2013年8月21日水曜日

MOON SAFARI『Himlabacken Vol.1』(2013) 雑感

ヒムラバッケン Vol.1ヒムラバッケン Vol.1
(2013/08/21)
ムーン・サファリ

商品詳細を見る


「Lover's End」三部作の後ってことで内容的には大分落ち着いたけど、良い。甘酸っぱいサウンドはそのままに、ちょろっとだけヘヴィな展開も入れつつも、最終的にはあの極上のコーラスワークと共に爽やかに回帰していくので、たまらんですね。アルバムの中盤は甘々なコーラスとムード重点な展開や歌ものが続くので、結構リラックスした緩さは感じる。とは言っても、じわじわと盛り上がる曲展開が好きな手合いには、"Mega Moon""Sugar Band"は堪えられない味わいがある。コーラス・ポップな方向性に磨きをかけた分『Lover's End』よりさらに敷居は低くなったと思う。いよいよもってプログレ周りだけで聴かれるのは勿体無いなという思いが強くなってきたので、これまで以上に広く聴かれて欲しいですね。このバンドの前では身構える必要は一切ないですよホント。ちなみに、CD盤『Himlabacken Vol.1』のボーナス・トラックでは、"Kids"のコーラス・パートの練習段階のテイクを6分間に渡ってまとめたもの(Learning Track)が聴けるのだけど、これがまた素晴らしい。ご飯3杯食えます。いずれ出るであろう『Vol.2』には、引き続き期待したいです。







0 件のコメント:

コメントを投稿