2017年12月12日火曜日

Dario Marianelli『「KUBO 二本の弦の秘密」オリジナル・サウンドトラック』(2016/2017)


http://gaga.ne.jp/kubo/

 トラヴィス・ナイト監督、マーク・ヘイムズ&クリス・バトラー脚本、スタジオライカ制作による3Dストップモーションアニメ「KUBO 二本の弦の秘密」は、とてつもなく琴線に触れる、掛け値なしに素晴らしい大傑作でした。古き日本の地を舞台に、三味線で紙に命を吹きこむ少年クボの冒険活劇という明快なストーリーのかたちをとりながら、物語を語ること、物語を語り継ぐこと、物語を終わらせること、キャラクターたちの記憶と忘却が交わり、繋がり、さらに――という、まさに弦楽器のように響くストーリーテリング。それはまた我々が慣れ親しんだ「かぐや姫」のストーリーの変奏でもある一方で、いくつもの新たな物語の地平を開くものでもあります。「If you must blink, do it now! (瞬きするなら 今のうちだ)」という印象的な口上のもとに紡ぎ出される職人的・圧倒的な映像美が、ストーリーと音楽とエモーショナルに手を取り合い、忘れ難いマジックとなって降り注いでいました。


「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」特集 マジカルだけどミラクルじゃない! メイキング映像で追う果てしない制作過程」
(from 音楽ナタリー|2017.11.14)


 本作のコンポーザーは、「プライドと偏見」「V フォー・ヴェンデッタ」(2005)、「つぐない」(2007)、「エベレスト 3D」(2015)、「パディントン2」(2017)などを手がけ、「つぐない」でアカデミー作曲賞とゴールデングローブ賞作曲賞に輝いたイタリアのダリオ・マリアネッリ(クリストファー・ノーラン監督の「インターステラー」(2014)のトレイラー音楽も彼の手によるものでした)。スタジオライカ作品の劇伴を手がけるのは、アラン・スノウのファンタジー小説『Here Be Monsters!』の映画化「The Boxtrolls」 (2014)に次いで二作目となります。





 喜怒哀楽の感情を三味線の演奏を通して鮮やかに増幅し、表現してゆくクボは、さながら神話のオルフェウスのようでもあります。「神がかりな才能にあふれたクボをイメージさせるような楽曲を」とトラヴィス監督からオーダーを受けたダリオ氏は、クボに「ロックンロールの魂」を見出し、一方で古典的な日本のスケールを学び、掘り下げ、イメージを膨らませていったとのこと。75名編成のオーケストラに、三味線、尺八、箏をフィーチャーして練り上げられたスコアは、西洋的スケールと東洋的スケールの激突と調和を巧みに表現しつつ、聴き手の感情をかきたてることに成功しています。尺八奏者は、ジャズ、クラシック、ロック、実験音楽などジャンルを越えて数多くのコラボレーションを行っているクライヴ・ベル。箏奏者は、現代音楽畑のピアニストから和楽器奏者に転身した経歴を持つメリッサ・ホールディング。三味線奏者は二人おり、一人はロンドンを拠点にヨーロッパ各地で演奏活動やワークショップを展開されている一川響氏。もう一人は、三味線ヘヴィメタルバンド「God of Shamisen」のフロントマンであり、近年は新田流2代目の新田昌弘氏、国際三味線協会【Bachido】の創設者でもあるカイル・アボット氏とのクロスオーヴァートリオ「Monsters of Shamisen」のメンバーとしても腕を振るう青森在住のケヴィン“マサヤ”メッツ氏。レジーナ・スペクターの歌唱による「While My Guitar Gently Weeps」でのソロ演奏は彼によるものです。また、ケヴィン氏ご本人が演奏動画をYouTubeでアップされております(「shamikami」は氏の公式アカウントです)。





 日本盤サウンドトラックには、日本語吹替版メインテーマである吉田兄弟版「While My Guitar Gentry Weeps」がボーナストラックとして収録されております。ビートルズの原曲を東洋と西洋が折り重なるイメージで再解釈した主題歌を、さらにロック的なダイナミズムで再解釈したインストゥルメンタルヴァージョンとして仕上げられており、吉田兄弟の演奏と、井上鑑氏の大胆かつ絶妙な編曲は、別解釈を見事に提示しています。そしてそれはまた、作品のテーマのひとつである「語り継ぐ(歌い継ぐ)」ということへのさらなる共鳴を生み出したともいえるのではないでしょうか。


オリジナル・サウンドトラック「KUBO クボ二本の弦の秘密」
サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン (2017-11-15)
売り上げランキング: 2,650


https://itunes.apple.com/jp/album/kubo-two-strings-original-motion-picture-soundtrack/1306361573


「海外の視点から「日本の魅力」を再発見 - 映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』公開 吉田兄弟インタビュー」
(from musicman-net|2017.11.13)

「Two Strings Tuesday: An Interview With Travis Knight, Director of “Kubo and the Two Strings”」
(from TOONZONE|2016.08.16)

「Composer Dario Marianelli Details the ‘Rock and Roll’ Spirit of His ‘Kubo’ Score」
(from VARIETY|2017.01.09)

Dario Marianelli - IMDb

-----------------------------------
『Kubo and the Two Strings Original Motion Picture Soundtrack』
[WPCS-13744|2017.11.15|ワーナーミュージック・ジャパン]

01. The Impossible Waves
02. Kubo Goes to Town
03. Story Time
04. Ancestors
05. Meet the Sisters!
06. Origami Birds
07. The Giant Skeleton
08. The Leafy Galleon
09. Above and Below
10. The Galleon Restored
11. Monkey's Story
12. Hanzo's Fortress
13. United-Divided
14. Showdown with Grandfather
15. Rebirth

16. While My Guitar Gently Weeps
Composed by George Harrison
Arranged by Dario Marianelli
Performed by Regina Spektor
Shamisen Soloist Kevin Masaya Kmetz

【日本盤ボーナストラック】
17. While My Guitar Gently Weeps
Arranged by 井上鑑
Performed by 吉田兄弟


Original Music Composed and Conducted by Dario Marianelli
Orchestrated by Dario Marianelli & Geoff Alexander

Rolf Wilson(Orchestra Leader)

一川響(三味線)
Keven Masaya Kmetz(三味線)
Clive Bell(尺八)
Melissa Holding (琴)

Melanie Pappenheim(Solo Vocal)
Doublefvoices(Adult Choir)
Libera Boys Choir(Treble Choir)conducted by Robert Prizeman

-----------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