2014年5月6日火曜日

70年代英国のカルト的オルガン・ロック・バンド、41年ぶりの復活作― BRAM STOKER『Cold Reading』(2014)

Cold ReadingCold Reading
(2014/01/19)
Bram Stoker

商品詳細を見る
https://itunes.apple.com/jp/album/cold-reading/id731027437

 かの怪奇小説の古典的名作「吸血鬼ドラキュラ」の著者であるエイブラハム"ブラム"ストーカーからバンド名を取り、'72年にWindmill Recordsというマイナーレーベルからアルバム『Heavy Rock Spectacular』を発表したイギリスのプログレッシヴ・ロック・バンド ブラム・ストーカー。ATOMIC ROOSTERやArthur Brown、THE NICE/キース・エマーソンなどからの影響も伺わせる、オルガンをフィーチャーしたプログレッシヴ・ロックを聴かせる好バンドだったのですが、メンバーの詳細も殆どわからないまま同年にひっそりと姿を消してしまいます。唯一残された『Heavy Rock Spectacular』はカルトなアルバムとして幾度となく再発を重ねてきたのですが、近年になって何と突如バンドが復活。今年の1月に実に41年ぶりとなる新作オリジナルアルバムをリリースしました。カルトなアシッド・フォークで異彩を放ったCOMUSや、Vertigoレーベルに二枚のアルバムを残したCRESSIDAなど、70年代の英国勢が数十年ぶりに復活を遂げている昨今ですが、このバンドは存在自体が非常にマイナーなこともあり、再結成は恐らく誰も予想だにしていなかったのではないでしょうか。世の中何があるかわかりませんね。

 再編されたブラム・ストーカーは、キーボードのTony Bronsdonと、ギター、ベース、アレンジ、プロデュース担当のTony Loweの2人のオリジナル・メンバーに、ドラマー兼ヴォーカリストのWill Hackを迎えたトリオ編成。また、オリジナル・ベーシストだったJon Bavinも、2曲の作曲に関わっているようです。Tony Lowe氏はバンド解散後はスタジオ・ミュージシャンやアレンジャー/プロデューサーとして現在に至るまで活動を続けていたそうで、ジュリアン・レノンやロジャー・ダルトリーやトーヤ・ウィルコックス、VISAGEやPET SHOP BOYSなどのアルバムへの参加歴があるとのこと。近年では、The Artaud Beats(元HENRY COWのメンバーらによるバンド)のユミ・ハラ・コークウェルさんとアルバムを制作されてもおります。そういったTony氏のキャリアを知ると、今回のBRAM STOKERのアルバムがブランクを感じさせない内容なのもなるほど頷けるところです。また、氏は元KING CRIMSONのデヴィッド・クロスとは古くから付き合いがあり、現在、彼と共同でアルバムを制作されているとか。


 『Heavy Rock Spectacular』では当時の録音環境もあってかバタバタとした垢抜けなさがありましたが、本作では洗練されたシンフォニック・ロックを展開しており、PENDRAGONやIQのような80年代、90年代の英国ネオ・プログレッシヴ・ロックの流れも汲んだメロディアスなものにもなっています。1stアルバム収録曲"Fast Decay"のリメイクも含めて、見違えるほどにスッキリしていますが、それでもやっぱりどこか古めかしい感触を残しているのがミソです。抜けるように爽やかな感触のオルガン・ロック"Climbing The Gyroscope"や、CAMELを強く彷彿とさせるジェントリーなヴォーカルとギターが柔らかに包み込む"Cold Reading" "Like Autumn Now"、クラシカルな響きのハモンドオルガンと泣きのギターによる愛くるしいインスト"Joust" "Fingal's Cave"、ミドルテンポのヘヴィ・プログレ"Light At The End Of The Tunnel"と、いずれも叙情性に重きを置いた楽曲揃い。そこそこトンガっていた70年代の頃とは別物のようになってしまった感もありますが、シンフォニック・ロック好きの琴線をくすぐるコンパクトな良作に仕上がっていると断言できます。流通がごくごく限られていた数十年前と違い、現在はデジタル配信での流通もバッチリ整っているので、過去の作品と共に再び評価されてほしいですね。


Bram Stoker|Classic Prog
Bram Stoker - facebook
Bram Stoker - soundcloud
Tony Lowe

0 件のコメント:

コメントを投稿