2013年6月19日水曜日

MACHINAE SUPREMACY、2014年度の米国「MAGfest」にヘッドライナーとして出演決定


スウェーデンのチップ・チューン・メタル・バンド MACHINAE SUPREMACYは、アメリカ有数のゲーム音楽フェスティバル「MAGfest」の、第12回(2014年1月2日~5日開催)のヘッドライナーとして出演することが先ごろ決定したとのこと。バンドにとっては初の(オフィシャルな形での?)北米ライヴだそうです。

MAGFest 12: Featuring Machinae Supremacy
http://magfest.org/content/magfest-12-featuring-machinae-supremacy

Machinae Supremacy in the USA
http://machinaesupremacy.com/2013/06/18/machinae-supremacy-in-the-usa/

さて、MACHINAE SPREMACYといえば、元NINJA MAGICの「カワサケ・ヤマモト」ことNiklas Karvonen氏 が現在ドラマーとして在籍しているバンドでもあるわけですが、NINJA MAGICが話題になっていた頃は、まさかチップチューンとメタルを繋ぐ有名バンドのドラマーになり、世界を股に駆ける活動を展開していくなんて誰が予想 したでしょうか。しかし、昔の(2007~2008年ごろでしょうか?)NINJA MAGICのとあるライヴ映像に、そのことを少なからず予感させるものがありました。映像はバンドの代表曲"The Way Of Life"のライヴ・パフォーマンスなのですが、出囃子として"The Way Of Life"をチップ・チューン・アレンジしたものが流れております。最後は、スーパーマリオのゲームオーバー時のBGMで〆。今となっては、なかなか興味深いものを感じますね。

そのMACHINAE SUPREMACYも、今から10年ほど前のインディーズ時代に、"Ninja"というタイトルの曲を制作しておりました。


MAGfest - Official Site
MACHINAE SPREMACY - Official Site

0 件のコメント:

コメントを投稿