2013年10月10日木曜日

聖剣伝説2 海外トリビュート参加者 Travis Morgan(ex.ATHEIST)について

海外の有志たちが総力を結集した
聖剣伝説2トリビュート/アレンジアルバム『Spectrum Of Mana』

http://www.spectrumofmana.com/
http://spectrumofmana.bandcamp.com/album/spectrum-of-mana


今回はトリビュート参加者の一人であるTravis Morgan氏にスポットを当てたエントリでございます。氏は今回のアルバムに演奏・編曲で10曲以上にクレジットされている他、プロジェクト周りの映像編集を担当されております。ズバ抜けたセンスを感じさせるプログレッシヴ・メタル・アレンジで、アルバムでの存在感もピカイチでありましたが、それもそのはず、実は彼はアメリカのエクストリーム・プログレ・メタル・バンド ATHEISTに2011年から2012年の間にメンバーとして在籍していたという経歴の持ち主なのです。また、2009年頃にはテクニカル・ハードコア・バンド PSYOPUSのツアーサポートメンバーとして活動していたとのこと(ATHEISTと一緒にツアーで回っていたようです)。







そんなTravis氏のYouTubeアカウントでは、自身によるATHEIST、MESHUGGAHや、GORGUTS、CASIOPEAの楽曲のカヴァー演奏の他、ゲーム音楽のアレンジ、カヴァー演奏などの動画もアップロードされております。
https://www.youtube.com/user/bassistofclosson

ロックマン3の一連の楽曲を30分近くに渡りベースで弾き通す動画は必見。



こちらは、Travis氏によるデスメタルソロプロジェクト Sunken Colony。RTSゲームの「StarCraft」にインスパイアされた4曲入りEP。GORGUTSのカヴァー入りです。


こちらは、ドイツのチップチューン・コア・デュオ Stern Fucking Zeitの曲をTravis氏がテクニカル・デスメタルでアレンジしたもの。



『Spectrum Of Mana』に収録されている、Travis Morgan(b)とNate Horsfall(dr)のデュオによるアレンジ版"鋼鉄の罠"。その演奏映像です。


Travis Morgan氏への単独インタビュー。


0 件のコメント:

コメントを投稿