2011年12月1日木曜日

2011年11月 読書記録

11月の読書メーター
読んだ本の数:136冊
読んだページ数:35549ページ
ナイス数:49ナイス

ダンテ (文庫クセジュ)ダンテ (文庫クセジュ)
読了日:11月01日 著者:マリーナ マリエッティ
おっさんは世界の奴隷か―テースト・オブ・苦虫〈6〉おっさんは世界の奴隷か―テースト・オブ・苦虫〈6〉
読了日:11月01日 著者:町田 康
突然変異幻語対談 (河出文庫)突然変異幻語対談 (河出文庫)
読了日:11月01日 著者:筒井 康隆,柳瀬 尚紀
寺田寅彦随筆集 (第2巻) (岩波文庫)寺田寅彦随筆集 (第2巻) (岩波文庫)
化け物と科学の関係について語った『化け物の進化』は定期的に読み返したくなる素晴らしい名随筆。「科学の目的とは実に化け物を探し出すことなのである。この世界がいかに多くの化け物によって満たされているかを教える事である。」「宇宙は永久に怪異に満ちている。あらゆる科学の書物は百鬼夜行絵巻物である。それをひもといてその怪異に戦慄する心持ちがなくなれば、もう科学は死んでしまうのである。」は深く心に響く一文。ロマンがある。
読了日:11月01日 著者:寺田 寅彦
猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)
読了日:11月02日 著者:ジャンニ ロダーリ
青矢号―おもちゃの夜行列車 (岩波少年文庫)青矢号―おもちゃの夜行列車 (岩波少年文庫)
読了日:11月02日 著者:ジャンニ・ロダーリ
読書学読書学
20年近く前のエッセイ集ながら、今読んでもなるほどと思わせられる部分が多い。本読みならではの「あるある」ネタも含めて。『民話やら伝説は面白いけどどこを面白がっているのかわからない部分があって、メリハリがあるんだかないんだかハッキリしないんだけども、一編ずつ読んでいくと放り出されるような気分になるところが面白い。ホコロビに過ぎない所に、自由な広がりがある気がする。』のくだりには思わず目からウロコが落ちた。
読了日:11月02日 著者:夏目 房之介
金の瞳と鉄の剣 (星海社FICTIONS)金の瞳と鉄の剣 (星海社FICTIONS)
読了日:11月02日 著者:虚淵 玄,高河 ゆん
中国民話集 (岩波文庫)中国民話集 (岩波文庫)
読了日:11月03日 著者:
現代ホラー傑作集〈第5集〉森の声 (角川ホラー文庫)現代ホラー傑作集〈第5集〉森の声 (角川ホラー文庫)
読了日:11月04日 著者:
スピンク日記スピンク日記
読了日:11月04日 著者:町田 康
ファントム―ツヴァイ (角川スニーカー文庫)ファントム―ツヴァイ (角川スニーカー文庫)
読了日:11月04日 著者:虚淵 玄,リアクション
もうひとつの夏へ〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)もうひとつの夏へ〈上〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
読了日:11月05日 著者:飛火野 耀
もうひとつの夏へ〈下〉 (角川文庫―スニーカー文庫)もうひとつの夏へ〈下〉 (角川文庫―スニーカー文庫)
ジュヴナイルものかと思わせた上巻から一転して、下巻ではハードな方向性へとシフトしていく。20年近く前だから流石に時代を感じるところは多いのだけれども、良い意味で欲張ってネタを放り込んでて、パラレル・ワールドとタイム・パラドックスとサイバー・スペースの三連荘には、思わずニンマリとさせられる。そして気づいたら因果律も収束しちゃう。広げに広げた風呂敷を畳みきれているかは結構アヤしいのだけれども、作者の本作にかけた強い意気込みはしかと受け取った。今なお根強いファンがいるのもなるほど納得。
