2016年2月7日日曜日

凝らされた技巧とハーモニーをユーモラスに包む、イスラエルのジャンルクロスオーヴァー集団「Project RnL」

 
 イスラエル・テルアビブのプログレッシヴ・ロック・バンド Project RnLのレコーディング曲が少し前にバンドのsoundcloudで全曲フリーダウンロードできるようになったのですが(要soundcloudアカウント)、コレがすんごくイイ内容です。フロントマンでありキーボーディストのEyal Amirは、現在コンポーザー/プロデューサーとしてニューヨークを拠点に活動中でもあるのですが、今から十年以上前に、彼がヴォーカリストのRay Livnatと組んだデュオがProject RnLの母体となります。その後、イスラエルで活動するセッションミュージシャンに声をかけ、強固なバンドアンサンブルを編成。2010年にプロジェクトとしての活動が本格化していきます。ちなみに、ベーシストのOr Lubianikerは、マーティ・フリードマンやロン“Bumblefoot”サール、元ORPHANDED LANDのヨッシ・サッシとの共演歴もある実力派です。




 DREAM THEATERなどのアメリカン・プログレッシヴ・ハード/メタル由来のハードエッジでフックのあるサウンドをベースに、ジャズ、フュージョン、エレクトロ・ポップ、オルタナティヴ・ロック、ヒップホップのエッセンスを惜しみなく投入。そして何より、GENTLE GIANT影響下のストレンジな多重コーラスハーモニーが強く押し出されており、とにかく耳を惹きつけます。「Rock n'LOL」を意味するバンド名からもわかるように、ユーモラスな抜けのよさもバツグン。スタジオライヴ音源や、Eyalのソロ曲、テイラー・スウィフトやBlurのカヴァーも交えながら、DREAM THEATERのジョーダン・ルーデスをはじめ、ブルックリンのポップマエストロのブライアン・スカリー、インディーロックユニットのThe Pomplamoose、エレクトロブロニーおじさんのThe Living Tombstone、ジャズ・ヴォーカリストのタミー・シェファーなど、ジャンルを越えたコラボレーション曲も満載しており、話題性にも富む内容です。とくにルーデスとは親交が深く、彼をフィーチャーしたヴァージョンの"Another One"は、ルーデスの開発したiPad用楽器アプリ「MorphWiz」を駆使して制作されており、いわゆるプロモーションも兼ねた楽曲なわけです。2011年に単独で配信リリースもされました。




 バンドは2月中旬から3月下旬にかけてOZRIC TENTACLESとのツアーが控えているほか、今年の春のリリースを目指して新作アルバムのレコーディングを進めているとのことで、今後ますます要注目のバンドです。


http://www.projectrnl.com/
https://www.facebook.com/ProjectRnL
https://www.youtube.com/user/ProjectRnL
https://www.youtube.com/user/EyalAmirMusic

0 件のコメント:

コメントを投稿