2016年12月17日土曜日

さらなる高みへ上り詰める必殺のリ・レコーディング ― ALHAMBRA『The Earnest Trilogy』(2016)

 世良純子嬢擁するドラマティックなプログレッシヴ・ハード・ロック・バンド アルハンブラ。2012年に4thアルバム『SIEGFRIED』を、2013年に1stアルバム『明日への約束』のリ・レコーディングアルバム『A Far Cry To You』をそれぞれリリース。2014年には脱退したTetsuro氏の後任としてMAHATMAのHIDEKI氏を迎え、新たなラインナップを固めたバンドが打って出たのは、2010年にリリースした3rdアルバム『Solitude』のリ・レコーディング+α。不朽の大傑作である2ndアルバム『Fadista』のリマスター新装版との同時リリースです。


The Earnest Trilogy (ジ・アーネスト・トリロジー)
ALHAMBRA (アルハンブラ)
Walkure Records (2016-12-07)
売り上げランキング: 2,553


Fadista (ファディスタ)
Fadista (ファディスタ)
posted with amazlet at 16.12.16
ALHAMBRA (アルハンブラ)
Walkure Records (2016-12-07)
売り上げランキング: 3,684


『A Far Cry To You』のときと同様、追加楽曲を加えてのリ・レコーディング。2010年のオリジナル盤の時点で十分にコンパクトに引き締まった内容でしたが、サウンドプロダクションの向上とともにさらなる高みへと上っています。旧盤のイントロダクション"東風遥か"は、より勇壮かつ風雲急を告げるかのようなテーマをもった"Appassionata"に差し替えられ、サビが三段あるのではないかと錯覚してしまうほどに疾風怒涛の構成のキラーチューン"Earnest"は世良さんの迫真のヴォーカルをふくめ、旧版からさらに輪をかけて壮絶なドラマ性を増しており、否応なく震わされます。ザッピング演出でシームレスに移行しての"00(Double 0)"は、途中からガッツリと男声シャウトが入ったことでよりアグレッシヴな趣向になり、王道にして堂々たるパワーバラード"Solitude"は旧版より少々刈り込まれた形になりました。これら二曲のあいだに差し挟まれた新曲"Warning You!"は、アルバムの常連である佐々井康雄氏(GERARD)をゲストヴォーカルに迎えてのデュエット形式で、かつ、えぐりこむような突貫力を兼ね備えたヴォーカル、インストパートともに充実した一曲。旧版で収録された1stアルバム曲のリメイク"ORION 2010"は、AFTERZEROの窪田道元氏をはじめ、SEILANE、浪漫座、BRAVESTAKER、GUILTYS LAW、Conoly of Meditationのメンバーらが参加した一分ほどのコーラス小曲"Close Your Eyes"に差し替えられ、続く新曲へのブリッジとなりました。"Das Rheingold ~ラインの黄金~"は、『Fadista』の"Die Walkure"や『SIEGFRIED』の組曲〈Siegfried〉に連なるエピックメタルチューン。ラストのバラード"ha・ru・u・sa・gi"は、旧版ではピアノアレンジでしたが、ストリングスを交えたダイナミックなバンドアレンジに変更され、力強く締めくくられています。良好な状態を知らしめるに余りあるリ・レコーディング。国内トップクラスのプログレッシヴ・ハード・ロック・バンドのポジションは依然として揺るがず。アルハンブラここにあり。





http://www.alhambra.ws/


「12月7日発売 ALHAMBRA最新作「The Earnest Trilogy」ジャケ公開! そして、永らく廃盤状態だった2007年発表2ndアルバム「Fadista」が、リマスター&新ジャケで同日再発決定!」 - walkure
http://www.walkurerecords.com/archives/1008


ALHAMBRA『Solitude』(2010)

0 件のコメント:

コメントを投稿