2015年10月13日火曜日

「千年祭」の名にふさわしい、「ゼノギアス」一大アレンジアルバム ― 光田康典&Millennial Fair『CREID』(1998)

ゼノギアス アレンジヴァージョン クリイド
光田康典&ミレニアル・フェア
スクウェア・エニックス (2005-06-29)
売り上げランキング: 15,062




 '98年に今は亡きデジキューブよりリリースされた、ゲーム「ゼノギアス」アレンジアルバム。アルバムタイトルの「CREID」とはゲール語で「信じる」の意。東京とダブリンの二箇所でレコーディングが敢行され、コンポーザーの光田康典氏が日本/アイルランドの凄腕ミュージシャンたちと編成した一大グループ「光田康典&Millennial Fair」名義で発表した力作です。グループのメンバーにはZABADAKの吉良知彦氏&小峰公子さん。上野洋子さん、渡辺等氏、大槻“KALTA”英宣氏、Marsh-Mallowの藤井珠緒さん、Vita-Novaの本間哲子さん、ファイナルファンタジーIVのケルティック・アレンジアルバム『Celtic Moon』(1991)でも演者として参加されていたモイア・ブレナン、Anúnaのイーマー・クイン、NIEKKUのマリア・カラニエミなど、まさにMillennial Fair(千年祭)の名にふさわしい錚々たる面々であります。





 アレンジではケルティック/ワールド・ミュージックのエッセンスをミックスし、ホイッスルやアイリッシュ・ハープ、バグパイプやアコーディオン、尺八、篠笛など、民族色豊かな楽器をフィーチャーして大胆な変貌を遂げています。上野さんのアレンジによる多重コーラスと熱を帯びてゆくアンサンブルで静かなダイナミズムを伝える"Melkaba"や、中東風フレーズで熱く、パーカッシヴに展開してゆく"Dajil"。イーマーの神秘的なコーラスワークとパイプ&ハープの響きがゆるやかにたゆたうかのような感覚をおぼえさせてくれる"Creid"。ZABADAKのカラーが多分に出た、胸躍り、そして切ないフォーキー・ポップス "光の階段" "春の子守歌"。街中の喧騒とともに祝祭的な盛り上がりを見せる"Lahan"。どこを聴いても暖かみにあふれています。ラストの"メビウス"はゲーム本編のエンディングテーマ"SMALL TWO OF PIECES ~軋んだ破片~"のアレンジで、本アルバムのラストを締めくくるにもふさわしい一曲。原曲はIONAのジョアンヌ・ホッグがヴォーカルを務めていましたが、こちらは本間哲子さんによる日本語版ヴォーカルアレンジで、また異なる表情を見せてくれます。「ゼノギアス」のアレンジアルバムとしても、光田康典のプライベートなソロ作品としても、深い感動をおぼえる畢生の傑作なのです。





---------------------------------------------------------

『CREID』

[SSCX-10018|1998.04.22|デジキューブ]
[SQEX-10046|2005.06.29|スクウェア・エニックス]


“光田康典&Millennial Fair” are
本間“Techie”哲子/上野洋子/小峰公子/渡辺等/HATA/吉良知彦/藤井珠緒/大槻“KALTA”英宣/素川欣也/近藤治夫/モイア・ブレナン/イーマー・クイン/デイヴィ・スピラーン/ロウリー・カスザス/マリア・カラニエミ/アン・マリー・オ・ファレル/リーシュ・ケリー


01. MELKABA(作曲:光田康典)

上野洋子(chorus)
Davy Spillane(uilleann pipes)
Maria Kalaniemi(accordion)
Maire Breatnach(fiddle)
Laoise Kelly(celtic harp)
光田康典(acoustic piano)
HATA(acoustic guitar, electric guitar)
渡辺等(electric upright bass)
藤井珠緒(congas, bongos)
大槻“KALTA”英宣(drums)



02. 二つの羽根(作詞:工藤順子/作曲:光田康典)

本間“Techie”哲子(vocal)
Davy Spillane(low whistle)
HATA(acoustic guitar, electric guitar)
光田康典(keyboard, programming)
渡辺等(electric bass)
大槻“KALTA”英宣(drums, tambourine)



03. BALTO(作曲:光田康典)

Maria Kalaniemi(accordion)
Maire Breatnach(fiddle)
素川欣也(尺八)
Laurie Kaszas(tin whistle)
HATA(acoustic guitar)
吉良知彦(bouzouki)
渡辺等(electric upright bass)
藤井珠緒(glockenspiel)
大槻“KALTA”英宣(drums, programming)



04. CREID(原作詞・作曲:光田康典/Irish Translation:BLATHNAID COFFEY)

Eimear Quinn(vocal)
Davy Spillane(uilleann pipes)
渡辺等(fretless bass)
Laoise Kelly(celtic harp)
大槻“KALTA”英宣(programming)



05. DAJIL(作曲:光田康典)

吉良知彦(bouzouki, electric guitar)
小峰公子(chorus)
Maria Kalaniemi(accordion)
Maire Breatnach(fiddle)
HATA(electric sitar)
渡辺等(electric bass)
藤井珠緒(clasher, china cymbal, paste 5cup cymbal, tree bell, angel heart, india bells, darbuka, flexatone)
大槻“KALTA”英宣(drums, programming)



06. 光の階段(作詞:工藤順子/作曲:光田康典)

本間“Techie”哲子(vocal)
Maria Kalaniemi(accordion)
Maire Breatnach(fiddle)
素川欣也(尺八)
HATA(acoustic guitar)
渡辺等(electric upright bass)
藤井珠緒(castanet)
大槻“KALTA”英宣(drums)



07. 神無月の人魚(作曲:光田康典)

Davy Spillane(low wistle)
Maire Breatnach(fiddle)
Laoise Kelly(celtic harp)
渡辺等(electric upright bass)
藤井珠緒(wind chime, nail chime, cha-cha, finger cymbals)
大槻“KALTA”英宣(programming)



08. 春の子守歌(作詞:工藤順子/作曲:光田康典)

本間“Techie”哲子(vocal)
Eimear Quinn(chorus)
Maria Kalaniemi(accordion)
Maire Breatnach(fiddle)
HATA(acoustic guitar)
渡辺等(fretless bass)
藤井珠緒(sleigh bells)
大槻“KALTA”英宣(drums, programming)



09. LAHAN(作曲:光田康典)

Maria Kalaniemi(accordion)
Maire Breatnach(fiddle)
素川欣也(尺八)
近藤治夫(bag pipes)
Laurie Kaszas(tin whistle)
HATA(acoustic guitar, electric guitar)
渡辺等(fretless bass)
藤井珠緒(congas, caxixi)
小峰公子(chorus, hand clap)
光田康典(acoustic piano, voices, hand clap)
大槻“KALTA”英宣(drums, voices, hand clap)
山中ちこ(voices, hand clap)
工藤ともり(voices, hand clap)
People at The Harcourt Hotel's Pub(laughing noise)



10. メビウス(作詞:工藤順子/作曲:光田康典)

本間“Techie”哲子(vocal)
Davy Spillane(low whistle)
Anne-Marie O'Farrell(celtic harp)
HATA(electirc guitar)
光田康典(keyboard, programming)
渡辺等(fretless bass)
大槻“KALTA”英宣(drums)



All Music Composed and Arranged by 光田康典
Co-Arranged by 大槻“KALTA”英宣
Chorus Arranged by 上野洋子

---------------------------------------------------------

『CRIED』 - procyon studio

0 件のコメント:

コメントを投稿