2017年8月27日日曜日

松武秀樹(サウンドプロデュース)『魔法陣グルグル ジミナ村の祭典/キタキタおやじの逆襲/音の魔法陣』(1995)




 今年、三度目のテレビシリーズアニメ化を果たした「魔法陣グルグル」。1994年10月から1995年9月にかけて三クールにわたり放送されたテレビシリーズ第一作は、『ジミナ村の祭典』『キタキタおやじの逆襲』『音の魔法陣』と題したイメージアルバムが1995年3月から三か月おきにわたってリリースされておりました。スーパーバイザーは衛藤氏。サウンドプロデュースは、「YMO第四の男」であり、日本有数のシンセサイザースペシャリストであり、LOGIC SYSYEMなど多数のユニットを手掛ける松武秀樹氏。氏は1996年の劇場版のオープニングテーマ「金のトビラ」にも参加されます(「キハラサトミ with ラジオハート」は松武氏、木原さとみさん、衛藤ヒロユキ氏のユニット)。






「魔法陣グルグル」~ジミナ村の祭典
イメージ・アルバム TOo’S
ソニー・ミュージックレコーズ (1995-03-08)
売り上げランキング: 347,038



 本イメージアルバムは三枚ともいわゆるボイスミックスの趣向で、本編のナレーションや各キャラクターのセリフをこれでもかと大量投入したつくり。特にキタキタおやじ(CV:緒方賢一)ボイスの使用率は群を抜いており、公式による「やりたい放題」がここにあります。一枚目の『ジミナ村の祭典』ウィリー・ナカオ氏との共作アルバム。ウィリー氏は今剛を師にもつギタリストであり、杉山清貴など多数のアーティストの作編曲を手掛けるスタジオミュージシャン。かつてコナミのコンポーザー(なぞなぞ鈴木、半沢紀夫)との「Nazo2プロジェクト」に松武氏と共に参加してもいました。熱のこもったウィリー氏のギターソロとキタキタおやじのボイスカットインを交えたテクノポップチューン"ジミナ・テクノ"、お悩み相談ダイヤルの司会(伊武雅刀風ボイス)とキタキタおやじのまったく噛み合わないコントが繰り広げられる、スネークマン・ショーのあからさま過ぎるパロディ"待ってますぞ!"などを収録。また、鈴木蘭々がTOo's名義で歌った前期オープニングテーマである"MAGIC OF LOVE"は本CDにもフルヴァージョンで収録されています。



「魔法陣グルグル」~キタキタおやじの逆襲
TVサントラ
ソニー・ミュージックレコーズ (1995-06-21)
売り上げランキング: 407,051



 二枚目の『キタキタおやじの逆襲』からは、松武氏のユニットの一つ「Purple Project」の小松原まさし氏が参加。冒頭を飾る「DE・SU・ZO」は、一世を風靡したEAST END×YURIの「DA.YO.NE」(1994)のパロディ、主役はもちろん、キタキタおやじです。ちなみに、後にシングル「金のトビラ」にカップリング曲としても収録されます。小松原氏作曲の"N. K. Bar"は、ユルめのファンクチューン。また、ジミナ村とジミ・ヘンドリックスにひっかけたJimina Hendrixなるクレジットがあるのですが、これもおそらく松武氏でしょう。スクラッチ気味にボイスをカットインさせた"Supermarket"もまた、ファンク路線の一曲です。どストレートなタイトルの"DESUZOPOLIS"は、YMO"テクノポリス"のパロディ。主役はもちろん、キタキタおやじです。ウィリー氏作曲の"Rock Bellbottom"はジミヘンの"Purple Haze"よろしく、こってりしたギターを聴かせるライヴ感あふれる一曲。主役はもちろん(略)。





