2011年3月1日火曜日

LA BANDA DEL GNOMO『El Canto Del Angel』(1980 - 1990)




 南米のプログレ系レーベルMylodon Recordsのカタログのひとつ。80年代に活動していたチリのメロディック・ハード・ロック/プログレッシヴ・ハード・ロック・バンド ラ・バンダ・デル・ノーモ。80年代後半まで活動していたそうで、その途中でアルバムのレコーディングも進められていたそうですが、結局それが当時リリースされることはなかったため、現地の一部の人のみぞ知るバンドだったんだそうな。それがここ最近になって、彼らが80年代当時に録音していた音源が発掘音源集としてまとめられ、1枚のアルバムとしてリリース。実に20年越しで日の目を見たというあたり、B級マニアにはそそられるものがありますね。

  コンパクトにテクニカルな側面を覗かせるアンサンブルでキメていくプログレ・ハード・サウンドは手ごたえもあり好感も持てる仕上がりで、さらにアルバム前半の楽曲で歌っている紅一点のヴォーカルの姉ちゃんがその風貌といい歌唱といい貫禄のある肝っ玉ぶりを発揮しており、ハードなバンドのサウンドをパワフルにグイグイ引っ張っていっているのがまた凄く頼もしく思います。そして何より真っ先に耳を惹くのがアグレッシヴなフルート。随所でこれでもかとピーヒャラピーヒャラ前のめりに鳴り響いていて熱さを滲ませているのがまた面白く、南米らしいアイデンティティを存分に感じさせてくれるのが堪りません。アルバム後半の楽曲は男性ヴォーカルにシフトしており、曲調もブルージーな渋みを感じさせる落ち着いたAORタイプに変貌しておりますが、フルートのテンションの高さは相変わらずなのが微笑ましい。B級メロディックハード好きにはたまらない発掘音源集なんじゃないでしょうか。

LA BANDA DEL GNOMO:myspace
Mylodon Records

0 件のコメント:

コメントを投稿