読了日:11月05日 著者:飛火野 耀
ケン1探偵長(1) (手塚治虫漫画全集 (134))ケン1探偵長(1) (手塚治虫漫画全集 (134))
読了日:11月05日 著者:手塚 治虫
イース―失われた王国 (角川文庫―スニーカー文庫)イース―失われた王国 (角川文庫―スニーカー文庫)
読了日:11月05日 著者:飛火野 耀
幻獣の話 (講談社現代新書)幻獣の話 (講談社現代新書)
読了日:11月05日 著者:池内 紀
これはペンですこれはペンです
「良い夜を待っている」のお父っつぁんのモチーフは、ボルヘスの「記憶の人、フネス」なのだろう。<あらゆる物事を知覚・記憶し、世界からの意識を逸らさないため眠るということを知らない>繋がりで。
読了日:11月05日 著者:円城 塔
ケン1探偵長(2) (手塚治虫漫画全集 (135))ケン1探偵長(2) (手塚治虫漫画全集 (135))
読了日:11月05日 著者:手塚 治虫
狐と踊れ (1981年) (ハヤカワ文庫―JA)狐と踊れ (1981年) (ハヤカワ文庫―JA)
読了日:11月06日 著者:神林 長平
子不語〈3〉 (東洋文庫)子不語〈3〉 (東洋文庫)
読了日:11月06日 著者:袁 枚
くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話 (ちくま文庫)くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話 (ちくま文庫)
読了日:11月06日 著者:イタロ カルヴィーノ
野獣死すべし (角川文庫 緑 362-24)野獣死すべし (角川文庫 緑 362-24)
読了日:11月06日 著者:大薮 春彦
独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
読了日:11月07日 著者:平山 夢明
檸檬 (新潮文庫)檸檬 (新潮文庫)
読了日:11月07日 著者:梶井 基次郎
酒呑童子の誕生―もうひとつの日本文化 (中公文庫BIBLIO)酒呑童子の誕生―もうひとつの日本文化 (中公文庫BIBLIO)
読了日:11月07日 著者:高橋 昌明
ラテンアメリカ怪談集 (河出文庫)ラテンアメリカ怪談集 (河出文庫)
読了日:11月07日 著者:
マシンヘッド NO.1マシンヘッド NO.1
読了日:11月07日 著者:
ラーゼフォン―時間調律師 (徳間デュアル文庫)ラーゼフォン―時間調律師 (徳間デュアル文庫)
読了日:11月08日 著者:神林 長平,BONES
サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (岩波文庫)
読了日:11月08日 著者:ガイウス ペトロニウス
塔の物語―異形アンソロジータロット・ボックス〈1〉 (角川ホラー文庫)塔の物語―異形アンソロジータロット・ボックス〈1〉 (角川ホラー文庫)
読了日:11月08日 著者:
蠅男 (大衆文学館)蠅男 (大衆文学館)
バカミスともとらえられるけど、それ以上にエンターテインメントな趣向が散りばめられた王道の探偵小説だった。蠅男追跡行のくだりはイキイキとしたシーンになっていて非常に楽しい。ラストで判明する蠅男の正体は、意表を突いたとも言えるしストレートな剛速球とも言える。この真相に対して怒るか爆笑するかは読み手次第、読んでのお楽しみ。
読了日:11月08日 著者:海野 十三
マシンヘッド 2マシンヘッド 2
読了日:11月08日 著者:
室生犀星集 童子―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)室生犀星集 童子―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)
