2016年2月1日月曜日

北欧発インディーズアニメ「Senpai Club(せんぱいクラブ)」を振り返る。

せんぱいクラブ [DVD]
せんぱいクラブ [DVD]
posted with amazlet at 16.01.31
ポニーキャニオン (2015-03-18)
売り上げランキング: 54,385


 エリック・ブラッドフォードオリビア・ベルイストームの二人を中心としたスウェーデンのサークル「makebabi.es」の制作によるインディーズショートアニメ「Senpai Club(せんぱいクラブ)」。「ど麺罪木」という、日本語であるのに逆に日本人には思いつかない常軌を逸したネーミングの女の子(主人公)に、常時パンチラするクラスメイト、ヒーローせんぱいやボウルカットせんぱいといった異常にアゴの尖った個性的な「せんぱいクラブ」の面々と繰り広げる日常アニメ。ジャパニメーションのパロディに、ズレにズレまくった日本語セリフが飛び交う絶妙なバランスが中毒性を生み、カルト的な人気を……と思いきや、2015年の3月にはポニーキャニオンからまさかのDVD発売を果たし、今年の夏にはYouTubeでの第一話の再生回数が1,000,000を突破するなど、なんだかんだと話題に事欠かないシリーズです。エピソードを公開するたびに技量も上がっていき、ある種の洗練をみせてきてもいるので、追っかけて観ている身としても非常に頭の下がる思いがいたします。実質二人での制作のためリリースはゆるやかなペースですが、2015年12月現在で第三話の第二パートまで公開されております。まさかの展開によりパロディの芸域が80年代に突入し、細かい演出や丁寧なつくりに改めて研究のほどがうかがえます。

http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCBE000053984/


▼Senpai Club - Episode 1, Part 1(2014.01.24公開)



▼Senpai Club - Episode 1, Part 2 (2014.02.20公開)



▼Senpai Club - Episode 1, Part 3 (2014.04.10公開)



▼Senpai Club - Episode 2, Part 1 (2014.10.30公開)



▼Senpai Club - Christmas Special (2014.12.23公開)
https://youtu.be/M_SyhL9FUSk


▼Senpai Club - Episode 2, Part 2 (2014.04.30公開)



▼Senpai Club - Episode 3, Part 1 (2015.08.27公開)



▼Senpai Club - Episode 3, Part 2 (2015.12.10公開)



▼makebabi.esの制作スタジオ(実質二人)を撮影した動画。
http://youtu.be/zczVNiWCYYQ


 アニメーションのみならず、主題歌や挿入歌も自ら手がけているのも大きなポイントです。第一話のオープニングテーマ「ライトチョコレイトライフラブ」を歌ったトビアス・ブラッドフォード氏はエリック氏の実兄。BEATLESの"Day Tripper"とNIRVANAの"In Bloom"をちゃっかりパロってもおります。また、第一話のエンディングテーマ「思い出を返します」のイントロで流れる逆回転フレーズはYESの"Roundabout"を意識したもの(アップロード当時、ジョジョ奇妙な冒険第一部のアニメが放送中でありました)。ヴォーカルはてっきり女性だと思っていましたが、DVDの特典映像(OPとED曲のアコースティック・ヴァージョンの演奏が収録されております)を観るとエリック氏本人が歌っていたことが判明。ストリングスアレンジを手がけられたAKI Oxford(アキ・オックスフォード)氏は、作編曲家の多田彰文氏のプロデューサー活動時の別名義です。まさかこんなところでお名前を見かけるとは、といったところですが、多田氏は以前Twitterで制作者へ直接ラブコールを送られていたので、なるほど納得がいきました。第二話エンディングテーマ「BEST FIGHTER」は、makebabi.esのbandcampアカウントでフルヴァージョン収録のEPを配信しています。次回予告時BGMも併録。





「1986年放送版」の第三話で新ヴォーカルとなったオープニングテーマ「Light Chocolate Life Love ('86 version)」は、ヴァイオリン奏者やホーンセクションをふくめ、外部ミュージシャンを10人近く迎えております。こちらもフルヴァージョンはbandcampでフリーダウンロード配信中。音質を落としたオリジナルTVミックス版まで用意されているというのも実に凝っています。





 第三話エンディングテーマは、ついに国外アーティストとのコラボレーションが実現。80年代アイドルポップを現代に蘇らせる日本のエレクトロ・ポップ・ユニット「サテライトヤング」が書き下ろし楽曲「Don't Graduate Senpai / 卒業しないで、先輩」を提供しています。





「Teen duo's DIY anime 'Senpai Club' draws cult following」
(from The Japan Times | 2014.02.24)
「中の人」へのインタビュー。

「De gor filmsucce i Japan」
(SVT.se | 2014.03.07)
本国のTV局によるインタビュー。

https://www.patreon.com/makebabies
「makebabi.es」のPatreonアカウント。Patreonはクリエイター支援型クラウドファウンディングサイト。$1から支援可能なのです。


http://makebabi.es/
https://www.facebook.com/senpaiclub
https://www.youtube.com/channel/UCgxiGG-_riejUKerXZNKLpw

0 件のコメント:

コメントを投稿