Tooth Tiger」は、GAMMA RAY「Man On A Mission」みたいだという指摘も見かけたが、むしろHELLOWEENの「Guardians」という気もするし、ジャーマンメタル勢はこのメロディーラインが好きすぎるだろうとも思うし、脈々と継承されてる感がある。そして「Legend of the Powersaurus」には「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」のテーマのオマージュがあからさまに入っている。恐竜戦隊ジュウレンジャーをベースにパワーレンジャーが誕生したのだから、ジュラシック・パワーメタルバンドとパワーレンジャーが接続されるのも当然という気はする。しかしそんな四方山話もジュラシック・パワーメタルの前では瑣事に過ぎない。偉大なるダイナフォースを感じろ。大恐竜時代の新たなる到来だ。

http://www.victoriusmetal.net/
https://www.facebook.com/victoriusmetal

2018年8月31日金曜日

リリース情報・備忘録 2018年8月























































































2018年8月1日水曜日

7月25日発売のミステリマガジン2018年9月号に、ミステリ&音楽コラム第2回「Ghost and Osiris」を寄稿いたしました



 7月25日に発売されたミステリマガジン2018年9月号(特集:“ミステリ考最前線”)に、ミステリ&音楽コラム「ミステリ・ディスク道を往く」の連載第2回「Ghost and Osiris」が掲載されております。今回は、同号の小特集「幻想と怪奇」の方向に寄せて、2つのバンドを紹介しています。昨年、バンドを包んでいた謎のヴェールがまさかの形で脱げてしまったスウェーデンのドゥーム・ポップ・バンド Ghostと、数々の怪奇小説・映画からの影響をとり込んだイギリスのサイケデリック・プログレ・バンド The Osiris Clubです。どちらも今年、注目の新作をリリースしております。The Osiris Clubのアルバム『The Wine-Dark Sea』のキーワードとなるのは、イギリスの怪奇小説作家、ロバート・エイクマン(1919~1981)。また、Ghostの中心人物であるトビアス・フォージが“パパ・エメリトゥス”改め“カーディナル・コピア”として「新生」して放ったアルバム『Prequelle』は、トビアスの揺るぎのないポップセンスとプロフェッショナルぶりが遺憾なく発揮された快作。どちらも強くおススメいたします。








【ミステリマガジン2018年9月号目次】
http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013940/

 また、本特集の方で、以前に早川書房公式noteに寄稿しました、エイドリアン・マッキンティ『コールド・コールド・グラウンド』の拙レビューが再録されております。トム・ウェイツの同名曲からタイトルをとった、アイルランド発の警察小説でございます。こちらもどうぞよろしく。


コールド・コールド・グラウンド (ハヤカワ・ミステリ文庫)
エイドリアン マッキンティ
早川書房
売り上げランキング: 247,087





《ミステリマガジン 2018年9月号》

【honto】
https://honto.jp/netstore/pd-magazine_29155028.html

【Amazon】
https://www.amazon.co.jp/dp/B07D57WC74

【楽天ブックス】
https://books.rakuten.co.jp/rb/15554223/



《過去記事》
ミステリマガジン2018年7月号《おしりたんてい&バーフバリ特集》に「バーフバリ音楽ガイド」を寄稿しました&同号よりコラム新連載を始めます

エイドリアン・マッキンティ『コールド・コールド・グラウンド』のレビューを早川書房公式noteに寄稿いたしました

ミステリマガジン2018年1月号「特集:ミステリが読みたい!」に、2017年周辺ジャンル総括記事を寄稿しました

ミステリマガジン2017年11月号「幻想と怪奇 ノベル×コミック×ムービー」にコラムを三本 寄稿いたしました

ミステリマガジン2017年9月号「シャーロック・ホームズ & コリン・デクスター」特集にディスクガイドを寄稿いたしました

ミステリマガジン2017年7月号特集「このミステリ・コミックが大好き」のコミックガイドに参加&コラムを寄稿いたしました

ミステリマガジン2017年5月号【北欧ミステリ特集】に「北欧ミステリDISC SIDE A&B」を寄稿いたしました

2018年7月31日火曜日

リリース情報・備忘録 2018年7月



















































































































2018年7月25日水曜日

Zillion SONIC『S.Q.I.D.』(1998)

