2016年9月8日木曜日

チェロ、バスーンを主体にした、英国の妖艶なるネオクラシカルフォークロックバンド ― Moulettes『Preternatural』(2016)

Preternatural
Preternatural
posted with amazlet at 16.09.07
Moulettes
Imports (2016-06-03)
売り上げランキング: 626,315


 ザ・モウレッツは、イギリスを拠点に活動を展開する男女五人組のアコースティック・フォーク・グループ。2002年に結成され、活動初期には現 MUMFORD & SONSのテッド・ドウェインも名を連ねていました。2010年にアルバム『The Moulettes』でデビューしたのち、これまでに四枚のアルバムと三枚のEPをリリース。イギリスのフォーク/ポップス レーベル Navigator Recordsからのリリースとなった三作目のアルバム『Constellations』(2014)では、デヴィッド・ボウイやT-REXとの共演でも知られるハービー・フラワーや、ブリティッシュ・ロック界の怪老アーサー・ブラウン、Band of Skulls、MYSTERY JETS、The Unthanks、二十数名の大編成シンフォニー・オーケストラとの共演を果たし、彼らにとってマイルストーン的な一枚となりました。ダブルベース、チェロ、バスーン、ヴァイオリン、オートハープなどをアンサンブルの核とし、妖艶なヴォーカル/コーラスをフィーチャーしたサウンドは、サイケデリック・フォークのテイストもたっぷりと滲ませつつ、時にヘヴィな一体感を伴ってアグレッシヴに展開され、チェンバー・ロックやアヴァン・ポップにも軽々と肉迫する非常にユニークで越境的な作風。さながらクロノス・クァルテットがケイト・ブッシュをフィーチャリングしたような印象も感じさせますし、PENTANGLEやGRYPHON、GENTLE GIANTを思わせるところも多分にあります(ちなみに、ベーシストのジム・モルティモアは、GENTLE GIANTのドラマー マルコム・モルティモアの息子です)。本作『Preternatural』は四作目となる彼らの最新アルバム。エレクトリックなテイストをいっそう強めてきており、冒頭の"Behemoth"ではエフェクトをガンガンに噛ませた刺激的なフォーク・ロックが炸裂し、"Lady of the Midnight Sun" "Hidden World (Halicephalobus Mephisto)"ではハープ、ストリングス、ヴォーカルが妖しくもファンタジックなムードをどっぷりと演出。ポップなエレクトロ・フォークといった感のある"Patterns"や、カラフルなコーラスワークが、疾走感と低音の効いた曲調と絡み合う"Rite of Passage" "Parasite"なども絶品です。なお、iTunes配信版にはボーナストラックが一曲追加されており、ロブ・ジョイスによる、前作アルバム収録曲"Glorious Year"のエレクトロ・リミックス・ヴァージョンを聴くことができます。





http://www.moulettes.co.uk/
https://www.facebook.com/pages/Moulettes/181614811902710
https://soundcloud.com/moulettes

0 件のコメント:

コメントを投稿