2015年10月4日日曜日

骨の髄までヴィジュアル系に浸かったNYの激エモ・プログレッシヴ・メタル・トリオのデビューEP ― Moonfall『Refraction』(2015)




 ニューヨークを拠点とするオルタナ・プログレッシヴ・メタル・トリオ Moonfallが8月末にリリースしたデビューEP。LUNA SEA、Dir en Grey、ナイトメア、ギルガメッシュ、the GazettE、NOCTURNAL BLOODLUST、GALNERYUS、Versailles、DELUHIといった日本のヴィジュアル系/ヘヴィ・メタル系バンドから一通り影響を受けており、エモーション重視のサウンドに惜しげもなく反映させた結果、出てきたのはチャラさと貪欲さと雑食性が同居したかのようなミクスチャー・プログレッシヴ・メタル。先行バンドへの憧れと若気の至り的なガムシャラさが一体になったがゆえの魅力があって、これがかなり良いです。つんのめった曲調から惜しげもなくメロディアスなギターソロに突っこんだのちブレイクダウンをカマす問答無用の生き急ぎっぷりがとにかくもう最高というほかない冒頭曲"Verglas"をまずは一聴していただきたい。そのほか、クリーン&シャウトの使い分けも効いたトリッキーなヘヴィ・ロック"Apophis"。アッパーなエレクトロ・ロック"Fumigation"。90年代ヴィジュアル系バンドへの爽やかなラブコールとしかいいようのない"In Melancholia"。バンドの標榜する「アトモスフェリック・ロック」の側面を強く押し出した、タメの効いた叙情的ミドルチューン"The Willow and the Swamp"と、すべての楽曲がドラマティックな収束をみせるつくりなのもGOOD。ダウンロードは$4.95より。EPでこれだけやってくれるなら、ぜひともフルアルバムにも期待したいところです。




Moonfall - facebook
Moonfall - Youtube channel

0 件のコメント:

コメントを投稿