 1998年はインディーズ/ヴィジュアル系バンドを数多く紹介していた音楽番組「Break Out」(第1期)が全盛の頃であり、X JAPANのhideが亡くなった年であり、D-SHADE、SEX MACHINEGUNS、PIERROT、Lastierなどがメジャーデビューした年でありました。YASU(安田尊行)氏とHIROSHI(長谷川浩)氏による二人組ユニット Zillion SONICもまた、1998年メジャーデビュー組の一つ。結成前は二人とも別々の活動をしており、"REZY"こと長谷川氏はヘヴィ・メタル・バンド PASSION ROSE(1993年解散)、JAIL BIRDS、祇上養一氏とJOE-ERKの四谷哲臣氏を擁したHARAQED、森川之雄氏率いるTHE POWERNUDEを経て、1996~1997年に黒夢のツアーサポートメンバーとして参加。安田氏は、若木未生の小説「XASZA(ザザ)」のイメージアルバム(1995)へのヴォーカル参加を経て、1996年にFAME(SHOJI[元FIX]、TAKASHI[元DIE IN CRIES]、JUN[元LADIES ROOM]がメンバーに名を連ねていたバンド。後に「HybriD」に改名)の結成に参加、1997年初頭まで同バンドに在籍しておりました。


S.Q.I.D.
S.Q.I.D.
posted with amazlet at 18.07.24
Zillion SONIC
ダブリューイーエー・ジャパン (1998-07-25)
売り上げランキング: 408,546


 1998年2月25日にワーナーミュージックジャパンからシングル「Emerald」でメジャーデビュー。音楽バラエティ番組「ZZZ新橋ミュージックホール」ほか、10のタイアップを獲得するという異例の事象も手伝ってスマッシュヒットを記録。6月25日に2ndシングル「Over Again」を、両シングル曲を収録した1stミニアルバム『S.Q.I.D.』を7月25日にリリースします。アルバム全曲の編曲はZIGGYや黒夢、D-SHADEなども手がける佐藤宣彦氏とバンドの連名。レコーディングサポートにはそうる透氏、関雅夫氏、五十嵐淳一氏、新銅康晃氏が参加。長谷川氏のバリバリにエッジの効いたギターサウンドに、安田氏のエモーショナルなヴォーカルが合わさった作風は、デジロック寄りにしたB'zという趣もありました。それがウルトラキャッチーな形で遺憾なく発揮されたのが「Emerald」です。




 甘酸っぱい佳曲「Livin' For You…」や、"Strawberry Fields Forever"をユニット流に再解釈したような、6分に及ぶミドルバラード「Dream in the Chain」など、ミニアルバムとして十分に手堅い内容として仕上がっていましたが、時流にはフィットしなかったのか大きなヒットには結びつかず、本作が最後のリリースに。その後ライヴ活動を展開(1999年のライヴには、同年1月に無期限活動停止(当時)した黒夢の人時氏や、Lapis Lazuliのリーダー 古道氏がサポートで参加していました)するものの、2000年1月に活動を「休止」。メジャーデビューからわずか2年に満たない活動期間となりました。ただ、その少し後に安田氏・長谷川氏の二人がそろって参加した音源があります。2001年10月にリリースされた、梅沢康博氏プロデュースによるREACTIONトリビュートアルバム『Always On My Mind』収録の「Cool It Down」のカヴァーがそれで、レコーディングメンバーはYASU(vocal)、HIROSHI(guitar)、TOSHI(bass)、KATSUJI(drums)。Zillion SONIC+GARGOYLEのリズム隊というスペシャルな編成でした。


REACTION TRIBUTE ALBUM Always On My Mind
オムニバス BANZAI! 水野松也 MAX SHIGERU NIXX 藤本朗 HIKAGE YASU THE OUTSIDERS 佐々井康雄
バップ (2001-10-24)
売り上げランキング: 155,837


