2015年10月4日日曜日

ジョン・カーペンター、2016年7月にアイルランドでライヴを敢行




 映画監督でありコンポーザーでもある鬼才 ジョン・カーペンター。今年二月にリリースされた、御歳67歳にして自身のキャリア初となるソロアルバム『Lost Themes』も記憶に新しいですが、来年、2016年7月にアイルランドでライヴを行うというアナウンスが先日出ました。7月1日~3日にかけて開催される「ATP Iceland」への出演で、彼が過去に手がけたサウンドトラックからの楽曲や、『Lost Themes』からの楽曲、そして、もしかすると新曲もプレイされるかもしれないといわれています。ライヴにあたっては、『Lost Themes』の共同制作者である息子のコディ・カーペンターや、養子のダニエル・デイヴィス(ちなみにThe Kinksのギタリスト デイヴ・デイヴィスの子です)が演奏で参加する可能性が高そうです。そうそう、ジョン・カーペンターのバンドといえば、『ゴーストハンターズ』(1986)のときに監督仲間のニック・キャッスル、トミー・ウォレスとともに組んだ Coupe De Villes というのもありましたね。「ATP Iceland」のイベント公式サイトでは先日チケットのプレオーダーが開始されましたが、現時点(2015年10月3日)でほぼ完売の状態です。いやあ、すごい。



https://www.atpfestival.com/events/news/1509301656

 さて、10月16日には、『Lost Themes』のリミックスアルバムがSacred Bones Recordsよりリリースされます。Prurient(Dominick Fernow)、Zola Jesus & Dean Hurley、ohGr(Skinny Puppyのニヴェック・オーガのサイドプロジェクト)、Silent Servant、Uniform(Ben Greenberg)、Blanck Mass、J.G.Thirlwell(Foetusのフロントマン)、Bill Kouligasといった全8アーティストによるリミックスを収録。bandcampやiTunesなどでの配信のほか、限定LP盤もあります。

http://www.sacredbonesrecords.com/collections/frontpage/products/sbr139-john-carpenter-lost-themes-remixed
https://itunes.apple.com/jp/album/lost-themes-remixed/id1045923560






https://www.facebook.com/directorjohncarpenter


コンポーザーとしてのジョン・カーペンターのエッセンスが凝縮された、初のソロアルバム― John Carpenter『Lost Themes』(2015)

受け継がれる音楽的遺伝子。ジョン・カーペンターの息子コディ率いるプログレッシヴ・ロック・バンド ― Ludrium『Zeal』(2012)

ゲーム音楽、フュージョン、プログレの折衷をより推し進めた、コディ・カーペンターの二作目 ― Ludrium『Pleasure of a False Past』(2015)

0 件のコメント:

コメントを投稿