2016年4月26日火曜日

アレイスタークロウリーグレーテストヒッツ ― Aleister Crowley『The Evil Beast』(1910-1914)

The Evil Beast [12 inch Analog]
The Evil Beast [12 inch Analog]
posted with amazlet at 16.04.26
Aleister Crowley
Cleopatra (2015-10-16)
売り上げランキング: 110,294


 イギリスのオカルティストであり、20世紀最高の魔術師とも、邪悪なペテン師とも呼ばれ、いまなお毀誉褒貶激しきアレイスター・クロウリー。彼が1910年から1914年のあいだに吹き込んだという音源が存在します。この四年間のクロウリーの活動は、東方聖堂騎士団(O.T.O.)との接触を経ての、同イギリス支部(M∴M∴M∴)設立。リーラ・ウォドルを中心とした女性ヴァイオリニストのグループ「The Ragged Ragtime Girls」のプロデュース。儀式「グノーシスのミサ」の創出。また、パリでの作業を経て、アメリカに渡る時期と重なります。エジソンが初期に開発し、その後、改良が重ねられた円筒録音機「ワックス・シリンダー」に吹き込まれたスピーチの数々は、いつしか一枚のレコードにまとめられました。レコードは世界各国のアンダーグラウンドでごく少数ながらたびたび再プレスされており、音楽メタデータサイトのdiscogsに登録されている情報だけでもけっこうな数にのぼります。権利的なアレコレはもはや虚無の彼方に消えさっているような状態ゆえ、今後も延々と再プレスされ続けるのでしょう。いまではiTunes StoreやAmazon MP3(下記)でもダウンロード購入できてしまうというのですから、黄金の夜明けも近くなったものです(前者にいたっては複数のアルバムが登録されていますが、内容はいずれも同じです)。もしサマセット・モームが現代に生きていたら、彼もきっと苦笑することでしょう(


Order Of The Silver Star
Order Of The Silver Star
posted with amazlet at 16.04.26
Red Cab Records (2011-06-06)


 収録音源はまったく同一のものなのですが、再発盤によってジャケットもタイトルも異なり『1910-1914 Black Magic Recordings』『The Great Beast Speaks』『666』『Order Of The Silver Star』『Original Wax Recordings』など複数混在します。なかには『Occult Box』という、オリジナル音源収録のレコード一枚+現代のミュージシャンによるトリビュートトラックやリミックスなどを収録したCD五枚組のボックスセットとして売り出したケースもあります。先ごろ私がタワーレコードでポチったヴァージョンは、2008年と2011年にも再発盤を制作し、前述の『Occult Box』のリリース元でもあるアメリカのレーベル Cleopatra Recordsからの2015年度再発盤『The Evil Beast』。シルクスクリーンカヴァー、180グラム重量レッドビニールで、シリアルナンバー付き666枚限定盤。わたしは204番でした。ジャケットはクロウリーの有名なあのポーズの写真。ライナーノーツのような気のきいたものは入っておらず、レコード盤のラベルの貼りがかなり雑で、すぐに剥がれそうになります。製品としてはあまり期待してはいけません。エノク語と英語の二言語でそれぞれ収録されている"The Call Of The First Æthyr" "The Call Of The Second Æthyr"や、1912年4月に沈没したタイタニック号についての"The Titanic"など、詩や教義のスポークンワードが中心ですが、B面の最後に収録されている"Vive La France"は、クロウリーが作詞したフランス讃歌「La Gauloise (Song of the Free French)」に、フランスのバリトン歌手 Roy Leffingwellが曲をつけて歌ったものです。1942年にBBCラジオで流れたそうな。




https://cleorecs.com/store/shop/aleister-crowley-the-evil-beast-limited-edition-silk-screened-cover-colored-lp/

〈SIDE A〉
1. Introduction
2. The Call Of The First Æthyr (Enochian)
3. The Call Of The First Æthyr (English)
4. The Call Of The Second Æthyr (Enochian)
5. The Call Of The Second Æthyr (English)
6. La Gitana
7. The Pentagram
8. One Sovereign For Woman


〈SIDE B〉
1. The Poet
2. At Sea
3. Fingernails
4. The Titanic
5. Hymn To The American People on the Anniversary of their Independence
6. Excerpts From The Gnostic Mass
7. Vive La France











世界幻想文学大系 第9巻 魔術師
紀田順一郎 荒俣宏 ウィリアム・サマセット・モーム
国書刊行会
売り上げランキング: 849,713


モームは1900年代初頭にパリでクロウリーと対面したことがあります。「すぐに彼が嫌いになった」のと同時に、その人物像にはやはり忘れ難いものがあったようで、1908年に出版されたオカルティックな趣の強い長編小説『魔術師』で、クロウリーをモデルにした奇怪なキャラクター オリヴァ・ハドゥーを登場させています(作中ではホムンクルスの生成に熱を上げ、主人公のフィアンセを奪おうとする悪徳魔術師として登場)。それに半ば気をよくし、半ばあてつける形でクロウリーは1917年に『ムーンチャイルド』を書いたのだそうですが、それはまた別のお話。


ムーンチャイルド (創元推理文庫)
アレイスター クロウリー
東京創元社
売り上げランキング: 499,344

0 件のコメント:

コメントを投稿