 その後、長谷川氏はスタジオ/サポートミュージシャンやギター講師などで活動。2003年10月には目黒鹿鳴館でPASSION ROSEの一夜だけの復活ライヴにも参加していました。安田氏は作詞・作曲家・プロデューサーとしての活動にシフトし、2005年7月に音楽制作プロダクション「SPACE Y」(現「SPACEY MUSIC ENTERTAINMENT」)を立ち上げ、Folder5やMelody.、TSUKASAなどへの楽曲提供、中国や台湾のアーティストのプロデュースを手がけます。近年はpileのプロデュースで知られ、2007年10月にSPACE Yからリリースされたシングル「Your is All…」以来、現在に至るまで、シングル/アルバムへの作詞提供を行っています。





 Zillion SONICの活動再開の話は現在に至るまでありませんが、2014年にちょっとした動きがありました。安田氏が楽曲のプロデュースを担当し、Pileが主役声優を務め、主題歌を歌っているパチスロシリーズ「シンデレラブレイド」の2において、Zillion SONICの未発表曲「So Sweet Love…」が導入されています。作詞・作曲・ヴォーカルは安田氏。ギターは、もちろん長谷川氏。さらに、人時氏がベースで参加しているというサプライズまでついていました。同曲はコンピレーションアルバム『シンデレラブレイド2 Big Bonus Music』のラストトラックとして収録。当時のYASU氏のブログの記述によれば「20年間以上も 温めすぎていた 幻の1曲」とあるので、ユニットでのメジャーデビュー以前に書かれた楽曲ということになります。


シンデレラブレイド2 Big Bonus Music
V.A.
日本コロムビア (2014-06-04)
売り上げランキング: 125,548


「ただいま・・・」
(from YASU Official Blog|2014年3月23日)

2018年7月18日水曜日

「Clown Core = KNOWER(ルイス・コール)」説を考える

 ロサンゼルス出身のエレクトロ・ミクスチャー・ポップ・デュオ KNOWERは、2009年にUSCソーントン校のジャズ・スタディーズを卒業したマルチ奏者のルイス・コールが、マルチ・ヴォーカリストのジェネヴィーヴ・アルターディとともに結成したユニット。ライヴではサム・ゲンデル(sax)、サム・ウィルクス(bass)、デニス・ハム(kbd)、ライ・ティスルスウェイト(kbd)などを迎え、一層の強力なパフォーマンスを披露。レッド・ホット・チリ・ペッパーズの2017年のヨーロッパツアーで前座を務めたり、ジャネット・ジャクソンに楽曲「Overtime」を提供したり(ただ、採用はされなかったようです)、Snarky Puppyとの「Family Dinner」でのコラボレーション、サンダーキャットのアルバム『Drunk』へのルイスの「Bus in These Streets」「Jameel's Space Ride」の作曲提供&プロデュース、映画「レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー」への楽曲提供(「Dance Of Doom」)など、そのマルチな異才を遺憾なく発揮。KNOWERとしては2016年8月と2018年5月に、ルイス・コール単独では2017年4月に来日公演(umber session tribe企画)を行っております。また、8月10日にはルイスの7年ぶりの新作ソロアルバム『Time』がリリースされます。ジェネヴィーヴをはじめ、ブラッド・メルドー、サンダーキャット、デニス・ハムがゲスト参加。


Time [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC575)
Louis Cole ルイス・コール
BEAT RECORDS / BRAINFEEDER (2018-08-10)
売り上げランキング: 18,354


「Louis Cole and Knower」
(from USC Thornton School of Music)

「KNOWER来日スペシャルインタビュー【LA発超絶エレクトロ×ジャズファンク】」
(Playaturner 2016.08.08)


Toilet
Toilet
posted with amazlet at 18.07.18
8===D (2018-03-03)
売り上げランキング: 63,098


 Clown Coreは、レンタルのポータブルトイレにキーボードとドラムキットとサックスとマイクを持ち込み、衝動的な演奏をやって終わるMVでまたたく間にバズって注目を集めたアメリカの二人組覆面デュオ。2010年にアルバムデビューした後、8年に渡ってほぼ沈黙状態にありましたが、今年3月の突発的再始動からほどなくして2ndアルバムをリリースしています。活動展開の仕方があまりにも不可解ですが、一方で、この謎の覆面ユニットはKNOWERの関係者による仕業――「中の人」はルイス・コールとサム・ゲンデルなのではないか――という「疑惑」が、ネット上で早い段階で立ち上がりました。Clown Core側からもKNOWER側からも特に何もリアクションがないため、真実は宙に浮いた状態ですが、判断材料は多いです。たとえばKNOWERもClown Coreもデビューアルバムの発表が「2010年」であること、手作り編集のMVをアップしていること、動画編集のセンスが似通っていること、MVやアルバムジャケットなどに使用されているフォントの形式がほとんど同一であること、などが挙げられます。また、ルイスが2016年にYouTubeにポストしたサム・ゲンデルとのコラボトラック「Mean It」は、まさにClown Coreのムードに近いシロモノといえます。