読了日:11月09日 著者:室生 犀星
伝奇集 (岩波文庫)伝奇集 (岩波文庫)
読了日:11月09日 著者:J.L. ボルヘス
寺田寅彦随筆集 (第3巻) (岩波文庫)寺田寅彦随筆集 (第3巻) (岩波文庫)
読了日:11月09日 著者:寺田 寅彦
臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)臓物大展覧会 (角川ホラー文庫)
読了日:11月09日 著者:小林 泰三
マシンヘッド 3マシンヘッド 3
読了日:11月09日 著者:
聖刻1092 聖都編〈2〉熱砂の貴公子 (ソノラマ文庫)聖刻1092 聖都編〈2〉熱砂の貴公子 (ソノラマ文庫)
読了日:11月10日 著者:千葉 暁
ファニー・ヒル―一娼婦の手記 (ちくま文庫)ファニー・ヒル―一娼婦の手記 (ちくま文庫)
娼婦の手記というだけあって、ひたすら男性遍歴が綴られる。8割くらいがエロシーン。騙されて娼館に売り飛ばされるというやるせない導入ながら、主人公のファニー・ヒルが終始あっけらかんとしてセックスに励むので暗いトーンはほとんどなし、むしろユーモラスですらある。数々の相手とひたすらセックスしまくり、最終的に生涯の伴侶と巡り合い、二人は幸せなキスをして終了する。しかしこれを獄中で書いたクレランド氏の当時の心境はいかばかりだったのかと。
読了日:11月10日 著者:ジョン クレランド
肝臓先生 (角川文庫)肝臓先生 (角川文庫)
読了日:11月10日 著者:坂口 安吾
マシンヘッド 4マシンヘッド 4
【収録作品】結城二十六「羚汶-RAVEN(#3)」/ぴゅあ「ジャンク・フード」/きむらひでふみ「ルナテックCity(#4)」/村枝賢一「BIBLE(#4)」/田巻久雄「BURAIDEN(#2)」/中森衣都×智美「MURDER IN HIGH-HEEL」/青木邦夫+立川翔士「HAMMER(#3)」/石村優子「トラブル☆メーカー!!」/カラーイラスト:都築和彦/士郎正宗
読了日:11月10日 著者:
柳田國男集 幽冥談―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)柳田國男集 幽冥談―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)
読了日:11月11日 著者:柳田 國男
ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))
読了日:11月11日 著者:H・P・ラヴクラフト
聖刻(ワース)1092 聖都編〈3〉囚われの聖王女 (ソノラマ文庫)聖刻(ワース)1092 聖都編〈3〉囚われの聖王女 (ソノラマ文庫)
読了日:11月11日 著者:千葉 暁
幻談・観画談 他三篇 (岩波文庫)幻談・観画談 他三篇 (岩波文庫)
読了日:11月11日 著者:幸田 露伴
少女と嘘とボストン・バッグ―粛正プラトニック (富士見ファンタジア文庫)少女と嘘とボストン・バッグ―粛正プラトニック (富士見ファンタジア文庫)
読了日:11月12日 著者:秋口 ぎぐる
聖刻1092 聖都編〈4〉黒衣の練法師 (ソノラマ文庫)聖刻1092 聖都編〈4〉黒衣の練法師 (ソノラマ文庫)
読了日:11月12日 著者:千葉 暁
短篇集 妖精族のむすめ (ちくま文庫)短篇集 妖精族のむすめ (ちくま文庫)
読了日:11月12日 著者:ロード ダンセイニ,荒俣 宏
マシンヘッド 5マシンヘッド 5
【収録作品】村枝賢一「BIBLE(#5)」/中森衣都×智美「MURDER IN HIGH-HEEL(#2)」/青木邦夫「EVIL」/結城二十六「羚汶-RAVEN(#4)」/ぴゅあ「ジャンク・フード(#2)」/橘薫「親しき仲にも霊気あり!?」/田巻久雄「BURAIDEN(#3)」/吉原昌宏「迷宮機械」/カラーイラスト:神崎将臣/士郎正宗
