2015年1月17日土曜日

ブラジルのデス猿スラッジ軍団大暴れ ― Ape X and The Neanderthal Death Squad『Grooves From The Grave』(2014)



ブラジルのスラッジ/グルーヴ・メタル バンド Ape X and The Neanderthal Death Squadのデビューフルアルバムがbandcampにてname your priceで配信リリースされている。同バンドは2010年に結成され、2011年にデビューEP『The Blooper』(ジャケットともどもIRON MAIDEN『The Trooper』のパロディ)をリリース。各メンバーはそれぞれサザン・メタルやデスメタル、ポストロック系バンドでもプレイしているという経歴の持ち主(ドラムスのVictor Hormidasはテクニカル・デスメタル・バンド Coral de Espíritosのギタリストも兼任)。バンド名も長けりゃアルバムタイトルも長いというクソッタレぶりで、「墓場からのグルーヴ:ミュータント、スラッシャー、ゾンビ、怒れるラヴクラフトの神々たち」とはなんともイカして(イカれて)いる。SLAYER、TESTAMENTなどのスラッシュ・メタル、PANTERA、SEPULTURAのグルーヴ・メタル、MASTODON、High On Fireなどのスラッジ/ストーナー・ロック、そしてMr.Bungle、Faith No Moreの変態性を血肉とし、H.P.ラヴクラフトのコズミック・ホラー作品や、ホラームービー/コミックを聖典に掲げる業の深いヴァイオレンスな音楽性で、数十分間を一気呵成に叩きつけてきやがります。ブレイクダウン含めて全編これグルーヴな"Rise Of The Apes"を筆頭に、メリハリの効いたシャッフル・グルーヴで血沸き肉踊る"Demolition Derby pt.I&II"、問答無用の疾走リフと無慈悲なシャウトですべてを呑み込むクトゥルー・スラッシュ"The Awakening Of Cthulhu" "At The Mountains of Madness"など、ゴキゲンなナンバー揃い。もはやホラー映画のスコアでしかない不穏なインストゥルメンタル"Vietkong Anarchy" "Into The Black Seas of Ruin"、クワイアコーラスや絹を裂く絶叫をブチ込んだおっかなびっくりヘヴィ・ロック"All Hallows Eve"や、文字通りラストである"Last Song"に仕込まれたチープな趣向からはB級大好きっ子感もひしと伝わり、思わず絶命。


無慈悲なPV

http://www.apexandtheneanderthaldeathsquad.com/
https://www.facebook.com/ApeXaTNDS

0 件のコメント:

コメントを投稿