2016年3月5日土曜日

チュニジアン・プログレッシヴ・メタルの至宝が、揺ぎなき姿勢と一つの完成を見せた傑作 ― MYRATH『Legacy』(2016)

Legacy
Legacy
posted with amazlet at 16.03.04
Myrath
Nightmare Records (2016-02-12)
売り上げランキング: 6,000


 アラビア語で「伝説/Legacy」を意味する、チュニジアのプログレッシヴ・メタル・バンド ミラス。2001年に前身バンド XTAZYで数年間の活動を経て、2007年にMYRATHとしてアルバム『Hope』でデビュー。当時は選任ヴォーカリストがおらず(キーボーディストのエルイェス・ブシュシャがヴォーカルを兼任)、複雑に練りこんだ楽曲展開と各パートのテクニックに重点が置かれたものでした。まもなく、当時25歳だったザヒール・ゾーガティがヴォーカリストとして加入。その後、2010年から2011年にかけてチュニジアでは大規模な民主化運動(ジャスミン革命)が起こり、高まりをみせる「アラブの春」への機運に呼応するかのように立て続けに二枚のアルバム『Desert Call』『Tales of the Sands』をリリース。フランスのメロディック・パワーメタル・バンド HEAVENLY、FAIRYLANDのドラマーであるピエール・エマニュエル・デフレを迎えた三作目のアルバムはここ日本でもキングレコードより国内紹介されました。さらに「オリエンタル・メタル」のさきがけ的な存在であるイスラエルのORPHANED LANDとのツアーも展開するなど、シーンの旗手としての存在感も年々増してきております。

 本作『Legacy』は約5年ぶりの新作にして、通産4thアルバム。バンド名と同義のアルバムタイトルを掲げているところからも、彼らの意気込みのほどがうかがえます。レコーディングはフランスで行われ、ミキシングは名手 イェンス・ボグレンが担当。また、ドラマーはピエール・エマニュエル・デフレからモーガン・ベルテに交代しています。彼はADAGIOのステファン・フォルテのサポートや、フランス/チュニジア/西アフリカのメンバーで構成された実力派プログレッシヴ・メタル・バンド THE MARS CHRONICLESなど、あちこちでキャリアを重ねてきた手練。そのテクニックは折り紙つきです。

 正統派のプログレッシヴ・メタル・サウンドに中東民族音楽のエッセンスを惜しげもなく盛り込んでいくバンドのスタイルはデビュー時から一貫していますが、本作でそれが一つの完成を見たと断言したいです。スキあらばストリングス隊が切り込み、エキゾチックなコーラスとシンフォニックなアレンジがこれでもかと投入されるのはもちろん、全編にわたって濃密な熱気が立ちこめ、砂塵が吹きすさぶイメージをガンガン喚起させてくれます。ジャスミン革命からのインスピレーションを織り込んだ冒頭の"Jasmin" "Believer"の流れは決定的でした。「信じろ。そして進め」「歴史は続く」「君の勝利は永遠に生き続ける」といった、どこまでもポジティヴなメッセージが、ドラマティックな曲調とあいまって胸を打ちます。また、ゆらぎの節回しを効かせたザヒールのヴォーカルの朗々たる表現力は、"Nobody's Lives" "I Want to Die"のようなパワーバラードでさらに真価を発揮しています。チュニジア最高峰のプログレッシヴ・メタル・バンドの揺ぎなさをアピールするに余りある、ギッシリと詰め込まれた一枚です。




 余談になりますが、バンドがクラウドファウンディングで制作資金を募り、完成させた"Believer"のストーリー仕立てのMVはまことに素晴らしい内容であります。頭髪を剃ったことで大胆なイメチェンを遂げた(あまりの変わりように、てっきり新メンバーかと思いました)マレック・ベン・アービアがギターソロで「煙を弾いている」シーンだけで100000点あげたい。また、エンディングのクレジットには、BALANCE OF POWERをはじめ数々のバンドを渡り歩き、現在はILIUMで活動するランス・キングの名前もありますが、そもそも本作『Legacy』の北米圏でのリリースを受け持っているNightmare Recordsは彼が立ち上げたレーベル(昨年、設立25周年を迎えました)なのです。そういえば、数年前に同レーベルからリリースされたランスのソロアルバム『A Moment In Chiro』にはマレックがゲスト参加していたなということもふと思い出しました。

 最後に、製品として少し気になった点を。Nightmare Records盤を購入したのですが、"Jasmine"から"Believer"へとトラックが切り替わる際にシームレスな流れにならず、数秒ほどブチっと途切れています。どうもトラック切りに失敗しているように思えてなりませんし、興を削ぐ形になっているのがもったいない。キングレコードから3月23日にリリースされる国内盤では、そのあたりどうなるのかなと。


レガシー~遺産の伝承者
レガシー~遺産の伝承者
posted with amazlet at 16.03.04
ミラス
キングレコード (2016-03-23)
売り上げランキング: 36,244


Interview With Zaher Zorgatti, MYRATH:
“I think we brought something new to the metal scene”
(2016.02.22|metalshockfinland)

http://www.myrath.com/
https://www.facebook.com/myrathband/

0 件のコメント:

コメントを投稿