読了日:11月12日 著者:
サロメ (岩波文庫)サロメ (岩波文庫)
読了日:11月13日 著者:ワイルド
仙人の壺仙人の壺
絵も文もゆる~く読める1冊。志怪小説にオチを求めてはいけない、むしろオチがないのにどこまでついていけるかが問われるのだ。
読了日:11月13日 著者:南 伸坊
マシンヘッド006マシンヘッド006
【収録作品】結城二十六「羚汶-RAVEN(#5)」/中森衣都×智美「MURDER IN HIGH-HEEL(#3)」/村枝賢一「BIBLE(#6)」/松本真理「ジャングル・ブギ」/市川能里「CARTOUCHE -カルトッシュ-」/高橋吏生「ああっ女子高生」/臣有里「ローンレンジャー」/青木邦夫「EVIL(#2)」/滝沢ひろゆき「ジリュウド!!」/カラーイラスト:都築和彦/士郎正宗
読了日:11月13日 著者:
スーパーガイド 東京B級グルメ (文春文庫―ビジュアル版)スーパーガイド 東京B級グルメ (文春文庫―ビジュアル版)
読了日:11月13日 著者:
ラテンアメリカ怪談集 (河出文庫)ラテンアメリカ怪談集 (河出文庫)
読了日:11月13日 著者:
なぜ古典を読むのかなぜ古典を読むのか
読了日:11月13日 著者:イタロ カルヴィーノ
どん底 (岩波文庫)どん底 (岩波文庫)
読了日:11月14日 著者:ゴーリキイ
文学部唯野教授の女性問答 (中公文庫)文学部唯野教授の女性問答 (中公文庫)
読了日:11月14日 著者:筒井 康隆
クオレ (世界文学の玉手箱)クオレ (世界文学の玉手箱)
読了日:11月14日 著者:エドモンド デ・アミーチス,Edmondo De Amicis,杉浦 明平
聖刻1092 聖都編〈5〉雷光の秘操兵 (ソノラマ文庫)聖刻1092 聖都編〈5〉雷光の秘操兵 (ソノラマ文庫)
読了日:11月14日 著者:千葉 暁
日輪・春は馬車に乗って 他八篇 (岩波文庫 緑75-1)日輪・春は馬車に乗って 他八篇 (岩波文庫 緑75-1)
読了日:11月14日 著者:横光 利一
光風(かぜ)の快男児 (ソノラマ文庫―聖刻1092)光風(かぜ)の快男児 (ソノラマ文庫―聖刻1092)
読了日:11月15日 著者:千葉 暁
桃尻娘 (講談社文庫 は 5-1)桃尻娘 (講談社文庫 は 5-1)
読了日:11月15日 著者:橋本 治
蔵出しうめぼしの謎 完全版 (ダイトコミックス)蔵出しうめぼしの謎 完全版 (ダイトコミックス)
十年ぶりに読み返しても結構ネタを覚えているもので、「ジャンプしてクロスしてトマトジュースの飲ませ合い、吐いたら負けよ大会」は個人的に永遠のマスターピース。「胸がドキドキするんだ」「あっしはムキムキしやすぜ」も捨てがたし。どうでもいいネタばかりの中でも特にどうでもいいネタばかり記憶にこびりついているあたり、感慨深さと何とも言えない気分がない混ぜになる。
読了日:11月15日 著者:三笠山 出月
夜の靴・微笑 (講談社文芸文庫)夜の靴・微笑 (講談社文芸文庫)
読了日:11月15日 著者:横光 利一
光の塔 (ハヤカワ文庫 JA 72)光の塔 (ハヤカワ文庫 JA 72)
国産長編SFのパイオニア的存在にして、古き良き空想科学ストーリーが味わえる1冊。レトロ・フューチャーな世界観はもちろん、異星人や未来人も交え、ミステリありアクションありで、たっぷりとエンターテインメントしている。主人公のべらんめえ調や、独特のスラングまじりでしゃべる竜四郎の台詞回し(「ップローバ(畜生)!」とか)の小気味良さ、随所での説得力のある押しも絡めてグイグイ読ませつつ、最後の最後で明らかになる真相ではSF的醍醐味をこれでもかと味わえる。今読んでも色褪せない魅力に言いようもなくトキメかされた。
