2017年2月4日土曜日

スムースジャズの第一人者ケニー・Gの息子マックス、プログレメタルバンドで颯爽デビュー ― THE MANTLE『The Mantle』(2017)



 スムースジャズ/フュージョン シーンの第一人者であるサックス奏者 ケニー・G(ケネス・ゴアリック)。彼の息子であるマックス・ゴアリック率いるツインギター+ドラムス編成のプログレッシヴ・メタル・トリオ ザ・マントルが先ごろデビューアルバムをリリースしました。父のライヴにギタリストとして客演することもあるというマックス。スムースジャズとプログレメタルの二つを並べるとギャップを感じますが、どちらも派生ジャンルであり、「クロスオーヴァー」な音楽性である、と考えれば差異はないのかもしれません。彼はさらに、ニューヨークのブラックメタルバンド Imperial Triumphantのメンバーでもあります(昨年の10月に正式加入したばかり)。2015年には、PS4のアドベンチャーゲーム「The Order: 1886」のプロモーションソングとして書かれた80'sヘヴィメタルスタイルの楽曲"Werewolf Slayer"の共同プロデュースに参加し、同曲のギターもプレイしていました。YouTubeの彼のアカウントをみると、楽器メーカー主催のYouTubeでのギターコンテストに投稿した動画や、WINTERSUNやENSIFERUM、ANIMALS AS LEADERSやPROTEST THE HEROなどをカヴァーしており、根っからの北欧メタルやプログレメタル好きであることが一目瞭然(そもそもアカウントが「IWishIWasFinnish」というあたりも微笑ましい)、もはや完全にわが道を行っております。バンドの楽曲は、ツインギターの相方であるジェイク・ミラーとの共作。最短3分、最長12分と尺に幅がありますが、どの楽曲においても往年のシュラプネル系を彷彿とさせる、快楽指数の高い弾きまくりスタイルを貫いており、多少の金太郎飴状態もなんのそのな過積載ぶりがむしろ潔い。キャッチーな爽快感でもっとも突き抜けた感のある"Sisu"や、djentとフュージョンの二つのスタイルが交錯する大曲"A Sense of Scale"など、「顔見せ」として十二分すぎるパフォーマンスです。アルバムのダウンロードは投げ銭。この期待の新鋭の楽曲を聴き逃す手はありません。




https://www.facebook.com/themantleband
https://www.youtube.com/user/IWishIWasFinnish
https://soundcloud.com/max-gorelick

0 件のコメント:

コメントを投稿