「ドラムンベーススムースジャズパンクデスメタルグラインドコアEDM便所デュオ Clown Core」

「Who’s Really Behind the Internet's Favorite New Duo, CLOWN CORE?」
(Midnight Pulp|2018.03.22)




---------------------------------

 以下にKNOWER、ルイス・コール、Clown CoreそれぞれのディスコグラフィとYouTubeアカウントでの投稿履歴を時系列順にまとめました。約10年分の活動を通すと、多少なりとも見えてくるものがあるのではないかと。


▽KNOWER
https://knowermusic.bandcamp.com/
https://www.youtube.com/user/LOUISGENEVIEVE/
▼ルイス・コール
https://louiscole.bandcamp.com/
https://www.youtube.com/user/louiscolemusic/
★Clown Core
https://www.youtube.com/channel/UCDGfxKKI5jew1CrrBrEUMhw



★2008年11月23日。Clown Coreが「Surreal Cereal- Clown Core」「Delmax Seefbecq-Clown Core」「I Ate A Luna Bar and My Dick Fell Off- Clown Core」「Softcore Viewing Party- Clown Core」「You Have Cankles- Clown Core」を投稿。

https://youtu.be/ThqjMOaWdQo
https://youtu.be/mTSFiS8xxTY
https://youtu.be/DvRoDd6xP-I
https://youtu.be/qR-gwV47zus
https://youtu.be/Um7g132Jz2E

★2009年10月4日。Clown Coreが「I ATE A LUNA BAR AND MY DICK FELL OFF」を投稿。
https://youtu.be/NnZ73uLyTCs

★2009年10月24日。Clown Coreが「Coming Soon from Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/34atIQ8xWY0

★2009年11月1日。Clown Coreが「surreal cereal - clown core」を投稿。
https://youtu.be/WikTUu62K5g

★2009年11月20日。Clown Coreが「pizza party - clown core」を投稿。
https://youtu.be/ojMkw6lZ-PY

★2009年12月16日。Clown Coreが「brendan fraser - clowncore」を投稿。
https://youtu.be/q7vewpiZ9bo

★2009年12月20日。Clown Coreが「deck the hall - clowncore」を投稿。
https://youtu.be/TiFqTkI7fU4

★2010年1月6日。Clown Coreが「Delmax Siefbecq - clown core」を投稿。
https://youtu.be/AT17aoAJIDk

★2010年1月27日。Clown Coreが「circus - clown core」を投稿。
https://youtu.be/Wz6n90ui_mA

▼2010年2月9日。ルイス・コールが1stアルバム『Louis Cole』をリリース。


▽2010年2月26日。KNOWERが「3 (Britney Spears cover)」を投稿。
https://youtu.be/5WwSNBJpB0Y

★2010年3月1日。Clown Coreが1stアルバム『Clown Core』をリリース。
Clown Core
Clown Core
posted with amazlet at 18.07.18
Clown Core (2010-03-01)
売り上げランキング: 69,889

★2010年3月13日。Clown Coreが「CLOWN CORE CD」を投稿。
https://youtu.be/li6GtzSAzQU

▽2010年4月26日。KNOWERが「Justin Bieber Baby」を投稿。
https://youtu.be/o5NZwcSsK8I

▽2010年5月16日。KNOWERが「Window Shop」を投稿。


▼2010年5月27日。ルイス・コールが「Louis Cole Plays Some Drum N' Bass」を投稿。
https://youtu.be/lj10_Br86iI

▼2010年6月20日。ルイス・コールが「It's So Easy - by Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/WaZdQYJSu8o