読了日:11月15日 著者:今日泊 亜蘭
黒髪―他二篇 (岩波文庫)黒髪―他二篇 (岩波文庫)
読了日:11月16日 著者:近松 秋江
陰獣  江戸川乱歩ベストセレクション4 (角川ホラー文庫)陰獣 江戸川乱歩ベストセレクション4 (角川ホラー文庫)
読了日:11月16日 著者:江戸川 乱歩
花衣 (講談社文芸文庫)花衣 (講談社文芸文庫)
読了日:11月16日 著者:上田 三四二
寺田寅彦随筆集 (第4巻) (岩波文庫)寺田寅彦随筆集 (第4巻) (岩波文庫)
「それはとにかく、われわれの子供の時分には、火の玉、人魂などをひどく尊敬したものであるが、今の子供らはいっこうに見くびってしまってこわがらない。そういうものをこわがらない子供らを少しかわいそうなような気もするのである。こわいものをたくさんにもつ人は幸福だと思うからである。こわいもののない世の中をさびしく思うからである。」(人魂の一つの場合)
読了日:11月16日 著者:寺田 寅彦
腐敗性物質 (講談社文芸文庫)腐敗性物質 (講談社文芸文庫)
読了日:11月16日 著者:田村 隆一,平出 隆
千曲川のスケッチ (新潮文庫)千曲川のスケッチ (新潮文庫)
読了日:11月17日 著者:島崎 藤村
欧洲紀行 (講談社文芸文庫)欧洲紀行 (講談社文芸文庫)
読了日:11月17日 著者:横光 利一
エアリアルシティ (電撃文庫―都市シリーズ (0190))エアリアルシティ (電撃文庫―都市シリーズ (0190))
読了日:11月17日 著者:川上 稔
古本説話集〈上〉 (講談社学術文庫)古本説話集〈上〉 (講談社学術文庫)
読了日:11月17日 著者:
カレワラ 上―フィンランド叙事詩 (岩波文庫 赤 745-1)カレワラ 上―フィンランド叙事詩 (岩波文庫 赤 745-1)
読了日:11月17日 著者:
嵐―他二編 (1969年) (岩波文庫)嵐―他二編 (1969年) (岩波文庫)
読了日:11月18日 著者:島崎 藤村
フィレンツェだより (ちくま文庫)フィレンツェだより (ちくま文庫)
読了日:11月18日 著者:ライナー・マリア リルケ
怪談実話系 6 (MF文庫ダ・ヴィンチ)怪談実話系 6 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
読了日:11月18日 著者:
童話集 春 (小学館文庫―新撰クラシックス)童話集 春 (小学館文庫―新撰クラシックス)
読了日:11月18日 著者:竹久 夢二
古本説話集〈下〉 (講談社学術文庫)古本説話集〈下〉 (講談社学術文庫)
読了日:11月18日 著者:
増刊あなたが体験した怖い話 vol.6 2011年 12月号 [雑誌]増刊あなたが体験した怖い話 vol.6 2011年 12月号 [雑誌]
読了日:11月19日 著者:新谷英敏,栗林輝夫,高木仁三郎
フロントミッション ガンハザード (アスキーコミックス)フロントミッション ガンハザード (アスキーコミックス)
ノベライズ版に比肩する見事な内容で、ゲーム本編の設定やストーリーを壊すことなく補完する1冊になっている。サブキャラクター(ブレンダ、ルヴェン、サカタ、アニタ)の前日譚、またはオリジナル・エピソードに加え、敵方であるクリムゾンブロウ(ジェノス)とロイス・フェルダーにスポットを当てたエピソードを収録している。特に、本編ではあまり描かれなかったジェノスとロイスの兄妹の決裂のキッカケ(と和解)を描いた最終話は、ファンなら一見の価値あり。
読了日:11月19日 著者:
余話として (文春文庫 し 1-38)余話として (文春文庫 し 1-38)
読了日:11月19日 著者:司馬 遼太郎
