2014年4月10日木曜日

ドイツ人アレンジャーによる、「二台のピアノのためのマイク・オールドフィールド」

ひょんなことから、YouTubeでマイク・オールドフィールドの楽曲の「ピアノ二台によるアレンジ」を見つけました。しかもこれがなかなかの良アレンジ。どうやら、ドイツで合唱団の指揮者やクラシック方面の編曲を手がけているCarsten Gerlitzという人によるものだそうな。彼のYouTubeアカウントでは、いくつかの楽曲のアレンジを聴くことができます。

https://www.youtube.com/user/pipomaus

まずはスタンダードに"Tubular Bells Part.1"


そして"Ommadawn"


さらに、こちらも大曲"Taurus II"。個人的にはこれが一番のお気に入りです。


そしてまさかの"Platinum"。今年の1月末にアップロードされた、最新アレンジです。



【おまけ】
先に挙げた人とはまた別。こちらは2012年4月に、アメリカのGus FogleというピアニストとJason Millerというベーシストが、マイク・オールドフィールドの大曲"Amarok"をフルヴァージョン(約1時間)で生演奏したパフォーマンスを収めたもの。マイク自身のライヴではこの曲がフルで演奏されたことはなかったですし、いやはや大したものです。Ryan Yardというイギリスのコンポーザーが数ヶ月かけて採譜したバンドスコアを元にして演奏されたそうで、Ryan氏のサイトにそのスコアの販売ページがあります。全250ページ。氏のサイトには他にも"Hargest Ridge""Ommadawn"のフルバンドスコアが販売されております。



0 件のコメント:

コメントを投稿