2015年8月26日水曜日

本田恭之、西村麻聡 他『ハイスクール・オーラバスター オリジナルアルバム』(1993)

ハイスクール・オーラバスター
イメージ・アルバム
パイオニアLDC (1993-07-24)
売り上げランキング: 442,206



 若木未生原作「ハイスクール・オーラバスター」は、1989年から2004年にかけて集英社のコバルト文庫で刊行され、しばらくの休止を経て2011年に徳間書店のトクマノベルズで〈リファインド〉と銘打ち活動を再開。朝日ノベルズからの新装版と併せて現在も継続中の長期シリーズ。本CDは、シリーズ通巻第9巻目『天冥の剣 3』刊行の翌月にリリースされた最初のイメージアルバム。メインコンポーザーは、80年代後半から90年代前半にかけて活動したGRASS VALLEYのフロントマンである本田恭之(現.本田海月)氏と、FENCE OF DEFENSEの西村麻聡氏。本田氏は艶のある楽曲で、西村氏はハードなタッチの楽曲でアルバムのカラーを印象付けております。"ACT ON THE NIGHTFIELD"はプログレ調のトリッキーなインストゥルメンタル。ドラムスは、当時プログレッシヴ・ロック・バンド KENSOにも在籍されていた村石雅行氏。ギターは、元JUSTY-NASTYの辻剛氏。氏は、軽快なロックチューン"SWORD OF LIGHT"でもプレイされております。"SILENT EYES ―遠い約束―"は、ゆったりとした裏打ちのリズムが心地良いレゲエ調のポップスナンバー。





 アルバム三曲目の"STRAWBERRY RAIN"は西村氏の作編曲で、野村義男氏がギターとヴォーカルをとった強力な一曲。FENCE OF DEFENCE『digitaglam FOD VI』(1991)のころを思わせるデジタル・グラム・ロック調で、終盤のサックスソロは山本拓夫氏。"VISIONS FOR DIVINITY ―異空幻徨―"は、西村氏のコンポーザーとしての側面を強調したシリアスなインストゥルメンタル。"STRAWBERRY RAIN" "ENDLESS WONDER"の作詞者であり、後者ではヴォーカルもとるK.INOJO氏は、FENCE OF DEFENSEの楽曲の作詞も数多く手がけられており、本田氏とともに現在に至るまでハイスクール・オーラバスターの一連のアルバムのブレーンとして、コンセプト面で多大な貢献をされております。ストロベリー・ポキノビッチ、イヤン・ハンマー、ギタムゥラ・ベスコラドシといったふざけた名前の面々の正体は不明。覆面ミュージシャンなのかもわかりません。いったい何者なんだ……。



---------------------------------------------------------

『ハイスクール・オーラバスター オリジナルアルバム』
[PICA-1020|1993.07.24|パイオニアLDC]

01. Prologue ―回帰―
(作編曲:本田恭之)

02. ACT ON THE NIGHTFIELD
(作編曲:本田恭之)

03. STRAWBERRY RAIN
(作詞:K.INOJO/作編曲:西村麻聡/歌:野村義男)

04. VISIONS FOR DIVINITY ―異空幻徨―
(作編曲:西村麻聡)

05. SWORD OF LIGHT
(作詞:若木未生/作編曲・歌:本田恭之)

06. FAITH
(作編曲:西村麻聡)

07. ENDLESS WONDER
(作詞・歌:K.INOJO/作編曲:西村麻聡)

08. SILENT EYES ―遠い約束―
(作詞:若木未生/作編曲・歌:本田恭之)



原作:若木未生(集英社「コバルト文庫」刊)
プロデューサー:高塚俊紀
エグゼクティヴ・プロデューサー:小川卓
ディレクター:鈴木誠/宮島孝次/川瀬朗

〈Musicians〉
千代正行(gut guitar / M6)
辻剛(guitar / M2,5)
野村義男(guitar / M3)
ストロング小和田(guitar / M4)
村石雅行(drums / M2)
山本拓夫(saxophone / M3)
ストロベリー・ポキノビッチ(synthesizer / M3,4,6,7)
設楽篤志(synthesizer operator / M3,4,6,7)
イヤン・ハンマー(bass / M6)
ギタムゥラ・ベスコラドシ(chorus / M7)
YURIA[SUPER WING](narration / M4)






---------------------------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