伊勢物語 (岩波文庫)伊勢物語 (岩波文庫)
読了日:11月19日 著者:大津 有一
我が月は緑〈上〉我が月は緑〈上〉
読了日:11月20日 著者:今日泊 亜蘭
レンテンローズ (富士見ミステリー文庫)レンテンローズ (富士見ミステリー文庫)
読了日:11月20日 著者:太田 忠司
ヰタ・セクスアリス (新潮文庫)ヰタ・セクスアリス (新潮文庫)
読了日:11月20日 著者:森 鴎外
久生十蘭全集〈第7〉 (1970年)久生十蘭全集〈第7〉 (1970年)
仄暗いサスペンス・ミステリ「金狼」と、明朗な少女小説「キャラコさん」を収録。「金狼」は、謎解きよりも腹に一物ある男女達が繰り広げる腹の探り合いに重点を置いた作品(恋愛要素もあり)。読後感も結構後を引くものになっている。「キャラコさん」は、実直な乙女である剛子(つよこ)さんと様々な人達との出会いを描いた全11話の連作短編集。ラストはこれまでの登場人物が総出演しての見事な大団円。二作のベクトルは全く異なれど、久生氏の「小説の魔術師」ぶりは双方に遺憾なく発揮されている。うーん、やはりこの人は凄い。
読了日:11月20日 著者:久生 十蘭
地下鉄のザジ (生田耕作コレクション (5))地下鉄のザジ (生田耕作コレクション (5))
読了日:11月21日 著者:レーモン・クノー
自分を憐れむ歌 - テースト・オブ・苦虫7自分を憐れむ歌 - テースト・オブ・苦虫7
読了日:11月21日 著者:町田 康
天国からの道 (新潮文庫)天国からの道 (新潮文庫)
読了日:11月21日 著者:星 新一
カルヴィーノ アメリカ講義――新たな千年紀のための六つのメモ (岩波文庫)カルヴィーノ アメリカ講義――新たな千年紀のための六つのメモ (岩波文庫)
読了日:11月21日 著者:イタロ・カルヴィーノ
MACHINE HEAD 7MACHINE HEAD 7
【収録作品】田巻久雄「BURAIDEN(#4)」/村枝賢一「BIBLE(#7)」/青木邦夫「EVIL(#3)」/結城二十六「羚汶-RAVEN(#6)」/市川能里「CARTOUCHE(#2)」/美樹まさと「SAIKAI」/吉原昌宏「迷宮機械(#2)/カラーイラスト:士郎正宗
読了日:11月21日 著者:
文体練習文体練習
読了日:11月22日 著者:レーモン クノー
ABC<阿部和重初期作品集> (講談社文庫)ABC<阿部和重初期作品集> (講談社文庫)
読了日:11月22日 著者:阿部 和重
寺田寅彦随筆集 (第5巻) (岩波文庫)寺田寅彦随筆集 (第5巻) (岩波文庫)
読了日:11月22日 著者:寺田 寅彦
妖魅は戯る 文豪怪談傑作選・大正篇 (ちくま文庫)妖魅は戯る 文豪怪談傑作選・大正篇 (ちくま文庫)
読了日:11月22日 著者:
西洋中世奇譚集成 妖精メリュジーヌ物語 (講談社学術文庫)西洋中世奇譚集成 妖精メリュジーヌ物語 (講談社学術文庫)
読了日:11月22日 著者:クードレット
ナポレオン狂 (講談社文庫)ナポレオン狂 (講談社文庫)
読了日:11月23日 著者:阿刀田 高
我が月は緑〈下〉我が月は緑〈下〉
読了日:11月23日 著者:今日泊 亜蘭
笑う月―レンテンローズ (富士見ミステリー文庫)笑う月―レンテンローズ (富士見ミステリー文庫)
読了日:11月23日 著者:太田 忠司
図解 クトゥルフ神話 (F‐Files No.002)図解 クトゥルフ神話 (F‐Files No.002)
読了日:11月23日 著者:森瀬 繚
ヘンリー・ジェイムズ短篇集 (岩波文庫 赤 313-4)ヘンリー・ジェイムズ短篇集 (岩波文庫 赤 313-4)
読了日:11月24日 著者:ヘンリー・ジェイムズ
ムントゥリャサ通りでムントゥリャサ通りで
