2007年8月15日水曜日

西村雅彦『DECO』(1996)

DECODECO
(1996/10/18)
西村雅彦、伊藤俊人 他

商品詳細を見る

 俳優 西村雅彦が1996年に発表した唯一のアルバム。"古畑任三郎"の今泉慎太郎役がヒットした頃にアルバム出してましたこの人。1曲目と8曲目はKING CRIMSON「21st Century Schizoid Man」のカヴァーです。いきなりヴォーカルの入り方を間違えてますが、歌いっぷりを聴くにつけ恐らく本気です。2曲目「泣いてたまるか」はチープな童謡風のシーケンスに哀愁の詞が乗っかるもの。3曲目「いつも忘れてはいないから」は玉置浩二作曲による、アダルトな歌謡ナンバー、西村氏のヴォーカルもまともなので、本作唯一の良心ともいえる曲でしょう。4曲目「下り坂」は"王様のレストラン"でちょっとだけ歌われたらしい曲、粘着的な歌い方が気持ち悪すぎる。5曲目「無縁仏」は のほほんとしたナンバー、間奏でのたまわれる「人間の身体にある仏、のどぼとけ」は秀逸。ちなみに4・5曲目の作詞作曲はは三谷幸喜氏であります。6曲目「今泉君を讃える歌~ミュージカル・ヴァージョン」は古畑任三郎のあのテーマに合わせてのコント(というかひたすら続く今泉賛歌)。白井晃・伊藤俊人参加。7曲目「おおきな古時計」は あのポピュラーソングのカヴァーですが、途中で何の前触れもなしにメタルアレンジに転調し、また何事もなかったかのように元に戻ったり、終盤では朗読モードに入ったりとただでは転ばない。ラストはムカつくノロケソング「幸せの・こんちくしょう」でシメ。水野真紀とのデュエット曲となっております。そんな感じで終始苦笑いな内容でしたが、結構面白かったですよ、ウン。




西村雅彦 - Wikipedia

0 件のコメント:

コメントを投稿