2016年10月1日土曜日

スウェーデンのDIYフォークトロニカバンド WINTERGATAN、ライヴ演奏のための「Marble Machine 2.0」を製作中




▼DIY精神とポップセンスの胸躍る融合。スウェーデンのフォークトロニカ集団
WINTERGATAN『Wintergatan』(2013)
http://camelletgo.blogspot.jp/2016/03/wintergatan-album2013.html





 制作に丸一年を費やし、3000個にわたるパーツと、2000個のビー玉を使用した大型マルチ打楽器「マーブル・マシーン」を今年3月に発表。大反響を巻き起こしたスウェーデンのフォークトロニカ・インストゥルメンタル・バンド WINTERGATAN。その後、世界各国のメディアから取材が殺到し、より広くその名を知られることになった彼らが、"Marble Machine"のバンド・スタイル&ライヴ・ヴァージョンを、さる9月26日付けで公式bandcampアカウントで配信リリースしました(ダウンロードは投げ銭)。現在、ステージ演奏用に改良を施した「マーブル・マシーン 2.0」を製作中とのことです。





 また、彼らは二つの新楽器を製作しています。ひとつは、ホイールに巻きつけたパンチカードを流し込んでビブラフォンを打鍵する「Music Box」。もうひとつは、モジュラーシンセサイザー("MODU" lar syntheseiser)とヴァイオリン(vio "LIN" )の特性を組み合わせ、テルミンのようなサウンドを奏でる「Modulin」。製作過程の動画が公開されているほか、"All was Well"(デビューアルバム『Wintergatan』収録曲)の、同楽器を使用した新ヴァージョンが7月1日に配信リリースされています。







 8月13日にドイツで開催された「Haldern Pop Festival 2016」での"Starmachine 2000"のパフォーマンス映像。「Music Box」も早速投入されています。




http://www.wintergatan.net
https://www.facebook.com/wintergatan
https://www.youtube.com/channel/UCcXhhVwCT6_WqjkEniejRJQ

0 件のコメント:

コメントを投稿