歩くハイパーテキストのような老人が追憶に追憶を重ね続けキリがなくなる話。読み進めるほどに迷宮化していき、2m40cmの淫乱美丈夫オアナに言及してからはホラ話めきはじめ、純粋な老人の追憶なのか老人の創作なのかその境界も曖昧になりさらに複雑化が加速。後半ではミステリ的趣向も強まり、老人の際限ない話から重要な情報を取り出そうとする内務省の役人の姿から、物語の別の側面(エリアーデ氏が本作に込めた風刺の意図も含め)が浮かび上がる。仕掛けられた何重もの枠組みに眩暈がすることこの上なく、何度も再読し甲斐のある作品。
読了日:11月24日 著者:ミルチャ エリアーデ
対談集  妖怪大談義 (角川文庫)対談集 妖怪大談義 (角川文庫)
読了日:11月24日 著者:京極 夏彦
禅銃(ゼンガン) (ハヤカワ文庫 SF (579))禅銃(ゼンガン) (ハヤカワ文庫 SF (579))
「風呂敷広げすぎ」ではなく、「アイデア溢れすぎ」でハチャメチャなワイドスクリーンバロック。揺ぎのないB級SF。思いついたアイデアをあれもこれも片っ端から放り込み過ぎたがゆえに自然とB級になっちゃった感が素敵。強烈なヴィジュアルを想起させまくるカッ飛んだ設定とガジェットにシビれる反面、うっちゃったようなストーリーの運び方に色んな意味でビックリした。打ち切りENDみたいなオチ。「なんだかわからんがとにかくすごい」説得力で押しに押しまくるノリは、民明書房の諸々の書物に通じるモノを感じる。
読了日:11月24日 著者:バリントン・J・ベイリー
囁く百合―レンテンローズ (富士見ミステリー文庫)囁く百合―レンテンローズ (富士見ミステリー文庫)
読了日:11月25日 著者:太田 忠司
吸血鬼カーミラ 創元推理文庫 506-1吸血鬼カーミラ 創元推理文庫 506-1
読了日:11月25日 著者:レ・ファニュ
赤塚不二夫対談集 これでいいのだ。 (MF文庫ダ・ヴィンチ)赤塚不二夫対談集 これでいいのだ。 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
読了日:11月25日 著者:赤塚不二夫、タモリ、北野武、松本人志、立川談志、荒木経惟、ダニエル・カール、柳美里
地球盗難 (ソノラマ文庫)地球盗難 (ソノラマ文庫)
読了日:11月25日 著者:海野 十三
ギルガメシュ叙事詩ギルガメシュ叙事詩
読了日:11月25日 著者:
カレワラ 下―フィンランド叙事詩 (岩波文庫 赤 745-2)カレワラ 下―フィンランド叙事詩 (岩波文庫 赤 745-2)
読了日:11月26日 著者:
ムントゥリャサ通りでムントゥリャサ通りで
「Wikipediaで関連語句のリンクを次々と辿り続けていくうちに、自分が当初何を調べていたのかわからなくなる。」ような感覚がまさに本作のキモだよなあ。
読了日:11月26日 著者:ミルチャ エリアーデ
魯山人の美食手帖 (グルメ文庫)魯山人の美食手帖 (グルメ文庫)
読了日:11月26日 著者:北大路 魯山人
シフト〈1〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)シフト〈1〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)
読了日:11月26日 著者:うえお 久光
孤猿随筆 (岩波文庫)孤猿随筆 (岩波文庫)
読了日:11月26日 著者:柳田 国男
牛肉と馬鈴薯 他3編 (岩波文庫 緑 19-2)牛肉と馬鈴薯 他3編 (岩波文庫 緑 19-2)
読了日:11月27日 著者:国木田 独歩
銀の匙 (岩波文庫)銀の匙 (岩波文庫)
読了日:11月27日 著者:中 勘助
宿命の交わる城 (河出文庫)宿命の交わる城 (河出文庫)
読了日:11月27日 著者:イタロ・カルヴィーノ