▽2010年6月21日。KNOWERが「Cloudwalker」を投稿。
https://youtu.be/dinSVoCO14E

▽2010年7月5日。KNOWERが「Like a Storm - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/Z2MqLfY5JLw

▽2010年10月1日。KNOWERがデビューアルバム『Louis Cole and Genevieve Artadi』をリリース。


▽2010年10月14日。KNOWERが「The Mystery of a Burning Fire - KNOWER feat. Sam Gendel」を投稿。
https://youtu.be/ixIhiFgbVfo

▼2010年11月9日。ルイス・コールが「You Will See」を投稿。
https://youtu.be/X6JJiO8WbXE

▽2010年11月24日。KNOWERが「All I Want [TRON] - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/e63hGRwufvo

▼2010年12月2日。ルイス・コールが「Mario Kart Rap - Volvo Mafia」を投稿。


▼2010年12月5日。ルイス・コールが「KNOWER Live in downtown LA (12/10/10)」を投稿。
https://youtu.be/TUpGLeEVSXI

▽2010年12月16日。KNOWERが「Trust The Light - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/GwE3METL7Y0

▼2011年1月3日。ルイス・コールが「Like a Match - Jack Conte (by Louis Cole)」を投稿。
https://youtu.be/yLMWKb6iYoo

▽2011年2月9日。Louis Cole and Genevieve Artadi & Pomplamoose「It Goes On」リリース。
https://itunes.apple.com/us/album/it-goes-on/419403322

▽2011年2月21日。KNOWERが「It Goes On - KNOWER ft. Pomplamoose」を投稿。


★2011年3月12日。Clown Coreが「Get To Know Me - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/CzmsLYxX37c

▽2011年3月15日。KNOWERが「Say What You Say ft. Sammy Stephens [Fleamarket Montgomery] - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/2LgvX-Kjr40

▼2011年3月22日。ルイス・コールが2ndアルバム『2』をリリース。


▼2011年3月24日。ルイス・コールが「Clouds - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/w3Rr4xIUYr4

▼2011年4月4日。ルイス・コールがデジタルシングル「Mean It」をリリース。



▽2011年5月25日。KNOWERが「E.T. Katy Perry Cover -- by KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/2zYpMJvHwJ4

▼2011年6月6日。ルイス・コールが「Below The Valleys - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/aMQGWPJLOZ0

▽2011年6月23日。KNOWERが「Before - KNOWER [limited cassette release]」を投稿。
https://youtu.be/MAo2T89Q2bE

▼2011年7月2日。ルイス・コールが「Andre 3000 featuring Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/0mo9dLm3Q6k

▽2011年7月9日。KNOWERが「Ke$ha Blow - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/osJZjTZ7MgM

▽2011年8月23日。Louis Cole and Genevieve Artadi「Gotta Be Another Way」リリース。
https://itunes.apple.com/us/album/gotta-be-another-way-single/459465697

▽2011年8月24日。KNOWERが「Gotta Be Another Way - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/e3lSBgpb6AE

▽2011年11月7日。KNOWERが「2012 SOONER THAN WE THOUGHT?!」を投稿。
https://youtu.be/QtBg2ihbzR8

▽2011年11月26日。KNOWERが「Nero/Skrillex - Promises (cover by KNOWER)」を投稿。
https://youtu.be/PC3kcL37Ivs

▽2011年11月28日。KNOWERが2ndアルバム『Think Thoughts』をリリース。


▽2011年12月1日。KNOWERが「Around」を投稿。
https://youtu.be/kaIUcAVos5Y

▽2011年12月28日。KNOWERが「I Remember - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/cjxvZhl1iC8

▽2012年1月22日。KNOWERが「Paying The Price Now (ft. Tim Lefebvre) - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/NpA0jRjsNio

▼2012年2月7日。ルイス・コールが「New Information on Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/tAaEN9ZnaYE

▽2012年2月8日。KNOWERが「Things About You - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/uUM593qcILE

▽2012年3月26日。KNOWERが「That's Where You Are - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/ORLSD1h3E54

▼2012年4月2日。ルイス・コールが「Skrillex featuring Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/eMMZgLjLxIQ

