2015年10月1日木曜日

鉄壁の布陣で送り出される、米国産プログレッシヴ・メタルの大型新人 Earthsideが10月23日デビュー




 自ら“Cinematic Rock”を標榜する、アメリカはニューイングランドを拠点とした新鋭プログレッシヴ・メタル・バンド Earthsideのデビューアルバム『A Dream In Static』が10月23日にリリースされます。現在のところ選任ヴォーカルのいない四人組のインストゥルメンタルバンドながら、ゲストヴォーカリストとしてSOILWORKのビョーン・ストリッド、SEVENDUSTのラジョン・ウィザースプーン、元SKYHARBOR、現TesseracTのダニエル・トムキンス、Face The Kingのエリック・ジーリンガーが迎えられているという、強力なゲスト陣で構成されています。また、プロデュース/エンジニアはOpethやKatatoniaなどを手がけてきたデヴィッド・カスティロ、マスタリング/ミキシングは名だたるバンドを数多く送り出したイェンス・ボグレンの二人で、サウンドプロダクション面のお膳立てもバッチリ。先ごろ、アルバム冒頭を飾るインストゥルメンタル"The Closest I've Come"のオーディオサンプルと、SEVENDUSTのラジョンとモスクワスタジオ交響楽団をフィーチャーした10分の大曲"Mob Mentality"のPVが先行公開されておりますが、その堂々たる風格は新人バンド離れしたものがあります。







A Dream in Static
A Dream in Static
posted with amazlet at 15.10.09
Bushwhack LLC (2015-10-23)





http://earthsideband.com/
https://www.facebook.com/EarthsideMusic

0 件のコメント:

コメントを投稿