怪談実話系2(MF文庫ダ・ヴィンチ)書き下ろし怪談文芸競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ゆ 1-2)怪談実話系2(MF文庫ダ・ヴィンチ)書き下ろし怪談文芸競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ゆ 1-2)
読了日:11月27日 著者:安曇潤平、岩井志麻子、加門七海、木原浩勝、小池壮彦、立原透耶、中山市朗、森山東、平山夢明、福澤徹三、山田野理夫
シフト〈2〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)シフト〈2〉世界はクリアを待っている (電撃文庫)
読了日:11月27日 著者:うえお 久光
海野十三戦争小説傑作集 (中公文庫)海野十三戦争小説傑作集 (中公文庫)
読了日:11月28日 著者:海野 十三
鮮血のヴァンパイヤー<九鬼鴻三郎の冒険1> (講談社文庫)鮮血のヴァンパイヤー<九鬼鴻三郎の冒険1> (講談社文庫)
読了日:11月28日 著者:笠井 潔
聊斎志異 (岩波少年文庫 (507))聊斎志異 (岩波少年文庫 (507))
読了日:11月28日 著者:蒲 松齢,立間 祥介
本陣殺人事件 日本推理作家協会賞受賞作全集 (1)本陣殺人事件 日本推理作家協会賞受賞作全集 (1)
読了日:11月28日 著者:横溝 正史
海上の道 (岩波文庫 青 138-6)海上の道 (岩波文庫 青 138-6)
読了日:11月28日 著者:柳田 國男
完全版 佐川君からの手紙 (河出文庫 か 1-1)完全版 佐川君からの手紙 (河出文庫 か 1-1)
読了日:11月29日 著者:唐十郎
深夜の市長 (講談社大衆文学館―文庫コレクション)深夜の市長 (講談社大衆文学館―文庫コレクション)
読了日:11月29日 著者:海野 十三
吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)
読了日:11月29日 著者:ブラム ストーカー
怪談 (角川ホラー文庫)怪談 (角川ホラー文庫)
読了日:11月29日 著者:行川 渉,三遊亭 円朝,奥寺 佐渡子
怪談列島ニッポン 書き下ろし諸国奇談競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ひ 1-1)怪談列島ニッポン 書き下ろし諸国奇談競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ひ 1-1)
読了日:11月29日 著者:有栖川有栖、宇佐美まこと、勝山海百合、加門七海、黒史郎、雀野日名子、恒川光太郎、長島槇子、水沫流人
山東京伝 黄表紙の世界 「京伝に遊ぶ」山東京伝 黄表紙の世界 「京伝に遊ぶ」
読了日:11月30日 著者:細窪 孝
ソーラー・ポンズの事件溥 (創元推理文庫 184-1 シャーロック・ホームズのライヴァル)ソーラー・ポンズの事件溥 (創元推理文庫 184-1 シャーロック・ホームズのライヴァル)
読了日:11月30日 著者:オーガスト・ダーレス
疾風のヴァンパイヤー 九鬼鴻三郎の冒険(2) (講談社文庫)疾風のヴァンパイヤー 九鬼鴻三郎の冒険(2) (講談社文庫)
読了日:11月30日 著者:笠井 潔
落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)落下する緑―永見緋太郎の事件簿 (創元推理文庫)
読了日:11月30日 著者:田中 啓文

2011年11月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

0 件のコメント:

コメントを投稿