▽2012年5月17日。KNOWERが「Till The World Ends (Britney Spears) - KNOWER ft. Tim Lefebvre」を投稿。
https://youtu.be/2lVqbCN3m-w

▽2012年9月30日。KNOWERが「KNOWER Show with Mister Barrington」を投稿。
https://youtu.be/j8S7dePC50U

▽2012年10月29日。KNOWERが「KNOWER - THINGS ABOUT YOU Live in LA」を投稿。
https://youtu.be/PQu-xIBL4aI

▽2012年11月12日。Louis Cole and Genevieve Artadi「Dreaming On Forever」リリース。
https://itunes.apple.com/us/album/dreaming-on-forever/578400649

▽2012年11月15日。KNOWERが「Dreaming On Forever - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/YXbB6o9FxG4

▽2013年3月21日。KNOWERが「Whats In Your Heart - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/UFe8M5Xh9-A

▽2013年4月8日。KNOWERが「Stay - Rihanna (KNOWER cover)」を投稿。
https://youtu.be/fpNg66ixG4Y

▽2013年4月23日。KNOWERが「4-29-13」を投稿。
https://youtu.be/EsCCMpR3bx4

▽2013年4月26日。KNOWERが「P.Y.T. Michael Jackson - KNOWER Cover」を投稿。
https://youtu.be/c7z1L8ZXoVA

▽2013年4月29日。KNOWERが3rdアルバム『Let Go』をリリース。


▽2013年5月6日。KNOWERが「Time Traveler - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/itRWssMSuvw

▽2013年6月12日。KNOWERが「Daft Punk-Get Lucky cover (Electronic vs. Live Instruments) by KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/DMfxKYEN_KQ

▽2013年7月24日。KNOWERが「KNOWER - 2013 August tour」を投稿。
https://youtu.be/4ZOdvKrNWeI

▽2013年8月28日。KNOWERが「KNOWER - Burn (Ellie Goulding cover)」を投稿。
https://youtu.be/Xdkou0CxS8I

▼2013年10月17日。ルイス・コールが「Grains of Sand - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/DhVEyLPnHAQ

▽2014年1月29日。KNOWERが「Lady Gaga - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/SkPh8oDzGtg

▽2014年6月25日。KNOWERが「KNOWER's Journey」を投稿。
https://youtu.be/fNTVPPfY_jg

▽2014年7月3日。KNOWERがデジタルシングル「I Must Be Dreaming」をリリース。


▽2014年7月3日。KNOWERが「I Must Be Dreaming - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/MhALRpid_A8

▽2014年7月17日。KNOWERが「KNOWER - 2014 EAST COAST TOUR」を投稿。
https://youtu.be/88AqU8F4p6Q

★2014年8月12日。Clown Coreが「?」を投稿。
https://youtu.be/adBB7MMrKT0

▽2014年8月26日。KNOWERが「Fuck The Makeup, Skip The Shower - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/i1Hu2Ti14Lc

▼2015年4月9日。ルイス・コールが『Louis Cole』の全収録曲を投稿。
https://www.youtube.com/user/louiscolemusic/videos

▽2015年10月2日。KNOWERが「KNOWER RULEZ」を投稿。
https://youtu.be/Iu-CwabLq_I

▽2015年11月4日。KNOWERが「Hanging On - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/kLZJ-0IP9bY

▽2015年11月13日。KNOWERが「KNOWER - europe tour」を投稿。
https://youtu.be/6W7BXpCpHDA

▽2016年1月13日。KNOWERが「ITS TIME - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/Gd2ZsTE3Nt8

▽2016年2月2日。KNOWERが「THE GOVT. KNOWS - KNOWER」を投稿。


▽2016年2月5日。KNOWERが「KNOWER - NOW」を投稿。
https://youtu.be/TcakibFRA0c

▽2016年2月5日。KNOWERが4thアルバム『Life』をリリース。


▽2016年2月11日。KNOWERが「Die Right Now (audio) -KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/nuIUQCZ2Mn8

▼2016年4月4日。ルイス・コールが「Mean It - Louis Cole (ft. Sam Gendel)」を投稿。
https://youtu.be/ly3EJbzRPjc