魔法陣グルグル~音の魔法陣~
サントラ
ソニー・ミュージックレコーズ (1995-09-21)
売り上げランキング: 311,529


 三枚目の『音の魔法陣』はククリを主役にした一枚。ククリ(CV:吉田古奈美)のボイスを大々的にフィーチャーしているほか、楽曲はいずれもククリが使う呪文の名を冠しています。松武氏、小松原氏、ウィリー氏の共同作曲、または編曲によって制作されており、音楽的にも総まとめ的な趣向。キュートかつ引き締まった内容です。ククリのボイスとともにウィリアム・テル序曲や天国と地獄、クシコス・ポストなどのおなじみのメロディが挿入される"グルグル"。心なしか「金のトビラ」のプロトタイプといえなくもないブレイクビーツチューン"トカゲのしっぽ""長い声のネコ"は、シンセサイザーとギターがそれぞれ「長い声」を奏でるという趣向も楽しいテクノ・ポップ。ギターがうなるテクノ・フュージョン"ベームベーム"は、投げやり気味に爆発オチを決めるアウトロとの落差が激しいのだけれども、それがまたなんとも「らしい」。ラストはカノンコード進行とリリカルなアレンジの"夢の回転木馬~わかれのウインク"で締めくくられます。




------------------------------------

『魔法陣グルグル~ジミナ村の祭典』
[SRCL-3132|Sony Music|1995.03.08]

01. ようこそグルグルワールド
(作曲:松武秀樹、ウィリー・ナカオ)

02. ジミナ・テクノ
(作曲:松武秀樹、ウィリー・ナカオ)

03. 待ってますぞ!
(作曲:松武秀樹、ウィリー・ナカオ)

04. Theme of コーダイ
(作曲:松武秀樹、ウィリー・ナカオ)

05. MAGIC OF LOVE by TOo's(鈴木蘭々)
(作詞:Miss Tee、Nohzy/作編曲:保泉ヒロ)


衛藤ヒロユキ(original concept & design, supervisor)

松武秀樹(music, arrange, synth op, vocorder, engineer)
ウィリー・ナカオ(music, arrange, guitar)
Hiroshi Shitamiya(mix down engineer)
George Asahi(produce & direction)


------------------


『魔法陣グルグル~キタキタおやじの逆襲~』
[SRCL-3252|Sony Music|1995.06.21]

01. DE・SU・ZO
(作曲:Jimina Hendrix)

02. N. K. Bar
(作曲:小松原まさし)

03. Supermarket
(作曲:Jimina Hendrix)

04. DESUZOPOLIS
(作曲:松武秀樹)

05. Rock Bellbottom
(作曲:ウィリー・ナカオ)

編曲:Jimina Hendrix


衛藤ヒロユキ(original concept & design, supervisor)

松武秀樹(music, arrange, synth op, vocorder, engineer)
ウィリー・ナカオ(music, arrange, guitar)
小松原まさし(music, keyboards)
Hiroshi Shitamiya(mix down engineer)


------------------

『魔法陣グルグル~音の魔法陣~』
[SRCL-3298|Sony Music|1995.09.21]

01. グルグル
(作曲:松武秀樹、小松原まさし、ウィリー・ナカオ)

02. トカゲのしっぽ
(作曲:ウィリー・ナカオ)

03. 長い声のネコ
(作曲:松武秀樹)

04. ベームベーム
(作曲:松武秀樹、小松原まさし、ウィリー・ナカオ)

05. 夢の回転木馬~わかれのウィンク
(作曲:小松原まさし)


全編曲:松武秀樹、小松原まさし、ウィリー・ナカオ


松武秀樹(music, arrange, synth op, vocorder, engineer)
ウィリー・ナカオ(music, arrange, guitar)
小松原まさし(music, keyboards)
Hiroshi Shitamiya(mix down engineer)


------------------------------------

 ところで、今年のテレビシリーズアニメ版の劇伴(と、エンディングテーマ)は、テクノポップユニット TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDが手がけております。YMOからの多大な影響下にあり、シンセサイザーミュージックへの強いこだわりはもちろんのこと、これまでにYMOやアルファレコード人脈を迎えたサントラ制作も行っている彼らが起用されたキッカケには、第一作のイメージアルバム(と劇場版主題歌)を手掛けた松武氏のイメージがあったのかどうかはわかりませんが、20年の時を隔てて「つながっている」感があるのは面白いなと思います。







TVアニメ『魔法陣グルグル』ED主題歌「Round&Round&Round」
TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND feat.ボンジュール鈴木
ランティス (2017-08-09)
売り上げランキング: 2,140

0 件のコメント:

コメントを投稿