▽2016年6月22日。KNOWERが「KNOWER SUMMER SHOWZ 2016」を投稿。
https://youtu.be/fgnM2TlQve8

▽2016年7月7日。KNOWERが「KNOWER LIVE - Overtime」を投稿。
https://youtu.be/1SNTHBtWBVE

▽2016年8月1日。KNOWERが「BUTTS T**S MONEY - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/LKS1XSiyGYQ

▼2016年8月22日。ルイス・コールがデジタルシングル「weird part of the night」をリリース。


▼2016年8月22日。ルイス・コールが「Weird Part of the Night」を投稿。
https://youtu.be/glgPZmSwC4M

▽2016年12月18日。KNOWERが「More Than Just Another Try - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/q076unR4U54

▼2017年4月3日。ルイス・コールが「bank account (short song) - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/dAH4zGd_W1s

▼2017年4月5日。ルイス・コールがデジタルシングル「Bank Account」をリリース。


▼2017年4月13日。ルイス・コールがデジタルシングル「Thinking」をリリース。


▼2017年4月13日。ルイス・コールが「Thinking (short song) - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/Q0YvQrrepP4

▼2017年5月15日。ルイス・コールがデジタルシングル「Blimp」をリリース。


▼2017年5月15日。ルイス・コールが「Blimp (short song) - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/8_xaSom3Lro

▽2017年8月7日。KNOWERが「KNOWER RHCP Europe 2017 Tour」を投稿。
https://youtu.be/-DkF62re8D0

▽2017年8月23日。KNOWERが「KNOWER's JOURNEY 2017」を投稿。
https://youtu.be/raQ6bRzHtNI

▽2017年8月25日。KNOWERが「overtime (audio) - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/ZVJigvTWpWA

▽2017年8月29日。KNOWERがデジタルシングル「Overtime (Live Band Session)」をリリース。


▽2017年8月29日。KNOWERが「Overtime (Live Band sesh) - KNOWER」を投稿。
https://youtu.be/GnEmD17kYsE

★2017年9月16日。Clown Coreが「o」を投稿。
https://youtu.be/J2zhjyHMfRQ

▽2017年9月21日。KNOWERが「knower tour promo end of 2017」を投稿。
https://youtu.be/PgxXP_MCMbQ

★2017年10月9日。Clown Coreが「i」を投稿。
https://youtu.be/WWZfdUKkzUY

▼2017年10月13日。ルイス・コールが「Louis Cole in Mexico」を投稿。
https://youtu.be/VFYjGF6pbhY

★2017年11月28日。Clown Coreが「≈」を投稿。
https://youtu.be/rhvvsa8ebCU

▽2017年12月1日。KNOWERがデジタルシングル「Time Traveler (live band sesh)」をリリース。


▽2017年12月1日。KNOWERが「Time Traveler (Live Band sesh) - KNOWER」を投稿。


★2018年3月13日。Clown Coreが「Hell - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/hT7x1NvGf5k

★2018年3月20日。Clown Coreが「Toilet - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/Ugt5MokfO0E

★2018年3月27日。Clown Coreが「Witch Pussy - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/oqeTxiZOuDI

▼2018年3月27日。ルイス・コールが「Your Moon - Louis Cole」を投稿。
https://youtu.be/-0sybTpJ3x4

★2018年4月3日。Clown Coreが「Google Your Own Death - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/_Y-lqWAbqCo

★2018年4月11日。Clown Coreが「Truth and Life - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/27k7w0tRUM4

★2018年4月18日。Clown Coreが「Scheduled Diarrhea - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/wgx2PQY8DPs

★2018年4月25日。Clown Coreが「The Area 51 Snack Bar Sucks - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/Io8xRekxGLQ

★2018年5月2日。Clown Coreが「Buy This Album - Clown Core」を投稿。
https://youtu.be/8EB6c3r2q0s

★2018年5月3日。Clown Coreが2ndアルバム『Toilet』をリリース。
Toilet
Toilet
posted with amazlet at 18.07.18
8===D (2018-03-03)
売り上げランキング: 63,098


▼2018年6月28日。ルイス・コールが「When You're Ugly - Louis Cole」を投稿。


▼2018年8月10日。ルイス・コールが3rdアルバム『Time』をリリース。
https://louiscole.bandcamp.com/album/time